電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

よくある質問(Q&A)

ドクターへの質問

ご予約はこちらから

お電話でのお申し込みはフリーダイアル

歯のブリッジのよくある質問

歯を失ってそのまま放置したままにするとどうなってしまいますか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

歯を失うと、その歯だけではなく、周囲にも影響がでてきます。時間が経てば経つほどに様々な悪い影響が増え、治療方法も複雑になります。そのため、歯を失った場合は、ショックも大きいですが、できるだけ早く再建する方法を検討するようにしましょう。
まず歯を失ってすぐに起きることは、その部分で食べ物が噛めなくなります。これにより噛む部分が限られます。この時点で直ちに歯の再建を選択すると、失った部分だけで改善できることが多く、治療費や治療期間も短くて済むことが多いです。
歯を失ってそのままにしてしまうと、失った歯の隣の歯が空いたスペースに向かって倒れてきます。失った歯と噛み合っていた反対側の歯が、空いたスペースに向かって落ちてきたり伸びてきたりします。それにより、上下の噛み合わせが変わります。さらに、失った歯を支えていた骨が痩せてきたり、歯茎の隙間が大きくなります。両隣の健康な歯の骨も痩せて、健康だった歯がぐらぐら揺れてくることがあります。噛みやすい部分で噛む癖がつき、片方だけで噛むようになると、噛み合わせもズレ、頬の筋肉の使っていないほうは痩せてくることもあります。
この状態がさらにすすむと、顔のゆがみや、頭痛、肩こり、頬のシワが深くなるなど、歯以外にも影響することもあるのです。
症状が悪化してから歯の再建をしようとするには、動いてしまったそれ以外の部分も治療する必要がでてくるため、当初失った1本だけの治療では済まず、治療費用、治療期間がかさんでしまうことになりかねません。できるだけ早い段階で再建することが望ましいといえます。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
モデルの金山りかさんがホワイトニングをしに来店しました。
モデルのまきさんがセルフホワイトニングをしに来店しました。
歯科矯正治療の医療費控除の素朴な疑問まとめ http://dental-shinbi.com/1271/
高額治療の歯科矯正で医療費控除は受けられるのか? 気になる方は素朴な疑問を解決!
上部に戻るボタン