電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 審美歯科 > 歯のブリッジ > よくある質問 歯のブリッジ > 歯を削ってからブリッジができるまでは歯がない状態でしょうか?

よくある質問(Q&A)

ドクターへの質問

ご予約はこちらから

お電話でのお申し込みはフリーダイアル

歯のブリッジのよくある質問

歯を削ってからブリッジができるまでは歯がない状態でしょうか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

当院では、ブリッジ治療の期間中における仮歯は必須と考えています。もちろん事故などで歯を失うケースは、緊急対応や、応急処置、傷の治癒が先行ですので、ケースバイケースではあります。
しかし、審美、機能回復を目的とするブリッジ治療の場合は、仮歯が最終的なセラミックブリッジ(本歯)の良し悪しを決める大切な役割を担っています。そのため、当院ではブリッジ治療においては仮歯期間が必ず発生します。
もともと歯がない状態では、術前の虫歯ケアとともに、できるだけ直ちに仮歯を装着する処置に移行します。
また、虫歯などで歯の頭がない、歯並びの関係上抜歯が必要と診断される場合には、抜歯当日に仮歯を入れさせていただきます。こうすることで、日常生活で歯がない状態の期間を作らないようにして、精神的なストレスも軽減できるようにしています。
また、仮歯は、ただの絆創膏の役割だけではありません。その後のセラミックブリッジが正しく機能できるか、噛み合わせの確認や、削った後の歯や歯茎の回復でも使用します。完成のイメージを患者様に見ていただく審美性の意味でも、仮歯は重要な役割を果たすのです。
当院では、仮歯で数週間過ごしていただき、外れたりしないか、噛み合わせは問題ないか、審美的に修正が必要か、色はどんな系統にしていくか、抜歯した歯茎や骨はどのぐらい回復したか、痛みの出る歯はないかなどを確認したうえで、問題がなければ仮歯を参考に最終ブリッジを製作します。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
歯医者が教える入れ歯の種類と正しいメンテナンス方法 http://dental-shinbi.com/1333
本気でセラミック矯正をしたい方のためのモニター出ました! http://ortho-dontic.net
都内最安値宣言!大きな銀歯を白い歯にしたい方!奥歯限定のセラミッククラウンモニタ
期間限定!人数限定!ガミースマイル治療モニター募集情報! http://shinbi.clinic/18
上部に戻るボタン