電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

歯茎の変色とは

歯茎の変色とは

“歯茎の変色”

健康的な歯茎は本来、みずみずしく潤っておりピンク色です。これにより、歯の白さも際立ち、健康的で若々しいお口元でいられます。
逆に、赤みを帯びていたり、黒ずんでいると、歯並びがよくともお口全体の清潔感がなくなったり、老けて見えたりすることもあります。
唇で隠れることも多い場所ですが、無意識に笑うと他人にだけ見えていることも多く、指摘されてはじめて気づく方もいます。
せっかく、歯並びや歯の色が綺麗になっても、歯茎の色が悪いと効果も半減です。鏡を前に唇をめくってセルフチャックしてみましょう。

歯茎の変色の原因

歯茎が変色する原因はさまざまです。歯茎にも皮膚と同じようにメラニン色素が存在します。日に焼けると皮膚が黒くなるのと同じで、歯茎が日焼けして黒くなる方がいらっしゃいます。また、タバコなどの嗜好品によっても歯茎は黒ずみます。
他には、金属を使用した虫歯修復に使われる差し歯などが、長期間歯茎に触れていることで、金属イオンが溶け出し、血流豊富な歯茎に沈着して黒ずませる変色があります。これは放置すると、ますます黒ずみは強くなっていきます。自然と回復することはありません。
歯石、歯垢、虫歯が歯茎の側で起こると、歯肉炎や歯周病を引き起こし、歯茎全体が赤らみます。歯肉炎や歯周病は傷みなく進むことが多いので、悪化してからはじめて気づく方もいらっしゃいます。

歯茎の変色の症状

本来ピンク色で引き締まってみずみずしいはずの歯茎が、赤らんではれぼったくなった場合は、虫歯や歯肉炎、歯周病の可能性があります。放置すると慢性的に歯茎が赤らみ、出血が起こることもあります。
メラニンやたばこなどの嗜好品、古い金属の差し歯による歯茎の黒ずみは、痛みなどありませんが、他人に不衛生な印象を与え、老けて見えることもあります。審美的にかなり印象を悪くしてしまうため、自信をもって口を開けにくくなるかもしれません。

歯茎の変色の治療方法

メラニンやタバコによる歯茎の黒ずみは、ガムピーリングといって、専用薬剤を歯茎に直接塗り、ピーリング効果により歯茎の治癒再生を促しピンク色に回復させる治療方法が効果的です。
一回で終わることが多く、麻酔も不要で手軽に受けられますが、保険診療外となります。ガムピーリング後は、後戻りのリスクもあります。
金属を使用した差し歯による黒ずみは、原因を除去するしかありません。金属をすべて除去して、金属不使用のプラスチックやセラミック素材のものに交換します。保険診療外のことが多く、高額治療となります。
深く染み込んだ金属イオンの沈着は完全に除去できないこともあります。

歯茎の変色のおすすめの治療方法

ガムピーリングについてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
歯医者が教える入れ歯の種類と正しいメンテナンス方法 http://dental-shinbi.com/1333
本気でセラミック矯正をしたい方のためのモニター出ました! http://ortho-dontic.net
都内最安値宣言!大きな銀歯を白い歯にしたい方!奥歯限定のセラミッククラウンモニタ
期間限定!人数限定!ガミースマイル治療モニター募集情報! http://shinbi.clinic/18
上部に戻るボタン