電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

欠損歯とは

“歯の欠損”

欠損歯とは、何かしらの原因で歯が失くなる状態をいいます。天然の永久歯は通常上14本、下14本、合計28本が存在します。親知らずがある方だとプラス上下で4本、合計32本ある方もいらっしゃいます。
歯の構成としては上下前歯8本、上下犬歯4本、上下小臼歯8本、上下大臼歯8本となります。このいずれかが失くなった状態が欠損となります。
痛みを伴わなければ、歯を失ってもすぐに不自由はないかもしれませんが、放置することで様々な悪い影響がでてきます。
歯を失ったら、早めに再建方法を歯科医師へ相談しましょう。

歯を失ってしまう原因

歯を失う原因はさまざまですが、もっともみなさんが遭遇しやすいのは歯周病や虫歯でしょう。
虫歯が神経まで達し、歯の頭が崩壊する状態に陥ると治療方法として抜歯が選択されます。歯周病で歯がグラグラになった場合にも、抜歯が選択されます。
他には車の事故やスポーツなどによる外傷、全身麻酔の手術を受ける際、気管挿管の管で前歯が欠けて抜歯となることもあります。
まれに、乳歯が生え変わっても、次の永久歯が先天的に存在せず、欠損状態となることもあります。

欠損歯の症状

歯を失うと、食事をする際に物を噛みにくくなったり、食べ物などが挟まりやすく、さらに歯ブラシがしにくくなったりまします。これにより、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
咀嚼効率が下がって、胃や食道など消化器官への負担が大きくなります。また、発音の際空気が抜けたりして、発音づらくなったりします。
さらに、歯のない方の唇やべろ、顎の筋肉が発達してきたりします。これにより顔面の左右非対称が発生することもあります。
直接的には、歯があった部分の骨が痩せてきます。他にも両隣の歯が欠損部分に倒れてきたり、噛み合う反対側の歯が上がったり落ちたり、歯がどんどんと移動して噛み合わせ、歯並びを悪くする原因にもなりえます。
これは時間の経過とともに進んでいきますので、できるだけ歯を失った早い段階、失った歯の本数が少ない段階で、治療方法を検討したほうがいいでしょう。

欠損歯の治療方法

欠損歯の治療方法は保険診療だと金属を使用した入れ歯や、金属を使用した差し歯を繋げたブリッジ治療となります。費用は抑えられますが、審美的低下を招いたり、金属アレルギーのリスクがあります。
自費治療の場合はインプラント、金属不使用の入れ歯、セラミック素材を使用したブリッジが選択できるようになります。
インプラント治療は高額となりますが、単体(1本単位)の治療が可能となり、他の歯を保存できます。インプラント治療は、お体や骨の状態により適応外となる方もいます。外科処置のため腫れたり出血するといったダウンタイム、治療期間も長くなります。
金属不使用の入れ歯のエステティックデンチャーでは、基本的には歯型を取ることで装着でき、痛みも少なく、アレルギーや審美性の低下は防げますが、その後ずっと定期的な通院が必要となり、都度の修正や修理が必要となります。
セラミックブリッジは、自分の歯のように美しく再建でき、腫れ、出血痛みのリスクはほぼありませんが、両隣の健康な歯を削る必要があります。

欠損歯のおすすめの治療方法

歯のブリッジについてはこちら
入れ歯(エステティックデンチャー)についてはこちら
金属床義歯(入れ歯)についてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
歯医者が教える入れ歯の種類と正しいメンテナンス方法 http://dental-shinbi.com/1333
本気でセラミック矯正をしたい方のためのモニター出ました! http://ortho-dontic.net
都内最安値宣言!大きな銀歯を白い歯にしたい方!奥歯限定のセラミッククラウンモニタ
期間限定!人数限定!ガミースマイル治療モニター募集情報! http://shinbi.clinic/18
上部に戻るボタン