電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
矯正歯科・美容歯科なら 南青山矯正歯科・審美歯科 > 開咬(オープンバイト)の治療方法

開咬(オープンバイト)の治療方法

開咬(オープンバイト)とは

開咬(オープンバイト)の症例

開咬(オープンバイト)とは、しっかりと奥歯で噛み絞めている状態でも、前歯が空いてしまって口が閉じない状態を開咬(オープンバイト)と言います。
八重歯や出っ歯など目に見えてわかる歯並びの悪さと違い、一見して歯並びが良い方にもみられるもので、自覚症状が少なく、歯科医院の定期健診などで歯科医師や歯科衛生士に指摘されて初めて気づく方も多いと思います。
しかし実は永久歯列の未成年の10人に1人は開咬、もしくはその傾向があるとも言われています。ラーメン、パスタ、うどんなどの麺類が食べずらいと感じたら開咬の可能性があるかもしれません。

開咬(オープンバイト)の原因

開咬(オープンバイト)の原因としては、遺伝的理由と後天的理由に分けられます。
骨格は遺伝するため、ご両親が開咬の場合、その子供の骨格にも影響を与えることがあります。
逆に、骨格上問題がなくとも、生まれてから成長過程において、指しゃぶりや舌を前に出す癖、舌の先を常に噛んでしまう癖、乳歯の晩期残存により永久歯の萌出の遅れから物理的に前歯が噛み合わなくなることもあります。
また、呼吸器疾患や鼻炎などで鼻呼吸がしづらく、常時、口が空いたり緩んでしまうことでも開咬が発生する後天的要因もあります。

開咬(オープンバイト)の症状

開咬(オープンバイト)とはしっかり噛みこんでも前歯で噛めない状態のことですから、食事の際、前歯で噛みちぎる作業ができず、奥歯への負担が大きくなります。
すると、奥歯がすり減ったり欠けやすくなるなど、歯の欠損や奥歯が虫歯、歯周病になりやすくなるリスクも高まります。さらに悪化すると、顎の動きの中心である顎関節にも負担がかかり、顎関節症になる場合もあります。
顎関節症になると、口の開閉に痛みを感じたり、耳のよこからポキポキとした音がでたり、口が空きにくい、閉じにくいなどの症状に発展することもあります。
また、食べ物を細かく噛みきれないと、飲み込みずらいなどの嚥下障害やその後の消化器(食道や胃など)への負担が大きくなることもあります。
口が常に空いた状態にもなりやすいのが開咬の特徴ですから、口が常に乾燥状態となり、風邪をひきやすくなったり、インフルエンザといった空気感染症にかかりやすくなる可能性も高まります。そして、口が開いていることで空気が抜けてしまい、発音がしづらいなどの発音障害がでることもあります。

開咬(オープンバイト)の治療方法

前歯が開いてしまっていることが問題の開咬(オープンバイト)ですが、軽度の場合には前歯のみの治療で改善することもあります。この場合、治療方法によっては短期間で費用を抑えられることもあります。
しかし、基本的には奥歯の噛み合わせも含め治療が必要です。前歯だけで治療をしようとしても満足のいく審美性、機能性を保てないこともあり、逆に奥歯が高いから前歯が噛まないと安易に奥歯だけを削っても悪化することもあります。
顎の骨が極端にズレてしまっている場合には、外科的手術が必要になることもあります。このように、奥歯や外科手術を含むと、長期治療、高額治療になる可能性が高くなります。

開咬(オープンバイト)のおすすめの治療方法

ワイヤー矯正についてはこちら
マウスピース矯正についてはこちら
セラミック矯正についてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
歯科矯正治療の医療費控除の素朴な疑問まとめ http://dental-shinbi.com/1271/
高額治療の歯科矯正で医療費控除は受けられるのか? 気になる方は素朴な疑問を解決!
歯を手軽に白くできるラミネートベニアってどんな治療? http://shinbi.clinic/1837/
歯周病って何?歯周病予防とその治療方法について解説 http://shiraishi-aya.com/1193
上部に戻るボタン