電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 審美歯科 > コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)

コンポジットレジンとは

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)とは、直接、歯と歯科用材料を接着させ、
虫歯などで失った歯を再建する方法です。
前歯、奥歯、歯と歯の間など適応範囲が広く、 大きさは比較的小さいものに限ります。
この特性を利用して、前歯のすきっ歯を埋める際使用されることもあります。
経過観察を除けば、即日治療が終了するため、 忙しい方におすすめの治療法です。

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)治療では、虫歯の治療後に白い詰め物をするだけでなく、欠けた歯の形を回復、前歯の隙間(すきっ歯)を埋める、銀歯をレジンに変えることによる金属アレルギーの改善を、歯を削らずに短期間で審美的に改善することができます。

また、虫歯の部分を削った範囲の中で、噛む面や表面の平らな部分のみの小さな虫歯に適応となります。コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)治療は保険適応の治療ですが、当院では審美歯科専門の歯科医が、歯の機能面の回復とともに、審美面の改善を目的とした保険外治療として行っております。

コンポジットレジン治療の特徴

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)とは樹脂と無機質からなり、硬さが歯に近いため、咬み合う相手の歯を傷つける可能性が低いです。
歯を削る量も少なく、虫歯による欠損部分に詰めた後、光をあてて固める速攻性のある治療ですから治療期間、回数が非常に少ないことが特徴です。場合によっては治療当日に終了します。そして費用も抑えられます。
しかし、透明性が低く、また時間の経過で食事や嗜好品によって着色します。
口の中で直接詰めるため、見えにくい部分の適合が悪くなることがあります。
セラミックと比較すると二次虫歯にもなりやすいといわれています。
プラスチックにアレルギーのある方は、まれにアレルギー反応がでることがあります。

コンポジットレジンはこんな方にオススメ

  • 虫歯の治療に入れる詰め物を白くしたい方
  • 以前入れた詰め物が変色してしまった方
  • 銀歯の詰め物が取れてしまった方
  • 前歯の先端が少し欠けてしまった方
  • 前歯のすき間(すきっ歯)を埋めたい方

コンポジットレジンのメリット・デメリット

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)にも、適応、耐久性、色の選択幅、価格などメリットとデメリットがあります。

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)のメリット

銀歯と違い、歯ととてもよく似た色のプラスチックを詰めることで、きれいに目立たず治療をすることができます。 また硬さも歯に近く、歯を傷つける心配がありません。
前歯、奥歯、歯と歯の間など適応範囲が広く、虫歯で失った歯の再建だけではなく、 前歯の歯と歯の間の隙間を埋めるなど歯並びも治せることがあります。
セラミックと比べ、直接接着剤で歯に接着するため、虫歯の部分だけというように 歯を削る量は最小限といえるでしょう。このおかげで、従来神経を取らなければならなかったケースでも ダイレクトボンディングで神経や歯を保存できることが多くなりました。
その他にも、金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がなく、色の種類は少ないですが、保険適応内で虫歯を白く治すことができます。 お口の中で直接、接着剤と光を使用してつめる作業で歯を再建するため、 その日のうちに歯ができます。仮の歯を入れて数週間待ったり、仮歯が外れて再来院する心配がいりません。

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)のデメリット

銀歯やセラミックよりも脆く、変形しやすい弱点があります。 特にセラミックは全く変色しないのに対し、ダイレクトボンディングで使用するプラスチックは、継時的に劣化し、変色していきます。また、強度が弱いことで、初めから大きな奥歯の再建には使用できないこともあります。
変色しても歯のホワイトニングやクリーニングをしても、ダイレクトボンディングのプラスチックは白くなりません。 もし色合いが気になってきたら交換するしかありません。 半年程度で変色が目につき始め、3年もするとかなり気になる方が多いようです。
装着感としては、セラミックや銀歯と比べ、表面がつるっとしていないため、汚れが付きやすく落ちにくいといえます。
保険内で行えるダイレクトボンディングは色や仕上がりに限りがあるため、自由度を上げるためには自費診療により、素材のプラスチックのグレードが高いものを使用することになります。 自費診療は保険診療と比べ高額になりますので費用負担が必要です。

コンポジットレジン治療ができない方

  • 歯の欠損範囲が大きい方
  • 虫歯によるが欠損が大きい方
  • 重度の歯周病の方
  • 保険診療を希望されている方

コンポジットレジン治療の流れ

治療開始 所要時間:30分~1時間程度

  • 虫歯、銀歯の除去
  • 形態修正
  • 接着剤の塗布
  • コンポジットレジンで歯を再建
  • 光を当てる
  • 咬み合わせ調整
  • 研磨
  • 当日終了

2週間後 咬み合わせ調整 所要時間:30分程度

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)の症例写真

症例写真はまだありません。

コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)の関連ページはこちら

診療内容から探す

アクセス情報

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
オーラルケアの基礎知識に「口内炎の原因と治療法」の新着記事がアップされました。興
審美歯科の教科書に「入れ歯の痛みの原因と痛くない入れ歯」についての記事をアップし