電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

ドクターへの質問

よくある質問(Q&A)のご紹介

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

歯のブリッジのよくある質問

歯を再建するブリッジの治療は痛いですか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

ブリッジは、失った歯を両隣の歯を支えにして再建する方法です。

そのため、支えになる歯を1mm程度削る必要があります。その際、支える歯に神経が残っていると、削った刺激で一時的に知覚過敏という、しみるような痛みがでることがあります。これは一過性のもので、時間とともに落ち着いていきますが、痛みの期間には個人差があります。

神経の長さや太さ、向きは人それぞれです。歯によっても違いますので、たとえ歯を削って神経まで達していなくても、痛みの感じ方にはバラつきがあります。全く痛みを感じない方ですらいらっしゃいます。もし、痛み止めを飲んでも、耐えられない痛みが出るようであれば、神経を取る治療を施せば直ちに痛みはなくなります。しかし、削る部分が神経に近くないと診断できる場合には、最初は残すほうがよいでしょう。

歯を削る、神経治療、歯を被せる工程は、一般の虫歯治療の延長線上のため、虫歯治療用の部分麻酔を使用し、痛みのない状態で施しますので、治療中の痛みはありません。虫歯治療後、麻酔がきれると一時的にジンジンしたり、しみたりするけれどもいずれ落ち着くように、ブリッジ治療もそれと同じです。

外科手術のように腫れたり、人前に出らない状態にもほとんどありません。歯茎をカットする処置を含まなければ出血もほぼありません。部分麻酔も、先に表面麻酔を塗ってからの二段階麻酔のため、虫歯治療ができる方であればブリッジ治療は安心してお受けいただけます。

どうしてもご不安がある方は、歯科医院によっては、少し酔うような感覚になる医療用ガスの笑気麻酔や、静脈から眠くなる薬剤を点滴して術中の恐怖心をなくす、静脈内鎮静麻酔などもあります。しかし、追加費用がかかったり、麻酔がきれるまでのダウンタイムが必要であったりと良い点悪い点もありますので、事前に歯科医師と相談してから治療の臨むようにようにしましょう。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
あなたの歯茎、黒ずんでいませんか?歯茎の黒ずみ解消法はこちら? http://dental-shi
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
上部に戻るボタン