電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

ドクターへの質問

よくある質問(Q&A)のご紹介

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

歯のブリッジのよくある質問

延長ブリッジとはどのような治療ですか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を支えにして歯を再建する治療方法です。しかし、一番後ろの歯を失ってしまい、支える歯が手前にしかない場合、失った歯の本数が1本までという適応制限はありますが、ブリッジを選択することもできます。
この場合、失った一番奥の歯がポンテックとよばれる再建する歯になり、その手前の歯2本を使います。これが延長ブリッジです。形が歯を1本後ろに延長したようにみえます。
インプラントするには骨がなかったり、口が開きにくく手術ができない場合、外科手術自体ができない場合、入れ歯では違和感が大きくて着けていられない、しっかりと噛みたいなどの理由から延長ブリッジを選択します。
一番奥の歯だから、1本ぐらいなくてもいいと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、左右の歯の本数が違うことで、変な噛み癖が付いたり、噛み合う歯や隣の歯を失ってしまうと、上下左右の歯が傾いたり、落ちたり、伸びたりと様々な悪影響を及ぼします。
また、放置期間が長くなると、失った歯だけではなく、近い歯や歯茎、骨などの処置が必要になることもあり、治療期間が長くや治療費用が高くなるリスクもあります。
歯を失った場合できる限り早めに対処するか、放置せず歯科医師に相談しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
あなたの歯茎、黒ずんでいませんか?歯茎の黒ずみ解消法はこちら? http://dental-shi
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
上部に戻るボタン