電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 審美歯科 > 歯のブリッジ > よくある質問 歯のブリッジ > 歯の再建をブリッジでしましたが、寿命はどれぐらいでしょうか?

ドクターへの質問

よくある質問(Q&A)のご紹介

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

歯のブリッジのよくある質問

歯の再建をブリッジでしましたが、寿命はどれぐらいでしょうか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

欠損している歯の本数や噛み合わせ、ケア状態などによって個人差が大きく出ますが、大きく寿命に作用するのは、被せた歯に神経があるか、噛み合わせが強さ、ブリッジと歯がピッタリ合っているか、素材は変形しにくいものが使用されているか、定期的に歯科医院でメンテナンス、クリーニングを受けているか、などが影響します。
神経がない歯は、ブリッジをするしないにかかわらず、神経がある歯に比べて強度において少しだけ弱くなります。また、神経のない歯に入っている土台が金属の場合には、歯のようにしならないため、割れやすくなるともいわれています。解決策は、グラスファイバーなどの歯の硬さに近い素材を土台に選択するといいでしょう。
噛み合わせは直接ブリッジへの力が加わる大きな要因です。強く当たりすぎていると当然ブリッジを傷めます。ブリッジと歯との適合は、ピッタリ合っているほど清掃がしやすく、ズレがあると歯垢や歯石が溜まりやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
素材については、保険材料のブリッジの場合、目安として3~5年といわれています。セラミックなどの自費材料ですと、これが10~20年まで伸びるといわれています。
定期ケアは、ブリッジでなくとも、天然の歯であっても寿命に影響する要因です。毎日の正しい歯ブラシケアはもちろん、定期的(3~6か月程度に一回)の歯科医院でのクリーニングを受けることで、虫歯、歯周病のリスクを減らし、ブリッジの寿命を延ばすことができます。
上記リスクをきちんと管理できれば、ブリッジであっても天然の歯と同じように長く健康的に使用することも可能です。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
あなたの歯茎、黒ずんでいませんか?歯茎の黒ずみ解消法はこちら? http://dental-shi
先着10名限定!10万円のワイヤー矯正(表側限定)のモニター募集が新登場。 https
ブラキシズムって何?歯ぎしり・食いしばりを放置するとどうなる? http://dental-shi
激アツ!日本製マウスピース矯正モニター出ました! https://ortho-dontic.net/monito
上部に戻るボタン