電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 金属床義歯(入れ歯) > よくある質問 金属床義歯(入れ歯) > 装着していた入れ歯が壊れた場合はどうすればいいですか?

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

エステティックデンチャー(入れ歯)/金属床義歯(入れ歯)のよくある質問

装着していた入れ歯が壊れた場合はどうすればいいですか?

ドクターからの回答

井本(いもと)

井本(いもと) 歯科医師

このドクターに相談する

入れ歯は通常使用の限りでは簡単に壊れるものではありません。しかし、プラスチックに近い素材を使用しているため、熱すぎる、冷たすぎるといった温度変化や、極度の乾燥によって変形したりすることがあります。

また、踏みつけたり、落としたり、咬み合わせが合っていない状態で長期使用したりすると壊れる原因になります。まずは、壊れないよう大切に扱うように心がけてください。

食事後と睡眠時は取り外し、残っているご自分の歯を歯磨きすると同時に入れ歯もやさしく歯磨きしましょう。保管する際は紛失破損を防ぐため、常温の水を入れたコップの中などに保管し、すぐ目に付く安全な場所に置きましょう。

万一壊れた場合は、ご自身で接着剤などを使って修理しようとせず、まずは担当医にご相談下さい。自己判断で直した入れ歯はお口や顎の骨を傷つける原因になります。もし、分離してしまった破片などあれば、捨てずにすべてお持ちください。歯科医師が確認のうえ、破損や変形の状態、そして、入れ歯に使用している素材によっては、修理できる場合と修理できず再製作となる場合がございます。

壊れることを予防すること、そして壊れても自己修理しないこと、早めに歯科医師に相談することが大切です。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン