電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 審美歯科 > ホワイトニング > よくある質問 ホワイトニング > 黄ばんだ歯はホワイトニングでどれぐらい白くできますか?

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

ホワイトニングのよくある質問

黄ばんだ歯はホワイトニングでどれぐらい白くできますか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

歯が変色してしまう原因はいくつかございます。

原因の一つに、日常生活で色の濃いお食事や嗜好品をよく摂取されることによる黄ばみがあります。例えば、赤ワイン、コーヒー、紅茶、たばこなどです。

このような場合は、ホワイトニングで効果が出やすいといわれます。

ホワイトニングは歯の脱色です。

専用の歯科用薬剤を使って、歯の黄ばみを脱色していきます。絵の具を塗るわけではないので、白さの指定はできません。基本的には、その方の持つ歯の白さの限界を目指します。また、ホワイトニングの効果や白くなるまでの期間は、薬剤の種類や照射する光の強さ、施術する回数、頻度により異なります。

しばらくホワイトニングをしないでいると、また日常生活の中で着色していき、後戻りをします。

歯が変色する理由のそのほかには、年齢を重ねたことによる加齢による黄ばみ、金属の差し歯やかぶせ物をしていることで起こる治療による黒ずみ、虫歯や外傷で歯の神経が死んでしまうことで起こる変色、生まれ持って歯が灰色の状態や縞模様のテトラサイクリン歯、虫歯を放置したことによる変色など、これらすべてがホワイトニングで白くなるわけではありません。

ご自分の歯の限界を超えて白くしたい場合や、もともと歯の黄ばみが強い方、また日常生活の着色による歯の変色以外が原因の方、後戻りをしたくない方などは、ホワイトイニングではなく、セラミッククラウンという治療をする必要がでてきます。

原因に合わせた治療方法の選択をしっかりとしない場合、無駄な治療となってしまうこともあります。歯を白くしたいと思ったら、自己判断せず、原因と希望を専門家である歯科医師に相談して治療方法を決定しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン