電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

セラミッククラウン(差し歯・セラミック歯)のよくある質問

差し歯の寿命はどのくらいでしょうか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

セラミックは陶器に近い材質です。お茶碗は叩いても割れにくいですが、落とすと簡単に割れるという脆さをもっています。そのため、セラミックの差し歯が欠ける可能性はゼロではありません。しかし、数千年前の陶器の装飾品が、発掘などで変色もなく原型を保ったまま発見されるように、安定性が非常に高い素材です。

このように半永久といえるほど丈夫な素材ですが、人間である生体は(歯や歯肉、骨など)、経時的に劣化していきます。特にセラミック治療などをしていない方で、40歳での歯周病の罹患率が80%を超えるように、セラミックを被せる歯も虫歯や歯周病などにかかる可能性はあります。そのため、おおよその目安としてセラミックの差し歯の寿命は10年程度といわれています。というのも10年の間に10%の方が、虫歯・歯周病・事故などなんらかの形で作り直す確率があるからです。

しかし、これらは患者様ご自身の意識次第で予防することができます。自宅で行うセルフケア=歯磨きと、歯科医院で受けられるプロケア=定期健診で、歯石、歯垢、噛み合わせのチェックをきちんと定期的に行うことにより、長期にわたりご使用いただけます。また、どうしても作り直しが必要な場合は、もう一度歯を作ることができます。

当院では、定期健診に来ていただいている方は、保証期間中であればセラミックの差し歯を無料でお作り直しなど対応させていただいています。

歯をだめにする原因は、大きく分けて、バイ菌と噛み合わせの不具合です。定期健診でしっかりと両方をチェックしていくことで、長く差し歯を持たせることは可能といえます。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン