電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

セラミッククラウン(差し歯・セラミック歯)/セラミック矯正のよくある質問

保険の差し歯による歯茎の変色は治せますか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

差し歯による歯茎の変色の原因は、差し歯自体に金属が使用されている場合、歯の中の土台に金属が使用されている場合の2つあります。

保険治療で金属が使用された差し歯や土台を入れますと、金属部分が溶けだし周囲の歯茎の色を黒くする場合があります。これ自体は金属を外さない限り変わりません。また、長時間放置すると、黒ずみが濃くなっていくこともあります。さらに、金属アレルギーになるリスクもあります。

そのため、特に前歯は、差し歯や土台を入れる時点で、素材をしっかり吟味することが大切です。取り替える行為はできますが、再度、歯を削ることになったり、土台を除去しようとすると支えている歯が薄くなり、折れたり抜歯するリスクも高まります。

原因がこうした金属によるものであれば、オールセラミックジルコニアセラミックのように金属を使用しない差し歯や、グラスファイバーやレジンなどのガラス繊維やプラスチックの土台に変えることで、金属によって染まってしまった歯茎の黒ずみの色を戻す例はたくさんあります。

黒ずみの範囲やお口の状態によっては歯肉整形といった歯茎の整形も必要となることがありますので、まずは自己判断ではなく、お気軽にご相談ください。

その他セラミッククラウン(差し歯・セラミック歯)/セラミック矯正のよくある質問はこちら

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン