電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

セラミッククラウン(差し歯・セラミック歯)/セラミック矯正のよくある質問

差し歯や歯の詰め物に使うセラミックの種類は?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

差し歯や歯の詰め物に使うセラミックは、お茶碗に使用される陶器に近い材質です。色や透明感、艶など再現性の自由度が高く、天然の歯に近い審美治療に適した最高の素材です。

セラミックで作られた歯は、食べ物を噛む力に耐えることのできる強度と、天然歯よりも摩耗しにくい硬度を持っています。変色することなく長期間使用でき、加工しやすい性質です。

セラミックほぼ100%でできているのがオールセラミックです。天然の歯のような透明感が出せて非常にきれいです。アレルギーもなく、歯茎が黒くなることもありません。しかし、お茶碗が落とすと割れるように、オールセラミックは脆さがあります。このため奥歯やブリッジといった強度が必要な、繋がった歯を作らなければならない際や、歯ぎしり食いしばりがある方は適応外となります。また、透明感が強いため、中の歯の色の影響を強く受けます。もともと色の濃い歯の方や、神経が死んで黒ずんだ歯の方、歯の中に金属の土台が入っている方は、オールセラミックだと透けてしまうことがあります。

金属と併用して強度を増したのがメタルボンドといわれます。メタルボンドは中の歯の色の影響を受けず、神経が死んだ歯や色の濃い歯でも、好きな色を被せることができます。硬さも丈夫なため、ブリッジなどつながった歯にも利用できたり奥歯にも適応となります。しかし、金属が触れる歯茎の部分にメタルタトゥーという黒い色素沈着を起こします。また金属アレルギーの方にも使用できません。

ジルコニアという人工ダイヤと併用したものが、ジルコニアセラミックといいます。金属よりも丈夫な硬さと、オールセラミックのような透明感があります。アレルギーもなく、奥歯やブリッジ、歯ぎしり食いしばりのある方も適応です。透明感はありますが、中の歯の色の影響を受けないため、神経が死んだ歯、もともと色の濃い歯、土台に金属を使用している歯など、様々な歯において美しい歯を再現できます。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン