電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 審美歯科 > ホワイトニング > よくある質問 ホワイトニング > 神経が死んだ歯、神経がない歯にホワイトニングはできますか?

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

ホワイトニングのよくある質問

神経が死んだ歯、神経がない歯にホワイトニングはできますか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

ホワイトニングは、生きている天然の歯にのみ効果を発揮し、脱色できます。

神経が死んでしまった歯は無駄ではありませんが、劇的な色の変化は期待できません。

この場合は、インターナルブリーチング(ウォーキングブリーチ)といった、歯の中のホワイトニングを併用したり、

確実なのは、セラミックによる差し歯の治療が適応となります。

かぶせることに抵抗がある方もいらっしゃいますが、死んでしまった神経の歯は、色が黒くなるだけでなく、非常にもろく割れやすい状態となるため、

セラミッククラウンなどの差し歯で全体を覆い、補強することで歯の寿命を延ばすことができます。

この時、金属を使用した差し歯を使ってしまうと、歯は白くなっても歯茎が黒ずむ原因となりますので、

金属アレルギーの可能性も含め、金属は使用しないタイプのセラミッククラウンを選択しましょう。

周囲の生きている歯に対してはホワイトニングが非常に有効です。

ホワイトニングとセラミックを併用することで、お口全体の明るさや白さ、清潔感をだすことができるようになります。

 

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン