電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > よくある質問 矯正歯科 > 正中のずれを治すにはどのような治療方法がありますか?

歯科矯正や審美歯科治療について、患者様からよくご質問をいただく内容をまとめました。

矯正歯科のよくある質問

正中のずれを治すにはどのような治療方法がありますか?

ドクターからの回答

白石 文(しらいし あや)

白石 文(しらいし あや) 歯科医師

このドクターに相談する

正中のずれは、咬み合わせのずれ、もしくは歯の位置のずれによって、鼻筋と前歯の真ん中がずれていることを指します。

上の歯は上顎骨という動かない骨に埋まっていますので、上の歯が鼻筋とずれている場合は、歯が生える位置がずれていることが多いです。

乳歯が片方だけ残っていたり、虫歯などで歯を失ってしまった場合などにできたスペースに歯並び全体がずれてしまう場合や、顎が狭く歯が収まりきらない場合にずれてしまう場合があります。

上の歯のずれの場合は、矯正治療が必要となりますので、ワイヤー矯正マウスピース矯正を選択して、歯の根っこごと移動させるか、セラミック矯正で鼻筋に乗ってしまっている歯を抜歯して、ブリッジ治療で正中に合わせることになります。

下の歯が鼻筋とずれている場合は、上の歯と同じように歯の欠損などでできたスペースに歯並びが移動してしまったり、顎がスペース不足で歯が収まらない場合に起こるのと、奥歯の咬み合わせが合わず、動く骨である下顎骨がスライドしてしまうことで起こるずれがあります。

スライドしてしまうことで起こるずれは、奥歯の咬み合わせを正しい位置に戻すことで改善されます。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正で全体の咬み合わせを調整するか、セラミック矯正であれば奥歯だけで治療が完了する場合もあります。

判断が難しいため、自己判断せず、咬み合わせまでしっかり診てくれる経験豊富な歯科医師に相談しましょう。

まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

電話でのご予約・ご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン