南青山矯正歯科 > 虫歯治療 > カリソルブ

カリソルブの症例写真カリソルブ ビフォーアフター

カリソルブとは、虫歯治療の種類の一種です。

虫歯治療では通常、虫歯になってしまった部分を電動の機械を使用して虫歯を削って除去します。そして虫歯を除去して歯の欠損部分を人工物で補填して虫歯を治療します。その際、再発防止や取り残しを防ぐためと人工物の接着を強くするなどの目的から、やむを得ず健康な歯の表面を少し多めに削って取り除くことが多いです。

これに対しカリソルブで使用する薬剤は、虫歯になった歯質にのみに作用するため、周りの健康的な歯を削ることなく虫歯治療が可能です。また虫歯を取り除く際には、専用のスプーンのような器具を使い、歯科医師が手動で取り除くため、電動の機械を使うよりも痛みが少なく振動もないため、歯科恐怖症の方も治療を受けやすいでしょう。

非常に有効的な虫歯治療ですが、神経に達するような大きな虫歯には適応とならず、手動で行うため一回の治療時間が長い点がデメリットとして挙げられます。また日本で認可はされていますが、保険診療として認められていないため、保険診療内での虫歯治療と比べて治療費がやや高額になります。

カリソルブは従来の虫歯治療とは大きく異なり、低侵襲を実現した全く新しい虫歯治療といえます。

3種のアミノ酸で健康な部分を守りながら虫歯だけに作用

特徴 カリソルブカリソルブ

カリソルブに使用される薬剤は、次亜塩素酸ナトリウムと3種類のアミノ酸からできています。次亜塩素酸ナトリウムとはプールの消毒にも使われますが、医科領域の殺菌、消毒に使用される薬剤です。

この次亜塩素酸ナトリウムが虫歯に作用することで、虫歯を溶かしていきます。また3種のアミノ酸は、健康な歯質部分を保護する作用があるため、健康な歯を守りながら、虫歯だけを取り除くことができるのです。

通常の虫歯治療より痛みを軽減

一般的な虫歯治療で痛みが生じるのは、電動の機械で歯を削る時です。高速で回転するバーを使って、エナメル質や象牙質を削除するため、激しい振動や痛みを伴うことがあります。

一方、カリソルブでは電動の機械を使うことはありません。虫歯になった歯質のみに作用する薬剤を使用し、専用のスプーンで病変部を取り除きます。歯を削る必要がないため、痛みや振動も生じません。

予防歯科先進国スウェーデンではスタンダードな虫歯治療

カリソルブは、1998年にスウェーデンにて使用が開始されました。スウェーデンといえばキシリトールでも有名な歯科予防先進国です。日本では2007年に厚生労働省に認可されていますが、まだ比較的新しい治療で、保険治療としては適応になりません。

歯科では学校の歯科検診で使われるように、虫歯の進行具合をC0からC4までの5段階にレベル分けします。

その中でカリソルブは、軽度から中等度の虫歯に対して有効な治療法です。具体的には、細菌感染がエナメル質や象牙質にとどまっている虫歯が対象となります。歯の神経にまで感染が広がった重度の虫歯では、カリソルブではなく、通常の虫歯治療が適応となります。

カリソルブ 虫歯の進行度合い
    • C0:初期虫歯といい、歯に穴が開いていない状態です。フッ素やブラッシングで再石灰化が期待できるためカリソルブは適応外です。

    • C1:歯の最表面にあるエナメル質にだけ虫歯があり、小さな穴が開いている状態です。自然には治癒しないため、虫歯を除去して詰め物をします。カリソルブが適応となります。

    • C2:歯のエナメル質の下にある、象牙質という部分まで虫歯が達しており、小さな穴が開いている状態です。神経には問題なくとも、冷たいものや甘いものがしみるといった状態です。範囲がC1よりも広いため、虫歯の大きさに合わせて詰め物や歯型取りをして被せ物をする場合があります。カリソルブが適応となります。

    • C3:歯の中の神経まで虫歯が達してしまっており、ズキズキとした痛みを伴う状態です。神経を残すことができないため、神経治療が必要です。神経治療をすると歯が弱くなるので、詰め物ではなく、被せ物や差し歯の治療も合わせて行う必要があります。カリソルブは適応外です。

    • C4:虫歯に侵された神経が死んでしまった状態です。

      死んでしまった神経は腐ります。放置すると顎を通じて全身に影響を与えるリスクがあるため、早急に神経治療や場合によっては抜歯が必要になります。カリソルブは適応外です。

このように、すべての状態に適応となるわけではありませんが、従来の虫歯治療だとカリソルブ適応のC2レベルでも、神経治療が必要な場合がありました。

こうしたことを防げるのがカリソルブなのです。

カリソルブを使用した虫歯治療のメリット

  • 従来の電動の器具を使用した虫歯を削る治療と比べ、麻酔を使わず痛みも少ない
  • 子供や高齢者、妊娠中でも治療ができる
  • 虫歯だけを取り除くので健康な歯を最大限に残せる
  • 神経治療になることが少ない
  • 電動器具を使わないので歯科恐怖症の方も治療ができる

カリソルブを使用した虫歯治療のデメリット

  • 保険が効かない(自由診療)ため従来の虫歯治療と比べ高額
  • 従来の虫歯治療と比べ1回の治療時間が長い
  • 深い虫歯の場合は入り口を削らないと器具が届かない
  • 長時間口を開けているため顎が痛くなる場合がある
  • すべての虫歯に適応ではなく、小さい虫歯のみ適応となる
  • 従来の虫歯治療同様、虫歯を取り除いた後は最終的に詰め物が必ず必要となる
  • 健康な歯を削りたくない方
  • 歯科医院が怖いなどトラウマがある方
  • 削る器具の音が嫌な方
  • 虫歯がまだ小さい方
  • 麻酔が使えない小児や妊娠中、高齢者の方
  • ①専用薬剤を虫歯に直接塗り30秒程度待ちます。
  • ②柔らかくなった虫歯部分を、専用の先の尖っていない手用器具(スプーンのようなもの)で掻き出します。この作業を数回繰り返し、完全に虫歯だけを取り除きます。
  • ③虫歯を取り除いた大きさに合わせ、詰め物や被せものを施します。
  • 治療時間はおよそ40分〜1時間かかります。
  • 治療期間と回数は歯科医院、虫歯の状態によっても異なりますが、およそ1回〜2回。2回の場合でも2週間程度で治療は終了します。
メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
カリソルブ 1本 15,000円
カリソルブで使う薬剤は人体に害はありませんか?

カリソルブで使う薬剤は、人体に害はございません。カリソルブは、スウェーデンの歯科大学や工科大学や研究機関などにより、長年研究されてきたもので、現在では世界47ヶ国で臨床導入されているといわれています。最近ではヨーロッパをはじめとした世界各国で一般的な治療として普及していますので、安心できる薬剤です。

カリソルブは、きちんと虫歯を取り除けるのですか?

カリソルブは神経まで足していない虫歯を対象としています。虫歯の部分にカリソルブの薬剤を塗ると、虫歯組織に薬剤が作用して虫歯を溶かして柔らかくします。つまり薬剤は虫歯にだけに反応するため、後は虫歯をきれいに取り除くだけです。この時、経験豊富な女性歯科医師が虫歯をきれいに取り除きますので、きちんと取り除くことは可能です。

カリソルブはなぜ通常の虫歯治療より時間がかかるのですか?

カリソルブは、確かに従来の虫歯治療よりも時間がかかる治療方法です。1回の治療は薬剤を塗布した後、30秒ぐらい待って虫歯に反応し解けたところでスプーンのようなものでかき出して治療を行います。

しかし、1回でそれを行うことができるわけではなく、薬剤を塗って溶かしてそれを除去するという作業を何度も繰り返す必要があります。虫歯は残しておくことのないように、ていねいに除去していきます。そのため約1時間はかかる治療になっています。

カリソルブによる虫歯治療後に注意することはありますか?

カリソルブを行ったあとに、特別注意することはございません。

ただ、治療の際に麻酔を施した場合、歯茎に内出血や痛みが生じることがあります。また、比較的深い虫歯に対してカリソルブを行った場合は、一時的に知覚過敏のような症状が起こることがあります。通常、痛みは数日で消えていくものですが、しみるような痛みが目立つ場合は、すぐにご連絡ください。場合によっては、歯の神経治療が必要になることもあります。

カリソルブの虫歯治療なら妊娠中でも受けられますか?

カリソルブで使用する薬剤は、厚生労働省に認可されており、虫歯に対する効果や人体への安全性も国から保証されているといえます。ですから、小さなお子さまやご高齢の方、それから妊娠中の方も安心して受けることができます。どうしても不安な方はご相談ください。

カリソルブについてきちんとご説明させていただきます。必要であれば、主治医の方と連絡をとった上で、カリソルブによる治療を行わせていただきます。

このページでは、歯を削らず、虫歯だけを溶かすことのできる専用薬剤「カリソルブ」を使った虫歯治療についてご確認いただけます。

通常、虫歯治療は専用のドリルを使って、虫歯とその周囲の健康な歯も一層削り虫歯を除去します。カリソルブは保険では取り扱えませんが、専用薬剤を使って虫歯だけを溶かすことができるため、健康な歯の表面一層を削る必要がありません。

当院では審美歯科経験が豊富で、歯を残すことに積極的な女性歯科医師が丁寧にカリソルブを使って、痛みなく虫歯を除去します。ほとんどの場合、一度の通院で治療は終了します。

カリソルブの治療概要

治療方法 カリソルブ
治療費 10,000円(税別)
治療の副作用(リスク) 歯の神経治療及び土台(芯も含む)治療が必要になる可能性があります。
神経治療をした歯は気圧の変化や時間経過により炎症がみられる可能性がある。
麻酔をした部分は内出血、痛みを伴う可能性がある。
治療後、数週間から数か月は知覚過敏の症状や違和感が出る可能性がある。
定期健診を怠ると、虫歯のリスクが高まる。
治療期間 1日
治療回数 1回
適応症例 エナメル質範囲内の虫歯
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 なし
不適応の症例 象牙質に及ぶ虫歯の場合

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文