ファイル 根管治療

根管治療とは、歯の神経や血管が通っている根の部分の根管内を治療する方法であり、虫歯が歯髄と呼ばれる歯の神経にまで進行してしまった場合におこなわれる治療方法です。

虫歯の進行度は5段階に分類され、初期虫歯をCO、歯の表面であるエナメル質が破壊された状態をC1、エナメル質の下の層にある象牙質にまで虫歯が進行している場合はC2、歯髄(神経)にまで虫歯が進行している場合をⅭ3、ほぼ歯が虫歯により破壊されている場合をⅭ4と分類し、根管治療は主にⅭ3の段階である虫歯の治療法となります。

根管治療はなぜ必要?

一般的には「歯の神経を除去する治療」と知られている根管治療ではありますが、虫歯となった歯を維持するために、虫歯菌などによって感染してしまった歯髄(神経)や血管組織などを除去し、空洞になった根管内に、薬材を充填する治療法です。歯髄(神経)にまで進行してしまった虫歯治療には欠かせない治療となります。

虫歯によって破壊された歯は再生することができません。虫歯の進行を止めるには、虫歯菌に感染している歯髄(神経)を除去しなければなりません。また、虫歯菌によって感染した歯髄は炎症を起こし、虫歯特有の歯の痛み歯肉の腫れなどの症状が現れますが、根管治療をおこなわない限り症状が治まることはありません

根管治療は、歯科治療の中でも高度な技術が必要とされる治療ではありますが、当院の根管治療では、確かな技術と経験を持った歯科医師が治療をおこないます。

抜歯を回避するための治療方針

治療をおこなわず、虫歯が歯髄まで進行しているⅭ3の段階、ほとんど歯が破壊されている状態Ⅽ4の段階に進行してしまうと、歯を抜かなければなりません。抜歯を回避するためには、できるだけはやくに治療をおこない、歯を維持することに努めます。

ラバーダムで唾液による感染予防

ラバーダムラバーダム

当院では、根管治療をおこなうにあたり、虫歯菌に感染した根管内を消毒する必要があります。そこで当院では、唾液や口腔内細菌の侵入を防ぎ、ラバーダムと呼ばれるゴム膜で隔離し治療をおこなうラバーダム防湿法で感染予防対策をおこなっています。

ラバーダム防湿法は根管治療をおこなう歯にクランプと呼ばれる器具でラバーダム膜を固定し、治療を円滑におこなうための治療法であり、治療をおこなうまでの準備に技術や手間がかかるために、全国でラバーダム防湿法を取り入れている歯科医院は数少ないとされています。

完治しない歯根嚢胞は歯根端切除術で対応

根管内まで虫歯菌が侵入し増殖していくと、根管の先端である歯髄や血管の入り口から体内に虫歯菌が侵入しようとするため、免疫力が働き体内に虫歯菌の侵入を防ぐために根管の先端に膿が溜まり、歯肉が腫れ痛みを感じる場合があります。これらの状態を歯根嚢胞といい、初期の状態では自覚症状はなく、歯科医院でレントゲン写真を撮影することで初めて診断される特徴がありますが、進行すると周囲の顎の骨までをむしばんでいきます。

歯根嚢胞が初期段階であるならば、根管治療をおこない、感染・壊死してしまった歯髄や血管を除去する治療を受けることで、腫れや痛みの症状は治まりますが、完治しない場合や、嚢胞が比較的大きい場合には、歯根端切除術をおこないます。

歯根端切除術とは、麻酔のもと歯肉を切開し、骨を削り嚢胞を取り除き、根尖とよばれる歯の根の先端を切除し、歯肉を縫合する治療法です。

歯髄(神経)まで虫歯が進行している場合は、以下の症状が現れます。

  • 歯が浮いたような感覚がある
  • 冷たいもので歯が染みる
  • 暖かいもので歯が染みる
  • 甘いもので痛みを感じる
  • 歯肉から膿がでる
  • 定期的に歯の痛みが生じる

根管治療は、保険診療でおこなうこともできますが、自費診療の根管治療を受けることも可能です。

自費診療では、保険診療で使用する消毒薬だけではなく、根管治療の成功率をあげるために、次亜塩素酸水、レーザー、オゾンガス、ナノバブルオゾン水、抗菌薬などの根管内を無菌に近づける薬剤を使用することができるので、費用は保険診療よりかかりますが、より高度な治療をおこなうことができ、短期間で治療を終えることができやすくなります。

今後、歯を長期に渡り維持できるかを左右する一番重要な治療となる、根管治療の工程をご紹介いたします。根管治療はとても高度な技術を必要とする治療の一つであり、根管治療の成功率は約80%という調査結果も報告されています。根管内はとても複雑な構造をしているために、コンマ何ミリ単位の細やかな治療が必要となります。

  • 1.

    根管治療が必要な歯の状態

    根管治療が必要な歯の状態根管治療が必要な歯の状態

    虫歯菌が神経に達すると根管治療が必要な状態になります。

  • 2.

    レントゲン撮影

    治療前レントゲン 根管治療治療前レントゲン

    レントゲン撮影をおこない、病変がどこまで進行しているかを診断します。虫歯の進行具合、周辺組織、歯根根尖に嚢胞などがあるかを見極めます。

  • 3.

    虫歯の除去

    虫歯の除去虫歯の除去

    歯を削り虫歯部分を除去します。

  • 4.

    虫歯に感染した歯髄の除去

    虫歯に感染した歯髄の除去虫歯に感染した歯髄の除去

    虫歯によって壊死してしまった部分を除去し、根管の長さを測りながら、歯髄(神経)、血管などを綺麗に取り除きます。根管内の組織を丁寧に取り除いたら、消毒をおこないます。

  • 5.

    充填材を入れて密封

    充填材を入れて密封充填材を入れて密封

    充填材で根管内を密封します。

  • 6.

    開いた穴に修復材で土台を充填

    開いた穴に修復材で土台を充填開いた穴に修復材で土台を充填

    充填材で根管内を密封します。

  • 7.

    レントゲン撮影

    治療後レントゲン 根管治療治療後レントゲン

    根管内にしっかりと充填できたかを確認するために、レントゲン撮影をおこないます。

  • 8.

    補綴物の装着

    補綴物の装着補綴物の装着

    問題がなければ、被せ物の土台であるコア、補綴物を被せて治療は完了します。

痛みがなくても神経を取り除かなければいけないの?

痛みがなくても、虫歯菌によって感染した歯髄(神経)を取り除かなくてはいけない場合があります。

根管治療は時間がかかるの?

根管治療はとても細やかな処置が必要となる治療であり、虫歯菌に感染した根管内を数回にわけて、清掃・消毒をおこなう必要があります。

神経を取るとき、歯を大きく削る必要があるの?

虫歯によって破壊された歯はとても脆く、また見た目以上に歯の内部まで虫歯菌の感染は広がっています。二次感染を防ぐためにも悪い部分はすべて取り除き、被せ物ができるように形成するために、歯を削ります。

根管治療した歯の色が変色した気がします。

歯髄(神経)を除去した歯は、褐色がかった色になってしまいます。

治療は終わったのに、まだ歯が痛い気がします。

根管治療した歯の周りにも痛みを感じる神経があります。一時的に周囲の組織にも負担がかかっていたため、痛みを感じる場合があります。痛みが続く場合は、経過観察をおこなうためにも、歯科医師にご相談ください。

根管治療の治療概要

治療方法 根管治療
治療費 8,300円(税別)
治療の副作用(リスク) 神経治療は歯にかかるリスクが高く、治療中に歯が欠ける可能性がある。
3~5日程度は腫れる可能性がある。
気圧の変化で痛みを感じることがある。
精密に治療を施したとしても再発の可能性がある。
再治療や根切、抜歯が必要となることがある。
治療期間 1日~数か月
治療回数 1回~10回
適応症例 歯髄に達する虫歯がある歯
外傷などで神経が死んでしまった歯
再治療が必要な神経治療済みの歯
歯列矯正のために歯の向きを変える歯
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 なし
不適応の症例 当院では大臼歯の根管治療は未対応

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文