南青山矯正歯科 > 乱杭歯(ガタガタした歯並び)とは デメリットや治療・矯正方法について

乱杭歯の症例乱杭歯

乱杭歯とは、ガタガタした歯並びのことをいいます。歯がお互いに重なったり、ねじれたりしており、歯全体がデコボコ、ガタガタしていることをいいます。歯科の専門用語では、叢生(そうせい)と呼ばれます。

乱杭歯の原因は、顎の大きさが歯と比べて小さいことや、歯の大きさが顎と比べて大きいことが多いといわれています。つまり顎に対して歯が収まりきらず、ずれたり、飛び出したりしてしまうということです。乳歯の時期に虫歯などで歯を失ってしまうことも原因といわれています。

叢生についてはこちら

乱杭歯の特徴として、他の歯並びの悪い状態と比べて次のことがあります。

  • 出っ歯と比べて歯がさまざまな方向に向かっていたり、ずれていたりする
  • 歯列がでこぼこしている
  • 犬歯が目立つ
  • 歯に汚れや食べかすがたまりやすい
  • 見た目のイメージが悪い
  • コンプレックスを抱きやすい

乱杭歯の歯並びの悪い状態を治さず放っておくと、さまざまなデメリットが生まれます。例えば、次のことがあります。

見た目の印象を下げてしまう

一番の問題は、やはりガタガタした状態を人に見せることで見た目が悪い印象を与えてしまうことにあります。昔から第一印象と笑顔が大事といわれますし、近年では、見た目が9~10割を占めるともいわれるようになりました。こうした世の中の見た目のイメージ重視の傾向は、普段の人間関係はもちろん、ビジネスにおける対人関係のやりとりにおいては非常に重要になってきています。

こうした中で、いかに時代に合わせた見た目の印象を手に入れるかということで、多くの方が歯科矯正治療を受けています。乱杭歯を放置してそのままにしておくことは、見た目の印象が下がってしまう上に、「なぜ治そうとしないのか」という疑問すら抱かせてしまうこともあるため、大きなデメリットになるでしょう。

虫歯・歯周病のリスクが高まる

乱杭歯のような悪い歯並びは、歯磨きがしにくいのが欠点です。よって、虫歯や歯周病の原因である歯垢(プラーク)が歯のすき間にたまりやすくなります。

通常、歯垢は歯と歯の間や歯と歯茎の間に入り込み、歯ブラシが行き届かずその蓄積で虫歯や歯周病リスクが高まります。乱杭歯の場合、それに加えて、歯と歯同士が重なっていたり、曲がっていたりしてでこぼこしているため、余計にすき間ができやすく、磨き残しが増えてしまいます。

虫歯治療がやりにくくなる

もし虫歯になってしまったら、今度は治療しにくいというデメリットに直面します。通常では簡単に行える治療でも、乱杭歯の場合、詰め物や差し歯などを悪い歯並びに合わせて作る必要があるためです。虫歯治療がやりにくい場合、抜歯しなければならなくなるケースもあります。

顔がゆがむことがある

悪い歯並びを放置していると、口が閉じにくくなったり、顔がゆがんだりすることがあります。もともと自信のある顔でありながら、歯の位置や並び方が原因で見た目を損ねるのはもったいないものです。

顎関節症になる恐れがある

一般的に、歯の噛み合わせが悪いと顎が痛み、最終的に顎関節症を起こすことがあります。顎関節症になると、口を開けたときに顎がカクカクするほか、口を開けにくかったり、強く歯を噛み締めたときに痛みを感じたりするようになってしまいます。

乱杭歯によって噛み合わせがよくないと考えている場合には、よく注意する必要があります。

正しい発音ができない

歯並びが悪いと舌と歯の位置の関係で、正しく発音ができなくなることがあります。もしくは、発音がしにくいと感じることも多いです。乱杭歯は、舌先を前歯の裏側に当てて発音する「タ行」「ナ行」「ラ行」などの発音が特にむずかしくなることが多いです。

正しい発音ができないと喋ることにコンプレックスを抱く結果になったり、そもそも正しい発音ができず、相手に言いたいことが伝わらないといったコミュニケーションに支障が出たりすることもあります。

食べ物が噛みにくい

歯並びが悪いと毎日の食生活にも支障が出ることがあります。単純に、ものを噛みにくいためです。よく噛んで食べないと胃腸に大きな消化の負担をかけてしまったり、胃腸障害を起こしやすくなったりします。

口臭の原因になることがある

乱杭歯は、先ほどもご説明した通り、歯磨きがしにくくなることで、清掃不良が起こり口臭の原因になることもあります。

乱杭歯は、放っておいていいことはありません。当院にはさまざまな矯正方法があり、ご自身の歯の状態や費用感に合わせた治療をご提案いたします。

ワイヤー矯正による乱杭歯の矯正方法

ワイヤー矯正 乱杭歯ワイヤー矯正

歯にブラケットという装置を装着し、それをワイヤーで固定して歯を徐々に正常な位置に動かしていく方法です。

治療費の目安:150,000円〜

ワイヤー矯正についてはこちら

マウスピース矯正による乱杭歯の矯正方法

マウスピース矯正 乱杭歯マウスピース矯正

透明で目立たないマウスピースを一日20時間など口の中に装着して過ごし、そのマウスピースによって歯を徐々に動かしていく方法です。

治療費の目安:183,400円〜

マウスピース矯正についてはこちら

セラミック矯正による乱杭歯の矯正方法

セラミック矯正 乱杭歯セラミック矯正

セラミック矯正は、歯を削った後にセラミックの歯を被せる治療法で、歯を動かす動的期間がなく短期間での治療が実現できます。

治療費の目安:71,400円〜

セラミック矯正についてはこちら

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン