南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > オールセラミック > 歯茎が黒い原因とオールセラミックによる対処法

オールセラミックの治療受けたいと思っているものの、差し歯を入れると、いずれ歯茎が黒く染まるという噂を聞いて、不安になっている方もいるかもしれません。また実際、歯茎が黒くなってしまい、他の差し歯に変えたいと思っている方もいるかもしれません。

そこで今回は、差し歯で歯茎が黒くなる原因と、歯茎が黒くならないで済むオールセラミックの治療についてご紹介します。

差し歯と歯茎の境目と歯茎の黒ずみの原因

差し歯と歯茎の境目と歯茎の黒ずみの原因

差し歯を差した後に時間が経って、歯茎との境目と、歯茎の色が黒くなることがあります。この黒ずみなどの歯茎の変色は、果たしてどのような原因で起きるものなのでしょうか。みていきましょう。

差し歯の金属が溶け出し歯茎に沈着

保険適用の銀歯など、金属のを使用した差し歯だと、時間の経過とともに金属が溶け出して、歯茎に沈着し、歯茎の色が染まり、黒ずみとなってしまうことがあります。歯茎の変色を起こしやすいのは、金属の中でも特に銀イオンだといわれています。

歯茎が下がったことが原因で差し歯と歯茎との境目に虫歯ができる

また差し歯と歯茎の境目が黒っぽくなる場合、虫歯による黒ずみの可能性があります。年齢を増すごとに歯茎がやせることによって歯茎が下がり、差し歯と歯茎の境目に隙間ができてしまうことがあります。

すると、その隙間に虫歯菌が入り込み、虫歯になってしまう恐れもあります。歯ブラシも届きにくいのでブラッシングも難しく、虫歯が進行しやすいのです。

歯茎がやせて神経のない歯根が露出

オールセラミックの治療を行う前に、土台となる歯の神経を除去した場合、神経のない歯が黒ずんでくることがあります。

さらに年齢を重ねるごとに歯茎が自然とやせていくと、歯の根っこが露出してしまうことがあります。歯根は黄色く見えることが多いのですが、神経を除去すると黒ずんで見えることがあるため、それが露出すると黒く見えてしまうのです。

歯茎が黒いとどんなデメリットがあるの?

歯茎が黒いとどんなデメリットがあるの?

ではこのように歯茎が黒いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

歯茎が黒いことのデメリットは、やはり見た目の問題は大きいです。口を大きく開けて笑ったときに歯茎が黒ずんでいると、どうしても見た目の印象が下がってしまいます。また歯茎が黒いということは、金属が溶け出している可能性があるため、金属アレルギーになる恐れもあります。歯茎が下がっているのであれば虫歯になりやすくなります。

歯茎の黒ずみを防ぐ方法

歯茎の黒ずみを防ぐ方法

歯茎の黒ずみを予防するにはどうすれば良いのでしょうか。

まず原因についてもう一度おさらいしてみましょう。原因の一つは金属が溶け出したことによる黒ずみです。そしてもう一つが虫歯による黒ずみです。このうち、前者の金属による黒ずみは、差し歯の素材を選ぶことで、回避することができます。その回避方法を2つみていきましょう。

金属使用の差し歯をやめる

まず差し歯の場合、金属が溶け出す恐れがあるため、金属を使用した差し歯をやめるという方法です。

金属なしの差し歯にはオールセラミッククラウンのほか、次の種類があります。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックと歯科用プラスチックのレジンを混ぜたものです。セラミックの良さと、プラスチックのやわらかい素材の特徴を生かした素材です。ハイブリッドセラミッククラウンを選ぶ理由としては、一番はオールセラミッククラウンよりも安価に治療が受けられるということにあるのではないでしょうか。

ハイブリットセラミッククラウンは比較的安価なレジンが混ざっている分だけ、費用を抑えることができます。またレジンを用いた差し歯よりも、セラミックと混ざっていることから審美性が高くなり、より天然歯に近い見た目が手に入ります。

ただしデメリットとして、レジンはすり減りやすく、強度も耐久性もそこまで高くないという見解もあり、素材としては総合的にみると劣るともいわれています。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンは、人工ダイヤモンドともいわれるジルコニアをフレームとして使用し、外側がセラミックで覆われた、審美性と強度を両立させた素材です。オールセラミック同様、天然の歯に近い見た目を持つ上に、オールセラミックの割れやすく欠けやすい性質をカバーする強度の高さは、とても理想的な素材といえます。

ただデメリットとしては費用がオールセラミックよりも割高になること、硬すぎて噛み合う天然の歯を傷つけてしまう恐れがあることなどがあります。

ジルコニアの詳細はこちら

金属不使用の土台にする

また差し歯を使用するときに、土台になる歯に神経がない、歯が小さいなどの場合、人工の土台を立てる方法もあります。この土台に金属が使われていないものを使用するというのも、一つの方法です。土台のことをコアと呼びますが、金属ではないコアの種類にはレジンコア、ファイバーコアなどがあります。

銀歯をセラミックに交換する方法

【まとめ】歯茎が黒い原因とオールセラミックによる対処法

オールセラミックなら、歯茎が黒くならないで済むかどうかについて解説してきました。確かにオールセラミックなら歯茎は黒くならないで済みます。また他にも金属を含まない素材の差し歯や土台を使用することでも、予防策や対策になります。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン