南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミック治療後の違和感はずっと続くの?

「歯の治療を受けたら、歯に違和感がずっと残った」という話を耳にすることがあります。

セラミック治療の場合も、そのような違和感が発生することはあるのでしょうか?

またもしも違和感が発生するとしたら、それはどんな原因でしょうか?

一時的なものならともかく、ずっと違和感が残ってしまうようなら治療を受けるかどうか迷ってしまいますね。そこで今回はセラミック治療後の違和感に関する疑問を解消していきたいと思います。

歯科治療で違和感が発生するのはどんなとき?

セラミック治療とは、歯科治療のクラウン(被せ物)や詰め物(インレー)の素材(補綴材料)としてセラミック系のものを使った治療の総称です。

このため「セラミック治療を行ったために違和感が発生した」というよりも、直接セラミックに関係なく「歯科治療のあとに違和感が残ったが、それがたまたまセラミック治療だった」という可能性も多分に考えられます。

そこでまず、セラミック治療をクラウンとインレーに分け、治療後に違和感が発生しやすいケースにはどのようなものがあるかをみていきましょう。

セラミック治療の詳細はこちら

クラウンの違和感について

クラウンとは歯の折れや割れ・欠けなどの損傷に対する治療で、元の歯を削り、その上に損傷する前の歯の形に整形した人工歯を被せるという治療法です。

また、歯並びの悪さにお悩みの方の場合、天然の歯を削って人工歯を被せることによって歯の大きさや形を整える矯正治療を行うことがありますが、セラミックによるこうした矯正は「セラミック矯正」と呼ばれます。

セラミック矯正の詳細はこちら

クラウンを被せることによって治療後に違和感が発生した場合、主にその原因として考えられるのはクラウンの加工不良または調整不良です。

セラミッククラウンの加工には、「プレス」と「CAD/CAM」の2種類があります。

プレスとはいわゆる「鋳型」のことで、高温で融解したセラミックを型に流し込んでクラウンを形作り、それに微調整や補正を施して完成させます。

最近の主流となっているのはCAD/CAMで、これは歯の形を3Dスキャンで撮影し、3次元データをもとにセラミックの塊からクラウンを削り出していくという加工技術です。

いずれにせよ、破損する前の歯の形にできる限りクラウンを近づけ、なおかつ削った元の歯に装着した際にしっかりとフィットさせなくてはならないわけですから、その造形には高い精度が要求されます。

出来上がったクラウンの形状が適切で、元の歯の位置に固定できれば違和感なく(あったとしても最小限度で)フィットしますが、わずか数ミクロンといった誤差でも大きな違和感が発生する場合があります。

セラミッククラウンの詳細はこちら

インレーの違和感について

インレーとは、虫歯などの治療のために歯を削った際、削り取ってできた穴を補綴(修復)するために詰め物をする治療法です。

インレーを詰めたことによって治療後に違和感が発生した場合、その原因として考えられるのは、噛み合わせの調整がうまくいっていないケースです。

人間の歯は、上の歯と下の歯がうまく噛み合うことによって食べ物を噛むことができます。

また、永久歯は上下あわせて28本(親知らずを含めると32本)あり、これらの歯が上下それぞれに整列することで、あごの噛む力をうまく分散し、それぞれの歯の役割を果たしています。

このため、歯のどれか一本がわずかでもほかの歯より高く突出したり、逆に低かったりすると歯の噛み合わせのバランスが崩れ、特定の歯に強い力が加わったり、正常とは異なる方向へ力が加わったりしてしまいます。これが歯の違和感のもっとも大きな原因のひとつです。

噛み合わせの悪さに起因する違和感は、歯科治療を受けたほとんどの人が大なり小なり感じるものですが、時間とともに慣れていくのが普通です。

しかし「インレーが元の歯にどうしてもフィットしない。隙間ができる・圧迫される」「治療した部分が高すぎる/低すぎる」など違和感が患者様の適応力以上である場合、違和感は時間とともにさらに増し、痛みや体の不具合などに進展してしまうおそれもあります。

セラミックインレーの詳細はこちら

歯科医師と歯科技工士の技量が左右する

上記の説明のとおり、セラミック治療後に大きな違和感が残る、あるいは違和感がずっと続くといった場合、クラウンやインレーの形状が不適切か、あるいは施術後の調整が不十分ではなかったのかという点をまず疑うべきでしょう。

まず、歯科医師の型取り(スキャニング)が正確だったかどうか、そして歯科技工士がデータどおりにクラウン/インレーを作成したかが問題です。

もちろんクラウン/インレーの取り付け時に歯科医師がミスをしたおそれもありますし、高さ調整なども十分に行われたかどうかをチェックしてみる必要があるでしょう。

自然の調整力「骨代謝」

残念ながら、仮に歯科医師と歯科技工士が完璧なクラウン/インレーを作成したとしても、違和感が残る可能性をゼロにすることはできません。

人間の歯は、噛む力によって大きな圧力がかかります。その力に耐えるため、歯の根元には一定の調整能力があります。

具体的に言うと、歯槽骨(歯と歯茎を支える骨)は、長時間にわたって弱い圧力を加え続けると少しずつ溶けて吸収され(骨吸収)、圧力がなくなると骨を再生する(骨形成)という特性があるのです。こうした働きを「骨代謝」といいます。

施術した歯が高ければ引っ込み、低ければ歯が伸びる(歯の根が浮いてくる)という自然の調整力によって噛み合わせのバランスをとるのです。

このため「施術後の歯は少しくらい高いほうがいい。そのほうがしっかり歯が固定される。そのうち自然に噛み合わせのバランスはとれる」という歯科医師もいます。

しかし「少しくらい」といっても、さまざまな程度があります。また骨代謝の能力やスピードには個人差があるでしょう。そもそも「違和感」という感覚にも大きな個人差があるはずです。

それを見極め、適切な施術が行えるかどうかは最終的には治療を担当する歯科医師の技量に左右されるのです。

【まとめ】セラミック治療後の違和感はずっと続くの?

ここではセラミック治療を受ける際、歯に違和感が残るのではないかという不安を解消するため、セラミック治療と違和感に関する次のような説明をしてきました。

  • セラミック治療とは補綴材料にセラミックを使用した治療の総称であり、セラミックそのものが違和感の原因になることは考えにくい。
  • セラミック治療によって噛み合わせのバランスが壊れるのが違和感の主な原因。
  • 人間の歯の感覚は非常に繊細で、わずかな噛み合わせの狂いでも違和感や痛みなどさまざまな症状につながりやすい。
  • このため、クラウン/インレーの作成・加工や施術には精緻な技術が要求される。
  • 人間の歯には自然調整力があるので、少々の違和感は時間とともに解消される可能性が高い。しかし、一定のレベルを超えると時間とともに違和感はますます増大する可能性がある。

結論として「セラミック治療後に違和感が残ったとしても、普通は時間の経過にともなって解消される。もしずっと違和感が続くようであれば、治療を担当したクリニックや歯科医師に状況を報告し、クラウン/インレーの再調整などの措置をお願いするべき」ということになります。

なお、セラミックは非常に安全な素材であり、ほかの治療に比べてセラミック治療に違和感が生じやすいといったことは考えにくいため、そうした誤解のないようお願いしたいと思います。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン