南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > オールセラミック > 受け口の治療でオールセラミックは適応するの?

受け口は下顎前突といわれる下の顎が上顎よりも前に突出しており、上と下の歯が通常とは反対に噛み合っている悪い噛み合わせのことをいいます。この受け口は、審美治療でよく使われるオールセラミックという素材を利用して治せるというのを耳にして、気になっていませんか?

そこで今回は、受け口のオールセラミックによる治療について見ていきましょう。

受け口とはどんな症状?

受け口とはどんな症状?

受け口とは、歯科の専門用語で「下顎前突(かがくぜんとつ)」や「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼ばれている、不正な噛み合わせの一種です。

歯を噛み合わせたときには、上の歯が下の歯に覆い被さっているのが一般的ですが、下の歯が上の歯に覆い被さっている形になっています。

受け口の原因は、生まれつき上顎が小さい、下顎が大きいなどの骨格の遺伝によるもの、そして後天的なものとして、幼少期に下顎を突き出す癖がつくことや口呼吸などがあります。

受け口がもたらすリスク

受け口がもたらすリスク

受け口は、見た目を気にしており、コンプレックスを持っている方も多いですが、他にもこんなリスクがあります。

例えば、機能面でのリスクです。受け口は噛み合わせが悪いことから、咀嚼において問題が出てくる可能性があります。例えば前歯でものが噛み切りにくいといったことが起きることもあります。特に上の前歯の歯茎や上の前歯の骨に力がかかってしまい、歯がぐらついてしまうことも考えられます。

発音もしにくいことがあり、多くの場合、サ行やタ行の発音がしにくいといわれています。

見た目の審美性だけでなく、機能面でも支障が出てきてしまうと、社会生活を送るのに支障が出てくる可能性もあります。その場合には、受け口を治療する必要があります。

受け口(しゃくれ)の原因と矯正治療

オールセラミックによる矯正で受け口の改善が期待できる可能性もある

オールセラミックによる矯正で受け口の改善が期待できる可能性もある

その受け口の治療方法の一つがセラミック矯正です。土台となる歯を削って、セラミック製の歯を被せることで歯並びを改善する方法です。中でも白く美しい透明感のある歯にできるオールセラミックによる矯正は、受け口の改善をより美しく仕上げられる可能性があります。

セラミック矯正の詳細はこちら

オールセラミックはセラミック矯正で使用する差し歯の中でも、白く美しく透明感がある差し歯です。セラミックは「せともの」と同じ材質を使ったものですが、オールセラミックの場合、せともののセラミックだけでできています。

オールセラミックの詳細はこちら

矯正といえば、歯列矯正がイメージされると思います。例えば、ワイヤー矯正やマウスピース矯正です。この歯列矯正は、補綴(ほてつ)矯正といわれるセラミック矯正と異なり、自分の歯を物理的に移動させて、歯の矯正を行う方法です。しかしセラミック矯正は、自分の歯を移動させるのではなく、人工の歯を被せて全体的な歯並びを調整してきれいにします。同時に綺麗で理想的な歯を入れることができます。

上顎の前歯が小さくて、下の前歯より内側に入っていってしまっているケースなどに適用できる可能性があります。上の前歯をオールセラミックにすれば、適度な大きさにすることができるため、受け口が改善することもあるのです。

受け口の改善には外科手術が必要になることもある

受け口の改善には外科手術が必要になることもある

受け口は、そのすべてがオールセラミックを使用したセラミック矯正で改善できるわけではありません。先ほどもお伝えしたように、歯をセラミックの差し歯に変えることで受け口が改善するという症例になり、限られています。

受け口は、ケースによって治療法が異なりますが、中には骨切り術やセットバックといわれる、骨を削って受け口を治療する外科手術を用いる必要がある場合もあるのです。

骨切り術やセットバックとは、簡単に言えば奥歯の一部を抜歯してそのスペースを活用して顎の位置を調整する方法です。

オールセラミックが適用できるのか、それとも骨切り術のような外科手術が必要になるのかは、歯の状態によって大きく異なってきます。

外科矯正(サージェリーファースト)の詳細はこちら

【まとめ】受け口の治療でオールセラミックは適応するの?

受け口がオールセラミックのセラミック矯正で治るのかどうかをお伝えしてきました。その答えは受け口の原因や状態によって変わってくるといえます。

オールセラミックの治療を受けたいという方は、ただ受け口を治したいだけでなく、歯の白さや形などの美しさも同時に追求したい方であると思われます。

その場合には、あらかじめ審美歯科などの歯科医師にカウセリングなどで相談するのをおすすめします。

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン