南青山矯正歯科 > 歯列矯正 > ガタガタの歯並び!叢生や乱杭歯って歯列矯正で治るの?

悪い歯並びの中でも、叢生(そうせい)と呼ばれるガタガタの歯並びは、見た目がとても気になるものです。別名、乱杭歯(らんくいし・らんくいば)とも呼ばれるこの歯並びは、複雑なので、歯科矯正で治すことができるのか不安になっている方もいるかもしれません。そこで今回は、この叢生(乱杭歯)の原因や放置するデメリット、治療法をご紹介します。

叢生(乱杭歯)とは?原因は何?

叢生(乱杭歯)とは?原因は何?

叢生(乱杭歯)とは、簡単にいえば、ガタガタの歯並びのことです。歯と歯が重なり合っていたり、ねじれたりして生えている状態で、歯並びがデコボコして乱れている歯並びのことをいいます。この叢生が起きる原因はさまざまです。

生まれつき顎が歯よりも小さい・成長が遅い

多くの場合、顎の大きさが小さいことで歯が生えるスペースが足りず、全部の歯が生えるときにおさまりきらず、あちこちに生えてしまうというのが原因です。

例えば、生まれつき顎が小さい場合や、1本1本の歯が顎におさまりきらないということがあり、叢生になりやすくなります。

また、大人になってから顎は普通のサイズになっても、小さい頃に顎の成長が遅く、永久歯への生え変わり時期に間に合わず、スペースを確保できなかったというタイミングにも原因があることがあります。

また、歯並びは多くの場合、遺伝するといわれているため、叢生(乱杭歯)も遺伝が原因のことも考えられます。

乳歯が永久歯に生え変わる過程でできるスペースへの歯の移動

子ども時代に乳歯は、やがて抜け落ちて永久歯へと生え変わりますが、乳歯が抜け落ちるのが早かったなどの原因から、永久歯がなかなか生えてこないことがあります。このとき、永久歯が生えるまでの間にスペースがぽっかり空いてしまうことがあります。すると、奥歯がそのスペースへと移動してしまい、斜めに生えるなどしてしまいます。

また、やっと生えてきた永久歯もすでに歯があって生えにくく、斜めに生えるという状態が複数の歯で起きることで、歯並びが乱れてしまいます。

叢生(乱杭歯)を放置するリスク

叢生(乱杭歯)を放置するリスク

叢生(乱杭歯)を放置すると、次のようなリスクがあります。

見た目の印象を下げてしまう

一番は、やはり見た目が気になることです。若いうちは思春期に差し掛かれば特にコンプレックスにつながりやすくなります。

また、社会人になると、見た目が信頼に大きく関わり、ガタガタの歯ではなかなか印象が良いとは言い難いところがあります。見た目の印象は、社会で活躍すればするほど、重要になってきます。叢生(乱杭歯)を放置することは見た目の印象を大きく下げてしまい、社会人としてマイナスになってしまう恐れがあります。

虫歯・歯周病のリスクが高まる

叢生(乱杭歯)を放置すると、虫歯・歯周病のリスクが高まります。

その第一の原因は、ブラッシングがしにくいことで、プラークがたまりやすくなることにあります。プラークは、歯と歯の隙間に入り込みやすくなり、やがて歯石となって硬くなり、もはや歯ブラシやデンタルフロスでは除去できなくなってしまいます。

歯周病の原因となり得ることから、叢生(乱杭歯)の場合は、入念なブラッシングが欠かせません。しかしきれいな歯並びの人でもなかなか完全にプラークを落とし切ることはむずかしいものです。虫歯・歯周病リスクを軽減させるためにも、叢生(乱杭歯)を放置するのは避けたいものです。

歯周病の原因と治療方法

咀嚼がしにくい

叢生(乱杭歯)の歯は、正常な歯並びと比べて、ものが噛みにくくなるといわれています。すると食べ物が十分咀嚼されないまま食道を経て胃腸に入り、消化不良を起こす可能性もあります。身体に負担がかかってしまうのです。

入れ歯やインプラント治療で費用が大幅にかかる可能性がある

叢生(乱杭歯)を放置して、将来、歯を失い、入れ歯が必要になったときにはうまく装着できずに普通よりも費用と期間が多くかかることがあるといわれます。それはインプラント治療においても同様です。

叢生(乱杭歯)の治療方法

叢生(乱杭歯)の治療方法

叢生(乱杭歯)は、大人と子どもで治療法が変わってきます。

大人の叢生(乱杭歯)の治療方法

歯の状態によって、ワイヤー矯正やマウスピース矯正、セラミック矯正が選択されます。ワイヤー矯正は適応症例も多いため、ほぼすべての人が受けられるでしょう。しかしワイヤー矯正やマウスピース矯正は1~3年矯正期間を要することから、よく先まで計画を立てて治療を受ける必要があります。その点、2~3ヶ月の短期で矯正が終了するセラミック矯正は、適応すれば検討したい治療法です。

歯列矯正の詳細はこちら

子どもの叢生(乱杭歯)の治療方法

小児矯正の場合、顎や歯がまだ成長している最中のため、叢生(乱杭歯)の多くの原因である「歯が並びきらない」ことを避けるために、顎を矯正装置で広げる方法がよくとられます。

また、指しゃぶりや舌癖などの、叢生(乱杭歯)につながるリスクのある悪い癖を治すMFT(口腔筋機能療法)という口周りのトレーニング方法も有効とされています。

小児矯正(子供矯正)の詳細はこちら

【まとめ】ガタガタの歯並び!叢生や乱杭歯って歯列矯正で治るの?

叢生(乱杭歯)は、歯科矯正で治療することができます。

状態や程度によって治療方法は変わりますが、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、セラミック矯正いずれも治療できる可能性があります。早期から治しておくことは、見た目だけでないメリットが得られることを知っておくことは重要です。

乱杭歯(ガタガタした歯並び)とは デメリットや治療・矯正方法について

叢生の原因と矯正治療

歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン