電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

オールセラミック 矯正とは

オールセラミック

多くの方がオールセラミックによる矯正を検討されています。セラミック矯正の中でも、オールセラミック矯正を選ぶことで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
確かに、セラミック矯正で使われる素材は他にもあります。その中で、最もポピュラーなオールセラミックは、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットなども確かめていきましょう。

セラミック矯正とは?

セラミック矯正で使われる被せ物の種類は、オールセラミックだけではありません。
そもそもセラミックを使った矯正治療は、美しいセラミック製の天然歯に近い歯を手に入れられるほか、歯の色合いや形まで見た目を美しくできる方法です。
矯正といえば、従来のワイヤー矯正やマウスピース矯正などがありますが、これらの歯列矯正とは異なり、セラミック矯正は被せ物などを装着することで矯正する「補綴(ほてつ)矯正」の一つです。自分の歯を削る必要がありますが、削った歯にセラミックを被せることで新しい自分のきれいな歯が手に入るという魅力があります。
また、セラミック矯正には、他にも短期間で費用を抑えて治療が可能というメリットもあるため、忙しい現代人にとってはとても好都合で適しているといえます。

セラミック矯正の種類

セラミック矯正には、オールセラミックの他にも次のような種類があります。

  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック
  • メタルボンド
  • パールクラウン

これらはそれぞれ素材が異なります。また、硬さや透明感、色、適応できる歯並びなども変わってきます。後ほどメリットとデメリットをご紹介するところで、オールセラミックの特性もみていきます。

メタルボンドとは

メタルボンドとは、金属が裏打ちされた補綴物の表面に、セラミックが被さっているものです。陶材焼き付け冠と呼ばれることもあります。金属がベースとなっているため、強度が高く、耐久性があります。
このメタルボンドは、よく奥歯の被せ物やブリッジなどの治療に使われています。また、金属が裏打ちされていることから、外からは中の歯が透けて見えることはありません。そのため、神経が死んでしまった歯が変食してきたという場合にも使われています。

オールセラミック矯正とは?

セラミック矯正の中でも、オールセラミック矯正は最も人気のある方法です。オールセラミックは、100%陶材を使っているということです。陶材とは、私たちが普段使っているお皿やお茶碗と同じ陶器の素材です。
その一番の特徴は、透明感が高く、質感が最も天然の歯に近いところにあります。ただし、強度の面で劣るといったことから、適応できる歯並びや歯の形が限られてきます。

オールセラミック矯正のメリットとデメリット

オールセラミック矯正を検討しているのであれば、メリットとデメリットの両方を理解した上で治療に望むことが大切です。

オールセラミック矯正のメリット

透明感が強く、より自然な歯に見せることができる

オールセラミックは、基本的に透明感がセラミックの中でも高いため、質感が天然の歯に近いというメリットがあります。
矯正治療を受ける方は、おそらく自分の歯に自信がなく、コンプレックスを持っていることもあるでしょう。そのような方が、セラミックのようなきれいな見た目の白い歯で、美しい形の歯を自分の歯として手に入れられるというのは、うれしいものです。そのようなニーズからも、オールセラミックは最もポピュラーであるようです。
歯科矯正は歯並びと噛み合わせを改善するものではありますが、審美性も同時に高められるのがオールセラミックの最も大きなメリットです。

色の種類が豊富で選べる

オールセラミックは、一色ではなく、多くの種類の白い歯が用意されており、そこから最も自分の他の歯の色に合った色を選ぶことが可能です。これにより、治療した歯だけが不自然な歯の色になることはありません。

歯を噛み合わせたときに、歯を傷めない

オールセラミックは天然の歯に近い硬さなので、噛み合わせたときに他の歯を傷つけることはありません。例えば上の前歯の2本をオールセラミックにした場合、下の前歯に噛み合わされることになります。しかし、下の前歯が上のオールセラミックの歯によって削られることはないため、噛み合わせにも支障がありません。

オールセラミック矯正のデメリット

裏打ちがないため、他のセラミックの歯と比べ強度が落ちる

オールセラミックの一番の欠点は、他のセラミックの歯と比べ強度が落ちるところにあります。これは、セラミックの素材である陶材をイメージしてもらえると分かりやすいです。
お皿は汚れが落としやすく、清潔を保ちやすいものの、落としたりすると割れやすいという欠点がありますよね。それと同じように、セラミックも割れる可能性はあります。ただし、補綴物である以上、お皿のように、陶器同士をぶつけただけで割れるような脆さではありません。なぜなら口の中でものを食べたり、歯を噛み合わせたりする必要があるためです。つまり、普通に噛み合わせをして歯を使うだけなら、ほとんどの場合は割れることはありません。
しかし、歯ぎしりや食いしばりなどが強い方で、頻繁に強い力がかけられ続けてしまうことから、割れる可能性もあります。

適応例が限られる

オールセラミックは、その強度の面から、適応できるケースが限られています。例えば、歯のない場合に、両隣の歯を削って作るブリッジとして使ったり、噛み合わせが深かったり、噛み合わせが強かったりする場合にはオールセラミックは使用できません。

透明感があるため、中の歯によっては治療ができない

オールセラミックは、最も透明感があるとメリットのところで紹介しましたが、その分、中の歯に金属の土台を使用していたり、中の歯の色味が黄色や黒ずみなどで目立ったりしている場合には適応外となり、治療ができないことがあります。

高価である

セラミック治療は、基本的に治療費が高いのがデメリットです。中でも、オールセラミックは100%陶材なので、その分、金属を使用したメタルボンドなどと比べると高価になります。ただ、強度のあるジルコニアセラミックよりは安価になります。

前歯4本しか使えない

オールセラミックで矯正する場合、基本的に前歯4本だけになります。これも強度の面からの理由です。

オールセラミック矯正の治療方法・流れ

オールセラミックでセラミック矯正を行う場合、どのような流れで治療が行われるのかご紹介します。

  • 検査・カウンセリング
    まず口の中を検査し、カウンセリングを通してオールセラミックに適しているか確認します。
  • 歯の型を取る
    歯の型取りをしてもらいます。
  • 歯を削る
    オールセラミックの被せ物を被せるために、元の歯を削ります。
  • 仮歯を装着する
    オールセラミックの歯が出来上がるまでの期間、仮歯で過ごすことになります。
  • 再度通院し、出来上がったオールセラミックの被せ物を被せる
    仮歯を取り、オールセラミックの被せ物を被せて完了です。

オールセラミックのメンテナンスについて

オールセラミック治療の後は、メンテナンスを定期的に受けることによって、その美しさを保つことができます。
なぜ、メンテナンスが必要なのかと思われることもあるかもしれません。しかし、細菌が付着しにくいセラミックの差し歯であっても、他の天然の歯と同様に虫歯や歯周病リスクが減るわけではありません。定期的に口の中をメンテナンス(定期検診)することが大切です。
また、セラミックの歯は噛み合わせも大切です。噛み合わせている歯が削られていないかどうかなど、しっかり確認しておくことは、長きに渡って物をしっかり噛むためにも必要です。ご自身の将来のために、定期メンテナンスを自分事にされるのをおすすめします。


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリットを解説 http://dental-shinbi.com/22
差し歯による歯茎の黒ずみを避けたいならセラミックがおすすめ http://dental-shinbi.
ガタガタの歯並びは歯科矯正で治せるの? http://dental-shinbi.com/2206/
セラミック矯正の費用相場と安くて口コミ(評判)の良い審美歯科の選び方を解説! htt
上部に戻るボタン