電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

メタルボンド セラミック矯正

メタルボンド

セラミック矯正はなんとなく分かるものの、歯の素材の種類が多く、またどう違うのか分からず迷っている方も多くおられます。
ここでは、セラミック矯正の概要と種類を紹介し、特にメタルボンドという種類についてご紹介します。セラミック矯正により、自分の長い間に渡って使う歯を得ることになるため、ぜひその特長をよく知って、慎重に選びましょう。

セラミック矯正とは?

そもそもセラミック矯正とはどんなものなのでしょうか。
セラミック矯正とは、矯正方法の一つですが、従来の歯列矯正のように矯正装置を使うのではなく、矯正したい歯やその周囲の歯を削り、セラミック製の被せ物をすることで希望の歯並びや歯の形にする治療のことをいいます。
歯列矯正といえば、従来はワイヤー矯正が主流でした。しかし、ワイヤーは目立つこともありますし、長期間、そのワイヤーを着けることになります。生活にも支障が出るため、なかなか大人になってからは敷居が高い方法といえます。
また、最近では透明なマウスピース矯正で見た目がよく、さらに自分で取り外せるメリットから、人気を博しています。しかし、確かに便利ではあるものの、1日20時間程度の装着の手間があり、習慣化する必要があります。
このような中、他の歯科矯正と比べセラミック矯正は費用を抑え、短期間で歯並びを改善することができるという大きなメリットがあります。
適応できるケースも多いので、多くの人が検討することができます。例えば、出っ歯、すきっ歯、八重歯、受け口などのあらゆる歯並びに対応しています。
そして何より、セラミック矯正は、審美性に優れており、セラミックならではの特長を享受することができます。

セラミック矯正で使用する歯の種類

セラミック矯正で用いられる歯の種類には、次のようなものがあります。

  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック
  • メタルボンド
  • パールクラウン

セラミックの素材は、陶材という、私たちが普段食事をしている陶器のお皿と同じ素材を使った人工歯のことをいいます。これは歯科用語でいうと、「補綴物(ほてつぶつ)」と呼びます。このセラミック矯正の種類いずれも、セラミック素材が使われています。
例えば、オールセラミックには陶材が100%使われており、ジルコニアセラミックは、ジルコニアというセラミックの中でも硬い素材が使われています。そのような中、メタルボンドは金属とセラミックの素材が両方使われているものです。

メタルボンドとは

メタルボンドとは、金属が裏打ちされた補綴物の表面に、セラミックが被さっているものです。陶材焼き付け冠と呼ばれることもあります。金属がベースとなっているため、強度が高く、耐久性があります。
このメタルボンドは、よく奥歯の被せ物やブリッジなどの治療に使われています。また、金属が裏打ちされていることから、外からは中の歯が透けて見えることはありません。そのため、神経が死んでしまった歯が変食してきたという場合にも使われています。

メタルボンドのメリットとデメリット

では、メタルボンドという種類のメリットとデメリットをみていきましょう。

メタルボンドのメリット

金属を使用しているため耐久性がある

メタルボンドは、100%セラミックのオールセラミックなどと比較して、金属を裏打ちしているため、その分耐久性が高くなります。もともと、セラミックの欠点は、割れることがあるというところにあります。その点、メタルボンドは金属が同時に使用されていることで、その割れやすい欠点をカバーすることができています。

中の歯の色の影響を受けない

オールセラミックなどは、セラミックだけでできているので、透明度が高いのが特徴です。その分、見た目が美しいですし、より自分の天然の歯に近いのでメリットではあります。しかし、セラミック治療は自分の歯に被せる形であるため、あまりに透けているとその中の自分の歯が透けて見えることがあります。自分の歯が白ければいいですが、黄ばんでいたり、黒ずんでいたりする場合にはそれが透けて見えてしまう欠点があります。一方、メタルボンドは金属があるため、セラミックの透明度が高くとも、中の歯の影響を受けることはありません。

セラミック矯正全般のメリットが得られる

もちろん、メタルボンドも金属を使用しているとはいえ、セラミックの美しい見た目を得られます。自分の歯に近い色合いで、銀歯と比べて見た目が美しくなります。前歯のすきっ歯や出っ歯などの矯正には適しているといえます。また、セラミックのメリットである、歯垢がつきにくく、着色がしにくいという点も、メタルボンドのメリットでもあります。

治療費が抑えられる

メタルボンドは、他のオールセラミックやジルコニアセラミックなどと比べて、治療費を抑えることができます。セラミック矯正はどうしても費用がかかりますが、その中でも、少し費用を抑えたいという人に向いています。

適応できる歯並びや歯の場所が多い

メタルボンドは、基本的にどの歯にも被せ物として使えますし、ブリッジもできます。適応できる歯並びや歯の場所が多いのも大きなメリットといえます。

メタルボンドのデメリット

金属アレルギーの人には使用できない

メタルボンドは金属を使用しているため、金属アレルギーの人には使用できません。また、アレルギーではなくとも、歯茎が黒くなることがあります。

透明感が多少落ちる

金属の上にセラミックが焼き付けられていることから、透けて中の歯が見えないというメリットが、透明感が下がるというデメリットとなることもあります。

メタルボンドによるセラミック矯正の治療方法・流れ

メタルボンドでセラミック矯正を行う場合、どのような流れで治療が行われるのかご紹介します。

  • 検査・カウンセリング
    はじめに、カウンセリングを行い、また口の中を診察して、患者様の希望の仕上がりなどがメタルボンドに適しているかを確認します。
  • 歯の型を取る
    これから矯正する歯の型取りをします。
  • 歯を削る
    メタルボンドの被せ物を被せるために、元の歯を削ります。
  • 仮歯を装着する
    メタルボンドの被せ物ができあがるまでの期間、仮歯で過ごすことになります。
  • 再度通院し、出来上がったメタルボンドの被せ物を被せる
    仮歯を取り、メタルボンドの被せ物を被せて完了です。

メタルボンドは、耐久性が高く、安価にセラミック矯正が基本的に受けられるセラミック治療法です。そのメリットとデメリットをよく理解して選んでみてください。

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン