電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 歯列矯正 > セラミック矯正 > パールクラウン セラミック矯正

パールクラウン セラミック矯正

パールクラウン

セラミック矯正に興味があって受けたいけれど、費用の面でちょっと…と足踏みしている方にとって、奥歯の矯正であればおすすめできるのがパールクラウンを使ったセラミック矯正です。パールクラウンというのは耳慣れない名称ですが、セラミック矯正で使用される歯の素材の一つです。
ここでは、パールクラウンによるセミラック矯正の概要や特徴などをご紹介します。

セラミック矯正とは?

セラミック矯正は短期間で歯並びがよくなる治療方法です。
従来の歯科矯正といえば、ブラケットやワイヤー、マウスピースを数年の間、取り付けることで、歯を移動させて矯正する方法でした。
もちろん、今でも多くの歯科矯正はこの方法で行われていますが、セラミック矯正はそれとは大きく異なる矯正法です。
セラミック矯正は、歯列や歯の形を矯正できるのには変わり在りませんが、矯正したい歯やその周りの歯を削り、そこへ、セラミックの差し歯を被せる方法です。セラミックは天然の歯のように形作られ、自分の歯にぴったり合うようにしてから被せるので、違和感はまったくありません。むしろ自分の歯をそのまま動かして矯正するよりも、美しい歯と歯並びが手に入るともいえます。
このセラミック矯正で使われる素材には、セラミック100%のオールセラミック、ジルコニアセラミック、メタルボンドなどがありますが、その一つにパールクラウンがあります。

セラミック矯正に使われる歯の素材の種類

セラミック矯正には、パールクラウンの他にも次のような種類があります。

  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック
  • メタルボンド
  • パールクラウン

パールクラウンによる矯正の特徴

では、パールクラウンは他の素材と比べてどのような特徴があるのでしょうか。
パールクラウンの素材は、100%ジルコニアです。パールとは真珠のことですが、パールクラウンは真珠ではありません。「真珠のように白くて美しい」という意味合いになります。
しかしながら、パールクラウンは、100%セラミックのオールセラミックやジルコニアセラミックと比べて透明感が劣るため、前歯などに使用すると目立ってしまいます。そこでパールクラウンは、目立たない奥歯に使用されることが多くなっています。
パールクラウンに使用されているジルコニアは「人工ダイヤモンド」とも呼ばれるもので、非常に硬いのが特徴です。奥歯は比較的強い力がかかるため、ジルコニアなどの強度の強い素材が適しています。よって、パールクラウンが奥歯に使われることはとても意味があるといえます。

パールクラウンによる矯正のメリット・デメリット

パールクラウンによる矯正のメリットとデメリットをみていきましょう。

パールクラウンによる矯正のメリット

ジルコニアでできているため金属より丈夫

パールクラウンは、内面、外面すべてがジルコニアからできているため、金属よりも丈夫で強度が高いです。よって、奥歯に適しています。

透けないので中の歯の色の影響を受けない

パールクラウンは真珠のように透明感がほとんどないため、中の歯の色がどのようでも透けて見える心配はありません。

金属アレルギーの心配がない

ジルコニアを使ったパールクラウンには、金属は一切使われていないので、金属アレルギーの方でも使えます。

矯正費用が抑えられる

パールクラウンは、他の素材と比べ安価で、セラミック矯正を受けたい方に向いています。ジルコニアのブロックを機械で削り出すことで作られるため、コストを抑えることができます。

パールクラウンによる矯正のデメリット

噛み合わせによっては歯を傷つける可能性がある

パールクラウンは強度が高いため、硬すぎて噛み合わせる歯を傷つける恐れがあります。

透明感に劣り、色数も少ない

セラミックというと、透明度が高く、色の種類が豊富で選べるのがメリットですが、パールクラウンは、透明感が劣る上に、3種類程度といった少ない色の種類から選ぶことになります。

光沢感が強いため違和感が出る

パールクラウンは、真珠をイメージしてもらえれば分かる通り、少し光沢があります。それそのものはきれいですが、歯として並べると天然の歯と比べて少し違和感があります。

パールクラウンによる矯正の治療方法と流れ

パールクラウンによる矯正を行う場合、どのような流れで治療が行われるのかご紹介します。

  • 検査・カウンセリング
    まず患者様の口の中を検査し、カウンセリングで希望の仕上がりなどをお伺いして、パールクラウンに適しているか確認します。
  • 歯の型を取る
    自分の矯正したい歯の型取りをします。
  • 歯を削る
    パールクラウンの差し歯を被せるために、元の歯を削ります。
  • 仮歯を装着する
    パールクラウンの歯が出来上がるまでの期間、仮歯で過ごすことになります。
  • 再度通院し、出来上がったパールクラウンの差し歯を被せる
    仮歯を取り、パールクラウンの差し歯を被せて治療終了です。

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン