ケンライン

ケンラインとは

ビフォーアフター ケンラインケンライン ビフォーアフター

ケンラインとは、マウスピース型矯正装置を用いて歯牙の移動を促して歯列を整える、日本のケン・デンタリックス株式会社が提供するデジタル矯正システムです。

ケンラインは従来からあるアナログ的な歯列矯正と違い、フルデジタル処理により構築された3次元モデルのシミュレーションをもとに、ミクロン単位で精密に製作されたマウスピースを一定期間おきに付け替えていく歯列矯正です。

ケンラインの特徴

ケンラインでは、歯科医師の診断によってフルデジタル処理で設計された、マウスピースタイプの矯正装置を使用します。

周囲の視線によるストレスがない

ケンライン最大の特徴は、矯正装置を装着している状態でも、周囲の視線を感じることなく矯正治療を進めていけます。また重要な場面ではご自身で装置の着脱が可能なため、日常生活の制限を受けません。

フルデジタル処理による最先端の3Dシミュレーション

3Dシミュレーションの流れ

  • フルデジタルの診断は、コンピューターにより最終ステップまでの診断情報画像を確認することができます。

フルデジタル診断によって、ミクロ単位の精度で移動量が計算された最終ステップまでのシミュレーション画像と動画を確認することができます。患者様は最終診断イメージのシミュレーションが可能です。

理想的なアタッチメント設計

  • 理想的なアタッチメント設計。さまざまな患者様の歯冠形態や移動を考慮し、移動量を計算しております。

ケンラインでは、カスタムメイドで歯冠形態や歯牙移動を考慮した理想的なアタッチメント設計が可能で、ダイナミックな歯牙移動を実現します。

金属アレルギーのリスクがない

ケンラインは強化プラスチックを使用したマウスピースを使用で、金属アレルギーのリスクがありません。

矯正期間中の虫歯・歯周病リスクが軽減

ケンラインは、従来からある歯列矯正と比べ矯正装置の着脱が可能です。それによりセルフケアが通常通り行えるため、口腔内を清潔に保て、虫歯、歯周病のリスクが軽減します。食事の際にも取り外して飲食いただけます。

ケンラインシミュレーション動画

すきっ歯の症例
出っ歯・八重歯の症例
ガチャガチャした前歯の症例
下の前歯の叢生の症例

ケンライン矯正中の痛みについて

ケンラインは、一般のワイヤー矯正と同じように、歯牙を動かすための最適な力を継続的にかけることで、歯並びを改善する矯正方法です。このため、普段かからない力が歯に加わるので、装着直後はいつもと違う感覚や違和感を感じる方が多いです。

感覚の種類としては、歯がゆい場合、締め付けられる感覚、弱い痛みとして鈍痛、痛いまでいかずとも違和感を感じるなどがあります。これは歯が動いている証拠です。特にこれらの感覚が強いのが、装着して間もない1~2日です。この痛みは、必ず時間の経過とともに治ります。人によっては、新しいマウスピースに交換するたびにこの感覚が起きる可能性もあります。

ケンラインは他の歯列矯正と比べ、痛みに弱い方にも最適な矯正方法ともいえますが、どうしても辛いときは、ご自身で外すことも可能です。外している期間や回数が多いと、思ったように歯が動かなくなりますので、まずは担当の歯科医師に相談してみましょう。恐怖心の強い方には痛み止めを処方することも可能です。

ケンラインのマウスピース装着について

基本はマウスピースを装着するだけ!

  • 1日のマウスピースの装着時間は、睡眠時間と合わせて20時間以上装着します。装着時間が十分でないと、治療期間が延長する恐れがあります。
  • マウスピース装置の変形を防ぐため、食事のとき、熱い飲み物を飲む時は装置を外します。
  • 食後は歯を磨き、マウスピースを洗浄後に再度装着します。

ケンライン(KENLINE)は症例に合わせ、歯科医師の診断のうえ、ステップ毎に治療を進めていきます。 最終セットアップを目標にハード装置を装着します。

  • マウスピース矯正は患者様のお口の状態により、ステップ数や通院回数などが変ります。

シングルステップはステップごとに歯科医院に通います。

シングルステップについて

シングルステップでは毎回通院し印象を採る必要があります。

ケンラインのステップ数について

ケンライン7・ケンライン7プラス・ケンラインロングのメニューの選択は、歯科医師の診断によります。ステップ数は7ステップから最大で48ステップ(約2年分)症例に合わせたステップとなります。

ケンラインの治療期間について

  • ①ケンライン7の場合 約2週間〜14週間:2週間間隔で1ステップ、ハード装置
  • ②ケンライン7プラスの場合 約2週間〜28週間:2週間間隔で1ステップ、ハード装置
  • ③ロングステップの場合 約96週間が目安:2週間間隔で1ステップ、ハード装置

リテーナーとは(保定装置)

リテーナーとは矯正装置を外した後に、移動した歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」を防止するために使用する装置です。歯の移動は、矯正装置によって力をかけられた歯の周りの骨(歯槽骨)が溶け、 溶けてできた隙間に新しい骨ができることを繰り返して起こります。

矯正治療後しばらくは、歯根が動きやすい状況にあり、歯が動いてしまう可能性が高い状態にあります。リテーナーは、歯の安定や歯列の保持を目的として、矯正にかかった期間と同等の期間を装着し続ける必要があります。

ケンラインの矯正治療の流れ

矯正をしたいけれど矯正装置が目立つのは嫌、大切な予定の時は自分で外したい、そんな方におすすめなのがマウスピース矯正です。ケンラインはマウスピース矯正ブランドの一つで、安心の日本製であり、治療前に3Dデジタルシミュレーションで、動いていく自分の歯を確認することができるのが特徴です。

  • 1.カウンセリング

    カウンセリング ケンラインカウンセリング

    カウンセリングでは60分程度かけて、口の状態確認、お悩みについて、ご希望の仕上がりなどをお尋ねし、ケンラインでの歯列矯正のメリットとデメリットや、注意点、大まかな矯正期間や治療費のご説明をします。

  • 2.検査

    検査 ケンライン検査

    検査では60分かけて、より正確な治療期間や費用、仕上がり、適応の可否をご説明するために必要な資料採りをします。レントゲン撮影、顔貌、口の写真撮影、歯型や咬み合わせの記録を採取します。

  • 3.診断

    診断 ケンライン診断

    検査結果をもとに、ケンライン専門の女性歯科医師の指示とケンライン専用歯科技工士とメーカーが共同で治療計画を立案します。最小限の矯正期間と治療費用で、最大限の効果を発揮するための最適な計画を練ります。

  • 4.検査結果のご説明

    検査結果の説明 ケンライン検査結果の説明

    2週間後に検査結果のご説明を30分程度かけていたします。ケンラインは、直接患者様が3Dシミュレーションを画像と動画で確認することができます。そのため、仕上がりイメージも明確です。

    より効率的に歯を動かし、矯正期間を短くするためのアタッチメントと呼ばれる装置や抜歯せず歯に隙間を作るための最小限の歯と歯の間の研磨(ディスキング)などがあれば、いつ、どのタイミングで行うのかも事前にご説明します。

  • 5.術前治療

    術前治療 ケンライン術前治療

    歯列矯正に共通していますが、矯正期間が長く、装置の装着時間も長いため、事前に虫歯や歯周病治療は済ませておく必要があります。

  • 6.マウスピーストレーの製作

    トレーの製作 ケンライントレーの製作

    治療計画をもとに、ケンライン専門技工士とメーカーによりマウスピーストレーを作製します。基本的には全てのステップまでのトレーを作製できますが、もし予定通りに歯が動かなかったときに備え、当院では必要なトレーだけを製作する指示をして、矯正中も柔軟に対応できるようにしております。

  • 7.マウスピーストレー装着の指導

    トレー装着の指導 ケンライントレー装着の指導

    初回のマウスピーストレーの装着をして、動的期間の開始です。初めてのトレーの装着は、装置に慣れることが大切です。

    装置の着脱は、歯を動かすためにややきついため、歯、歯肉、指などを傷つけない取り外し方をご説明し、練習していただきます。保管方法、装置やお口の清掃方法、トラブルへの対処方法などもご説明します。

  • 8.動的期間

    動的期間 ケンライン動的期間

    1日20時間以上のマウスピーストレー装着と4週間に1回程度の通院で調整していきます。その際に歯のクリーニングも行い所要時間は30分程度です。

    マウスピーストレーは、食事や歯磨きの際は取り外していただきます。その他の大切な予定などの際は取り外せるのが、マウスピース矯正の特徴です。

  • 9.保定期間

    保定期間 ケンライン保定期間

    動的期間が終了したら保定装置を装着して、保定期間に入ります。長期間かけ、ゆっくり歯を動かしてきましたが、歯列矯正は後戻りの心配があります。できるだけ後戻りしないよう、動かした期間と同程度の期間、保定装置の装着をおすすめします。

  • 上記の期間は目安です。症例によっては前後する場合があります。
メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
ケンライン ケンライン7 上下顎 259,900円
ケンライン7プラス 上下顎 467,500円
ケンラインロング 上下顎 967,700円
検査代 20,000円
リテーナー 40,000円
毎回の診察料 5,000円
ケンラインの治療中に虫歯になってしまったらどうすればいいですか?

虫歯が確認された場合、すぐに虫歯治療を行います。そのままマウスピースをはめて矯正を行うことが難しいためです。

特にマウスピースを装着していると、唾液の循環が普段よりも少なくなるため、自浄作用という唾液の機能が通常よりも落ちてしまう恐れがあります。自浄作用は虫歯予防にも役立っていることから、マウスピース矯正中は虫歯になりやすいと考えられます。

マウスピース矯正装置を着けていると滑舌が悪くなりませんか?

ケンラインは、ホームホワイトニングや歯ぎしり防止用のマウスピースに比べ、歯や顎を覆う面積が小さく、歯だけを覆う形態になることがほとんどです。そのため、比較的にその他のマウスピースよりも違和感が少ない矯正装置です。

個人差はありますが慣れてくるまでは、装着している違和感や舌足らずな感じになる場合がありますが、慣れてくれば問題なく会話ができます。

飲み会や会食時などは基本的に外して、装置も洗浄してから装着するほうが虫歯や歯周病のリスクが減ります。

慣れてくる目安としては、早い方で装着して1~2時間程度、長い方でも2~3日で問題なく使用できるようになることが多いようです。どうしても大切な機会がある場合は、ご自身で取り外すことができますので、外してしまえば違和感は一時的になくなります。

ただし、矯正装置を外す時間や回数が多すぎると、希望通りに歯が動かず矯正期間が延びることがございますので注意が必要です。ご不明点はお気軽に担当歯科医師にご相談ください。

ケンラインのマウスピースでホームホワイトニングは併用できますか?

マウスピース矯正は透明のマウスピーストレーを使用し、ホームホワイトニングも透明のホワイトニングトレーを使用しますので、マウスピース矯正中でもホワイトニングの併用は可能です。ケンライン装着中にホワイトニングもできて、歯並びも歯のお色も同時にキレイにできます。

しかし、ケンラインでは初回の精密検査の結果、アタッチメントと呼ばれる歯と同じ色のプラスチック装置を専用接着剤で歯に装着することがあります。この装置が付いた場合、装置の部分はホワイトニングで白くできないため、ケンラインの治療がすべて終了して、アタッチメントをきれいに外した状態で改めて、リテーナーと呼ばれる保定装置を利用して、ホームホワイトニングを行うこともあります。

歯並びの程度、矯正期間、お口の状態によって、アタッチメントの有無は変わってきますので、担当の歯科医師に希望を伝え、同時治療の可否を確認しましょう。

マウスピースを紛失や破損したらどうなりますか?

ケンラインのマウスピース矯正装置は、初回の検査によって記録した3Dデータをデジタルデータとしてクリニックと技工所に保管されております。そのため、紛失や破損などの場合すぐに再製作が可能となります。ただ、再製作には別途費用がかかりますのでご注意ください。

また、紛失、破損をされた場合、時間が空いてしまうと歯が予定通りに動かなくなる、次のステップのトレーが装着できなくなるなどと治療計画の変更が必要となる場合がございますので、できるだけ早めに当院へお知らせください。

マウスピーストレーは、プラスチックに近い素材ですので、踏んでしまったり、重いものを載せてしまったりすると非常に壊れやすく、温度変化にも弱いため、環境によっては変形して歯に装着できなくなることがあります。

ワイヤー矯正より矯正期間を短くすることはできますか?

ケンラインのマウスピース矯正は、初回の精密検査によって患者様のお口の状態を3Dシミュレーションにてデジタル化し、診断、設計を行います。矯正期間によって、どの程度歯を動かすかシミュレーションできるため、矯正期間を決めて診断結果を出すことも可能です。

このようにご希望の矯正期間をおおよそ指定することができますので、ワイヤー矯正に比べて短期間で終了することも可能です。しかし、歯を動かす歯列矯正の原理原則として、歯を動かすのに最適な力を継続的にかけ続けることが大前提ですので、矯正期間を短く指定すると、当然ながら仕上がりは変わります。

また、矯正期間を短くする手技として、マウスピース矯正はスぺース不足を抜歯ではなく、IPRと呼ばれる歯と歯の間のダイエット(エナメル質の範囲内でのやすりなどによる削合)や、アタッチメントと呼ばれるプラスチックに似た歯と同じ白い色の突起を歯の表面に歯科用接着剤で装着することで、歯の動きを早める方法を併用することがあります。 これにより、透明のトレーを装着するだけの状態よりも、仕上がり、矯正期間ともに効果を上げることができます。

未成年でもケンライン矯正はできますか?

ケンラインは、未成年の方もお受けになれるようになりました。ただし、第二大臼歯が完全に萌出されているなどの条件があります。

マウスピース矯正は、透明のトレーを装着するため周囲にバレにくく、思春期の世代の方でも抵抗を少なく治療をお受けになれます。また、吹奏楽やスポーツなど部活動を頑張るお子様でも、部活中に装置を取り外すことが可能なため、支障が少ないでしょう。

勉強などでストレスが溜まると歯ぎしりや食いしばりが起こることがありますが、マウスピース矯正ならその過剰な力から、顎や骨を守る働きもします。

未成年の方にとって、非常に導入しやすい歯科矯正の一つです。必ずしも年齢によって適応の可否が決まることはありません。

ケンラインのページをご覧の皆様へ

このページでは透明のトレーを装着することで、ご自分の歯を動かし歯並びを改善するケンラインについてご確認いただけます。

当院ではケン・デンタリックスによるセミナーを受講し、ライセンスを持つドクター(すべて女性歯科医師)が在籍しております。審査診断まで一貫した担当医制で治療にあたります。ケンラインは日本製で唯一の3Dシミュレーションを採用しているマウスピース矯正メーカーで、日本製であるため不測の自体にも迅速な対応が可能です。

ケンラインの治療を担当する歯科医師

ケンラインの治療概要

治療方法 ケンライン
治療説明 ケンライン は 透明のマウスピース矯正の種類の一つで、3Dデジタルシミュレーションを駆使した製品で、国内製による目立ちにくい装置による矯正治療です。
治療費 259,900円〜967,700円(税別)
治療の副作用(リスク)
  • 装着時間が守られない、使用方法が守られない、特殊な形状の歯が存在する場合、虫歯、歯周病、歯肉炎、歯の脱灰などが生じる、治療が長期化する可能性や事前のシミュレーションどおりの結果を発揮できない可能性があります。
  • トレー装着により、擦り傷や痛み、圧痛、発音への影響、下のもつれ、一時的な唾液の増加または口の渇きが起こる可能性があります。
  • 咬み合わせが変化することで違和感や不快感を感じることがあります。
  • 矯正期間中にアタッチメントの装着、歯を研磨や削合をすることがあります。
  • 強い歯ぎしりや食いしばりがある方は、トレーが擦り減ることがあります。
  • 最終的に咬み合わせ調整のために歯の研磨、削合を行うことがあります。
  • 治療完了後に歯の位置が移動することがあります。
治療期間 3か月〜2年
治療回数 2回〜24回
適応症例 空隙歯列、下顎前突、上顎前突、開咬、叢生などの歯列不正
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 保定期間あり
不適応の症例
  • 正常な歯並びから大きく逸脱した症例
  • 骨格性の不正咬合の場合
  • 虫歯の場合(虫歯治療を優先する必要があります。)
  • 重度の歯周病の場合
  • 顎関節症の場合
  • 嘔吐反射があり印象採得ができない場合
  • 乳歯が抜けたり歯が萌出時期の幼児
運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山 安田 ビル 4 階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室