電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

部分矯正とは

部分矯正とは、歯の一部だけを矯正する方法です。通常、矯正治療というと、歯の全体にワイヤーをつけて矯正するようなイメージがありますが、前歯の出っ歯だけなど、気になる部位だけを矯正することもできます。これが部分矯正です。
長期間ワイヤーやマウスピースを着けたくないという方や、できるだけ安価に矯正治療を行いたいという方に選ばれている方法です。

部分矯正の例

  • 前歯の出っ歯やすきっ歯だけを治す
  • 前歯が一部だけのガタガタを治す
  • 奥歯の一部だけ噛み合わせ調整のために矯正する
  • 上顎だけ、もしくは下顎だけ矯正する

このように、歯の一部分、もしくは顎だけを矯正したい場合に部分矯正ができることがあります。

部分矯正のメリットとデメリット

部分矯正には次のようなメリットとデメリットがあります。

部分矯正のメリット

矯正期間が大幅に短くなる

通常の矯正治療の平均期間は1~3年ほどです。それとくらべて、3ヶ月~1年ほどの矯正治療で済む部分矯正は、さまざまな人に向いています。結婚式や面接の日が迫っているという場合や、それほど長い期間、矯正装置をつけていられないビジネスパーソンなどにとっては嬉しいでしょう。

安価に矯正治療が受けられる

通常、歯全体を動かす矯正治療では、費用が100万円前後かかるのが現実です。それと比べて、部分矯正は安価に行うことができます。前歯の部分矯正の場合、20~40万円ほどで受けられる場合もあります。ただし、費用はその部位や期間によって異なりますので、事前にご確認ください。

矯正中の痛みが軽減される

もともと、矯正治療は歯を物理的に動かす治療なので、矯正装置をつけている最中はどうしても歯が痛くなります。その点、部分矯正の場合には、歯全体を矯正するのではなく、限定的に矯正することになりますので、だいぶ痛みが軽減されます。

矯正治療中の審美性が上がる

歯を全体的に矯正するのと比べれば、当然、一部に限られる矯正装置は、審美的に上です。矯正治療は多くの場合、この審美性の面でハードルが高いですが、部分矯正であればそのハードルが大きく下がるでしょう。

部分矯正のデメリット

適応できないこともある

部分矯正は、適応できるケースが限られているため、誰もが受けることができないということがあります。例えば、前歯全体が出っ歯になっていたり、前歯が気になるケースでも奥歯を移動することで前歯が矯正されたりすることもあります。また、上の歯と下の歯が噛み合っていないケースも適応がむずかしいことがあります。
しかし、部分矯正がだめでも全体矯正できれいになる見込みがありますので、あきらめる必要はありません。

歯を削ることがある

部分矯正の場合、歯の一番外側のエナメル質を0.25~0.5mmほどほんのわずかですが、削ることがあります。染みるといったことはそれほど多くありませんが、歯を削ること自体避けたいという方にとってはデメリットといえます。

全体矯正のほうがきれいな仕上がりになる

部分矯正は、全体矯正と比べると、仕上がりが劣ることがあります。歯は全体的に矯正したほうが都合がいいこともあるためです。部分矯正は簡易的なものと捉えたほうがいいこともあります。なぜなら、妥協するケースもあるためです。

全体としての噛み合わせを治すことはできない

部分矯正は一部の矯正なので、全体的な噛み合わせが悪い場合、その噛み合わせを治すことはできません。悪い歯並びは噛み合わせも悪化させているケースも少なくないため、もし噛み合わせ不良が見つかった場合には、全体矯正になることもあります。

部分矯正が向いている人

部分矯正は、次のような人に向いています。

  • 前歯だけが気になるので矯正したい
  • 短期間で矯正したい
  • 安価に矯正したい
  • 結婚式までに間に合わせたい
  • 矯正をしたことがあるが、後戻りしてしまった
  • 幼児期に矯正したが、大人になってまだちょっと気になるところがある

このように、短期間・安価に気軽に行うことができるメリットを享受できる人が向いています。また、部分的に矯正治療がされなかった、もしくは部分的に後戻りしてしまったというケースでも部分矯正が行われることもあります。

部分矯正と全体矯正のどちらになるかの判断基準

よく部分矯正と全体矯正どちらがいいのか、と悩まれている方もいます。人それぞれ、その歯並びの状態を見てみないと何ともいえないですが、次のような基準で部分矯正か全体矯正かが決まることがあります。

  • 前歯の前後のずれ具合・ガタガタの程度
  • 一部だけでなく全体が影響している歯並びかどうか
  • 妥協してもいいかどうか

部分矯正はメリットが大きいですが、将来のことを思い、完成度の高い治療を求められている場合、全体を矯正する治療を行ったほうがいいということもあります。
実際は、歯科医師がお口の中を診て、患者様のご希望に応じて治療法を決めることになります。

部分矯正の症例写真

症例写真はまだありません。

部分矯正の関連ページはこちら

診療内容から探す


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリットを解説 http://dental-shinbi.com/22
差し歯による歯茎の黒ずみを避けたいならセラミックがおすすめ http://dental-shinbi.
ガタガタの歯並びは歯科矯正で治せるの? http://dental-shinbi.com/2206/
セラミック矯正の費用相場と安くて口コミ(評判)の良い審美歯科の選び方を解説! htt
上部に戻るボタン