電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 歯列矯正 > 部分矯正 > 前歯の矯正 治療費や治し方

前歯の矯正 治療費や治し方

前歯の歯並びが気になっているという方は、矯正治療を受けて治す方法があります。前歯の歯並びが悪いと、どうしても見た目が良くないものです。ここでは、前歯の矯正の治療法や歯並びの悪い歯を放っておくとどうなるかなど、前歯の歯並びについて解説していきます。

歯並びが悪い前歯とは

一般的に、前歯の歯並びが悪いという場合、次のような歯並びが考えられます。

乱杭歯(らんぐいば)・叢生(そうせい)

前歯がガタガタと不揃いで、歯と歯が重なり合っている状態の歯並びのことです。見た目がよくないため、コンプレックスを抱き、口を大きく人前で開けるのをためらう人も多いです。しかし、この乱杭歯の多くの方が歯科矯正をして美しい歯を手に入れているのも事実です。矯正治療をうまくいかせるためにも、まずは歯並びが悪くなる原因を知っておきましょう。

原因

原因は人によって異なりますが、多くの場合、顎がすべての歯の大きさよりも小さいため、収まりきらずに前へ出たり、後退したりして歯がせめぎあっているケースです。場合によっては歯が大きいということもあります。

出っ歯・上顎前突/(じょうがくぜんとつ)

前歯が他の歯と比べて前方に突き出している上顎前突は、いわゆる出っ歯いわれています。多くの場合、前歯の中心2本の歯の問題ではあるものの、フェイスラインが気になったり、口が閉じにくかったりといいことはありません。こちらも原因をよく考えてみましょう。

原因

原因として考えられるのは、2パターンあります。一つは前歯が生まれつき前斜めに生えているケース。もう一つは、上顎全体が前に突出しているケースです。
しかし、生まれつきではないこともあります。乳幼児期に指しゃぶりや舌の癖によるものもあります。

すきっ歯・正中離開(せいちゅうりかい)

前歯の中心2本の間にすき間が通常より空いている状態を正中離開といいます。いわゆるすきっ歯です。すきっ歯は見た目に愛嬌があり、きれいに歯が並んでいるケースも少なくありません。特に問題はないと思われがちですが、実はものが挟まりやすく、虫歯・歯周病のリスクが高い状態ではあります。こちらも矯正治療している人は多くいます。

原因

原因としては、前歯2本の中心に余分な歯が骨の中にあるケース、上唇の裏側にある筋が正常に成長していないケースが考えられます。

八重歯(犬歯)

八重歯は、日本人からしてみればむしろチャームポイントであり、悪い歯並びとは思えないかもしれません。しかし、悪い前歯の歯並びであることには変わりないのです。八重歯は、犬歯と呼ばれる先が少し尖っている、中心から数えて3番目に位置する左右の歯が前に飛び出している状態の歯並びです。叢生の一種でもあります。

原因

人の歯は、幼い頃に乳歯から永久歯に生え変わりますが、その際に犬歯は他の歯よりも遅くに生え変わります。そのため、先に生えた歯が大きくて歯が生えてくるスペースが足りないことがあります。その場合、前にせり出して生えるしかなく、自然と八重歯になってしまうケースが多いようです。

歯並びが悪い前歯を放っておくとどうなる?

では、これらの悪い前歯の歯並びを放っておくことのデメリットをご紹介します。

虫歯・歯周病リスクが高まり歯を失いやすくなる

叢生や正中離開などは、特に歯磨きがしにくく、歯と歯のすき間に歯垢と呼ばれる細菌のかたまりが取りにくくなります。よって、自ずと虫歯や歯周病のリスクが高まります。虫歯や歯周病は初期段階ではそれほど大きな支障はないと思ってしまいがちですが、やがて末期になると歯を失いかねません。悪い前歯の歯並びを放置していることは、将来、自分の歯を失うところにつながっているのです。

咀嚼がうまくいかない

単純に、噛みにくいということです。ものが噛みにくいとどうなるかというと、食べ物が細かくかみ砕けないため、胃腸の中で消化吸収の効率が下がります。胃に負担があると、胃の病気につながりかねません。

噛み合わせ不良による顎関節症の可能性

悪い歯並びは、噛み合わせを悪化させます。すると、頭痛や肩こりなどの全身の体調面に不具合が出ることも少なくありません。また、噛み合わせ不良は顎関節症という顎が痛んだり、口が開けにくくなったりする顎の病気にもつながります。噛み合わせ不良は思いのほか悪い影響を受けやすいのです。

歯科治療がしにくい

実は、虫歯や歯周病になったらすぐに気づいて治せばいいと思っている人は多いかもしれません。しかし、もともと歯並びが悪いと、歯科治療もしにくいのが事実なのです。例えば、歯並びが悪いと虫歯治療でよく削った穴に入れるコンポジットレジンや、もっと歯を削った際に入れる補綴物であるインレーやクラウンなどを合わせるのに苦労します。場合によっては、適した補綴物があるとは限らないのです。歯科治療がしにくいことは、ご自身にとっていざというときに後悔する可能性があります。

見た目が美しくない

「見た目が9割」といわれる中、歯並びの悪さはやはりイメージダウンになります。最近では審美的な面で治療を受ける方も増えているように思えますので、かえって悪い歯並びを放っておくことは「ケアしていない」「怠慢」「がさつ」などのイメージをもたれかねません。もちろん、ご本人にとって、大きく口を開けて人前で笑えないなどのコンプレックスになることもあります。

前歯の矯正治療 部分矯正とは

前歯を矯正する一つの方法が、部分矯正です。
部分矯正とは、歯の全体的な矯正ではなく、一部のみを矯正することです。よって、前歯だけが気になる場合に、前歯だけを矯正するため、部分矯正になります。
部分矯正のメリットは、通常、1~3年は要する全体矯正と比べて、期間が3ヶ月~1年程度で、さらに安価で済むということが大きいです。もちろん、ワイヤーやブラケット、マウスピースなどの矯正装置が目立ちにくいというメリットもあります。
矯正治療が敬遠されるのは、その矯正期間中にみっともない、恥ずかしいというところが大きいものです。治療期間が長ければ長いほどハードルが高くなります。その点、部分矯正は前歯の一部にだけ矯正装置をつければいいので、見た目もよく、期間も短くて済みます。
ただし、注意したいのは、前歯の悪い歯並びすべてが部分矯正を行うことができるとは限らないことです。例えば、前歯が多く重なっているケースや、前歯すべてが出っ歯になっているというケースなどはむずかしいこともあります。また、前歯だけでなく、奥歯を動かすことで矯正できるといった場合もあります。
その場合には、全体矯正を行うこともあります。

前歯矯正の治療法

続いて、具体的な前歯矯正の治療法をみていきましょう。

ワイヤー矯正

動かしたい前歯にブラケットという小さなプラスチックをつけて、金属のワイヤーで固定する方法です。これにより、徐々に歯を動かしていきます。審美性が気になりますが、白いワイヤーや透明やセラミック製のブラケットを利用することで、いくらか見た目の悪さが軽減されます。
ただし、ワイヤー矯正で治療する場合、きれいに歯が収まらないことがあります。顎が歯に比べて小さいことがあるためです。その場合、歯をきれいに並べるためのスペースを作る必要があるため、歯の表面をほんのわずかだけ削り、歯の幅を縮めることをすることがあります。部分矯正のデメリットでもありますが、歯を削るケースがあることには留意しておきたいものです。

ワイヤー矯正

透明なマウスピースを気になる前歯にはめて、歯を動かすことで矯正治療を行います。出っ歯やすきっ歯の部分だけといった部分矯正も可能です。
マウスピース矯正のメリットは、矯正器具を着けていても透明なので目立たないというところです。また、自分で取り外しができるので、食事や歯磨きの際には普通通り生活できます。歯磨きがいつもの通りに行えるので、虫歯や歯周病のリスクは軽減されます。

セラミック矯正

歯を動かして矯正するワイヤー矯正やマウスピース矯正と異なり、セラミック矯正は、人工の歯を被せる方法です。前歯の矯正にもよく行われています。
例えば、出っ歯の場合、歯の根を残して歯を削り、セラミックという陶材の素材の歯を被せることで、美しい歯並びにすることができます。
自分の歯に合わせて歯ができあがるまでは、仮歯と呼ばれる歯を着けて過ごします。
セラミック矯正のメリットは、最短で3週間で治療を終えられるというところにありますまた、矯正治療中の審美性に悩むこともありません。
歯に被せるセラミッククラウンは、天然の歯に近い見た目をしています。色も数種類ある中から選ぶことができるため、違和感がありません。

ラミネートベニア

出っ歯などの場合、ラミネートベニアという薄いセラミックのシェルを歯の表面に貼り付けることで治療することができる場合もあります。セラミック矯正と似ていますが、歯を削るのはほんの数ミリであり、負担が軽減されます。また、歯を削る量が少ないため、痛みや染みる症状も軽減されます。
ただし、前歯の矯正治療の中には、ラミネートベニアでは矯正できないケースも少なくありません。

ダイレクトボンディング

すきっ歯を埋めるのによく行われるのがダイレクトボンディングです。白いペースト状の樹脂を歯に盛り付けて修復する方法で、すきっ歯を埋める場合、すき間を樹脂で埋めて形を整え、歯と歯のすき間を埋めます。
素材は、白いプラスチックであるコンポジットレジンや、セラミックとコンポジットレジンを混ぜ合わせたものなので、天然の歯に近い色合いと自然な見た目が手に入ります。
また、治療は一日で終えられることもあるため、歯列矯正などと比べると大きな違いがあります。歯を動かす方法だけでなく、歯の隙間を埋めて形を整えるという発想で前歯の歯並びを治すこともできるのです。

前歯の矯正の症例写真

症例写真はまだありません。

前歯の矯正の関連ページはこちら

診療内容から探す

アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン