南青山矯正歯科 > 歯列矯正 > 外科矯正(サージェリーファースト)

矯正治療単独では治療が難しい、重度の歯列不正がある方に有効な治療法です。歯列不正の原因が顎骨にある場合、ワイヤー矯正やマウスピース矯正だけでは治療が困難になります。ですから、顎を外科手術によって正しい位置に整復することで、美しい歯並びや顔貌を得ることができます。

顎矯正手術等は、主に上顎をLe FortⅠ骨切り、前歯部骨切り、下顎をSSRO(下顎枝矢状分割術)、前歯部骨切り、オトガイ形成術で行われます。

下顎骨骨切り術

下顎枝矢状分割術

両側の下顎枝(下顎の歯の生えている部分より後ろの部分)を内側外側に分割して、歯が生えている部分の骨を移動し、金属プレートなどで固定する方法です。

下顎移動後の両骨片の接触面積が大きいため、骨癒合が早く行われ、後戻りが少なく、移動量、移動方向の許容範囲が大きいのが特徴です。一方で、術後の下唇の知覚は一次的に鈍くなることがあります。

下顎枝垂直骨切り術

両側の下顎枝を縦に切る方法です。

神経が骨に入る部分の後方で垂直に骨切りするため、神経障害を起こす頻度が低いことが特徴です。また、顎関節に及ぼす影響が少ないため、顎関節に症状のある場合や、下顎骨の移動の左右差が大きく、回転の要素がある場合に多く用いられます。

一方で、両骨片の接触面積が小さく、骨の癒合には時間がかかります。さらに移動量に限界があります。

下顎枝逆L字型骨切り術

両側の下顎枝を逆L字型に切る方法です。

神経が骨に入る部分の上方で水平に骨切り、及び後方で垂直に骨切りするため神経障害を起こす頻度が低いことが特徴です。また分割骨片は金属プレート等で固定されます。

下顎前歯部歯槽骨切り術(下顎分節骨切り術)

臼歯の咬み合わせが良く、下顎前歯部に著しい不正があり、歯科矯正治療単独では治療が困難な場合に、この手術を行います。通常は、第一小臼歯を抜歯して、同部の歯槽骨を骨切りし、前歯部の骨を後方に移動させます。歯の生え方によっては骨切りの際に隣接する歯を損傷する危険性があります。

オトガイ形成術

オトガイ部の骨を、移動したり、削除したりする方法です。オトガイ部の突出感あるいは後退感、過長感がある場合、左右非対称が上記の手術を施行しても改善しない場合等にこの手術を行う場合があります。

上顎骨骨切り術

Le FortⅠ型骨切り術

上顎骨を歯根より上方の部分でほぼ水平に骨切りし、歯の生えている部分の骨を上部の骨から分離し、移動させた後にプレートで固定する方法です。

この手術は上顎単独で行う場合もありますが、下顎単独の手術のみでは改善が見込めない著しい下顎前突症例や顔面非対称症例において、しばしば下顎の手術と併用されます。

上顎前方歯槽部骨切り術(上顎分節骨切り術)

臼歯の咬み合わせが正常で、上顎前歯部に著しい不正があり、歯科矯正治療単独では治療が困難な場合にこの手術を行います。

通常は、第一小臼歯を抜歯して、同部の歯槽骨を骨切りし、前歯部の骨を上方・後方に移動させます。歯の生え方によっては骨切りの際に隣接する歯を損傷する危険性があります。

上記の手術は、1970年代より世界的に幅広く行われている手術で、1回の手術で顎骨を移動します。長期的な治療結果も安定しており、顎変形症に対する標準的な手術となっています。

  • 1.

    術前の歯科矯正

    術前矯正によって、不正位置にある顎骨に対して歯の代償性適応を軽減させます。通常1〜2年で、全過程の中で最も時間がかかります。
  • 2.

    顎矯正手術

    全身麻酔下で、顎矯正手術を行います。入院2〜3週間。
  • 3.

    術後の歯科矯正

    術後の矯正によって咬合状態を安定させます。通常6か月〜2年。患者様にとっては、いざ手術を受けようと思っても、治療期間の長さ(通常3〜4年)を含めて、様々な不都合が生じるのがこの治療法のデメリットであります。

術前矯正を行うメリット

  • 手術直後の咬合が安定しやすい。
  • 手術後咀嚼機能の向上が早い。
  • 術後にスプリントが不要である。

術前矯正を行うデメリット

  • 術前に矯正治療期間があるため、治療期間が2〜4年程度と長い。
  • 術前矯正の進行速度を予測することは難しく、手術の時期を正確に予測することができません。そのため、手術の日程を組めず、なかなか治療に踏み出すのが難しくなります。
  • う蝕や歯周病を悪化させる可能性があり、手術の受容状態に悪影響を与えることがあります。
  • 最大の問題点は、受け口(下顎前突)では手術までの期間には治療前よりも下顎前突感が強まり、顔貌が悪化していくため、患者様にとっては精神的に非常に苦しい期間を過ごさなければなりません。1〜2年程度かかります。

サージェリーファーストとは、外科的治療において、従来の外科矯正のように術前の矯正治療(通常1〜2年)は行わず、はじめに手術で上・下顎を理想的な位置に整復し、その後に歯科矯正治療を行うという治療法です。

サージェリーファーストを行うメリット

  • トータル治療期間が大幅に短縮できます。
  • 矯正治療よりも前に手術を行うので、患者様優先の治療計画が組めます。手術の日程や、術後のダウンタイムを十分に設けることができます。
  • 顔貌のコンプレックスを最初に解消するため、早期に顔貌の仕上がりに対し満足して頂けます。
  • 骨切り術を行うことによって、骨組織内の代謝活動率の高い期間を生かせば、歯牙の移動が速くなるため、矯正治療期間の短縮ができます。
  • 矯正済みの骨格パターンに基づき歯牙の移動を行うことができます。

サージェリーファーストを行うデメリット

  • 手術直後の咬合が不安定になる、そのため従来法と比較して軽度の後戻りが生じやすい。
  • 手術直後は咀嚼機能の低下がある。
  • 手術後1〜2か月はスプリントが必要となる。

サージェリーファーストは全身麻酔下にて行い、全身麻酔の手術では入院治療が安全であり、提携している国立病院にて行います。そのため施術を受けたその日に帰宅することはできません。

入院期間は最短で4日間となります。手術日の前日に入院していただき、翌日に手術、あとの2日間は病院内で安静にしていただくこととなります。

  • 1.

    術前のカウンセリング

    当院の提携医院でのカウンセリング、術前検査を行います。

  • 2.

    入院期間など

    入院期間は最短で4日間になります。手術日の前日に入院していただき、入院2日目に手術、後2日間は術後の安全を考慮し、入院下で安静にしていただきます。例えば、水曜日に入院→木曜に手術→土曜日に退院となります。

  • 3.

    術後のダウンタイム

    ダウンタイムは、約1~2週間ほどです。抜糸は術後約10~14日目に行います。吸収性の糸を使用しますが、基本的に抜糸を行います。術後1~2週間までの食事は、熱いもの、固いもの、辛いものなどの刺激物は控え、その後も3か月間は固いものなどを避けて頂きます。

  • 4.

    術後の歯列矯正

    術後、約2週間後に当院にて歯科矯正を開始します。

サージェリーファーストで受け口を治せますか?

サージェリーファーストでは、外科手術によって顎を正しい位置に整復することができますので、受け口を治すことも可能です。歯列矯正だけでは治すことのできない受け口の症例でも、サージェリーファーストなら症状を改善できることがあります。また、一般的な歯列矯正と比べて、トータルの治療期間を大幅に短縮することができます。

サージェリーファーストなら極端な出っ歯でも治せますか?

サージェリーファーストの特長は、顔貌や歯並びの異常を外科手術によって改善する点です。

極端な出っ歯となると、ワイヤー矯正やマウスピース矯正だけでは治療が困難な場合が多いですが、サージェリーファーストなら骨切り術などを適応することで、症状を改善することが可能です。

どのくらいの改善が見込めるかは、検査、診断を含めたカウンセリングでご説明いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

サージェリーファーストでガミースマイルは治せますか?

ガミースマイルは、口腔周囲の筋肉が発達しすぎていたり、歯並びが悪影響を及ぼしていたりと原因はさまざまです。

その中でも、歯茎を覆っている上顎の骨自体が発達しすぎている症例に対しては、サージェリーファーストがおすすめです。相対的に長くなっている上顎骨を切ることで、ガミースマイルを根本的に治療することが可能だからです。

左右非対称な顔面をサージェリーファーストで治せますか?

顔面の左右非対称というのは、上顎と下顎の骨の位置や形、大きさのアンバランスが原因となっていることがほとんどです。サージェリーファーストなら、そういった骨格的な問題を外科手術によって治すことができるため、顔面非対称という症状も改善可能です。

ただ、サージェリーファーストで改善できる範囲というのも限られていますので、まずは患者様のご要望をお聞かせください。サージェリーファーストによってどのような効果が得られるのかを詳しくお伝えいたします。

サージェリーファーストなら矯正治療を受ける必要はないでしょうか?

サージェリーファーストは、従来の外科矯正とは異なり、手術前の矯正治療を行いません。はじめに手術で上下の顎骨を理想的な位置へと整復します。その後、矯正治療によって歯並びや噛み合わせを整えていきます。

ですから、サージェリーファーストで必要となる矯正治療は、術後の歯列矯正のみとなります。これがサージェリーファーストの治療期間が短くなる理由でもあります。

サージェリーファーストなら後戻りの心配はありませんか?

一般的な矯正治療では、歯根膜を介して歯槽骨に埋まっている歯の性質上、どうしても後戻りが生じます。それを防ぐために、保定期間が設けられています。

一方、サージェリーファーストなら、骨を切除するなど、顔貌や歯並びの異常を根本的に改善するため、後戻りが非常に少ないといえます。ただし、手術直後は噛み合わせが不安定となり、軽度の後戻りが生じやすくなるため注意が必要です。

なぜ歯列矯正より治療期間を短くすることができるのですか?

サージェリーファーストがトータルの治療期間を短くできるのは、外科手術を伴うからです。歯をひとつひとつ動かすのではなく、その土台となっている顎の位置を理想的な場所へと移動することができるため、治療期間が大幅に短縮されます。

さらに、一般的な外科矯正とは異なり、手術前の矯正を行わないことで、数年にも及ぶ矯正治療の期間を省くことが可能なのです。

手術後は顔が腫れたり、強い痛みを感じたりすることはありますか?

サージェリーファーストの手術後は、顔が腫れたり、痛みを感じたりすることがあります。その程度は個人差がありますので、症状が全く現れない人もいらっしゃれば、腫れや痛みが強く出る方もいらっしゃいます。ただ、腫れや痛みはお薬でコントロールすることができるため、そこまで心配する必要はないといえます。

また、術後のダウンタイムは1〜2週間ほどです。この期間は、熱いものや辛いものなど、刺激の強い食べものは控えるようにしてください。そうすることで、腫れや痛みの発現を抑えることができます。

サージェリーファーストの外科手術中は痛みを伴いますか?

サージェリーファーストの外科手術は、全身麻酔下で行いますので、痛みを感じることはありません。 手術自体は皮膚を切開したり、骨を切除したりするような外科処置であるため、術後に顔が腫れるなどの症状が現れることがあります。また、痛みが生じることもありますが、基本的には抗炎症薬や鎮痛薬などでコントロールします。ですから、我慢できないほどの痛みを感じるようなことはまずないといえます。

外科矯正 (サージェリーファースト)の治療概要

治療方法 外科矯正 (サージェリーファースト)
治療の副作用(リスク) 術前矯正の併用が必要なため、治療期間は年単位に及びます。
外科手術や抜歯を行った際は、腫れ、出血、痛み、発熱といった症状が起こります。
虫歯や差し歯がある場合は別途歯科治療が必要になることがあります。
咬み合わせが不安定になったり、咀嚼機能が低下することがあります。
併用する矯正治療では後戻りが起こることがあります。
治療期間 3~4年
治療回数 5回〜40回
適応症例 重度の歯列不正、下顎前突、上顎前突 上顎前突症:上顎が前に出ている
上顎後退症:上顎が極端に小さく、相対的に下顎が出ている
下顎前突症:受け口
下顎後退症:下顎が極端に小さい
開咬症:上下の前歯が閉じない
ガミースマイル:笑うと歯茎が見えすぎる
顔面非対称:上顎と下顎の骨の位置や形、大きさが原因で顔貌が変形している
矯正期間を短縮したい方:上下前歯部の後方移動には時間がかかるが、手術を併用すると短期間に終わることができます。
歯並びは良いが、オトガイ(顎の先端部分)が後退している。
※一般矯正治療は行わず、オトガイ形成術のみで治療可能です。他の外科矯正との併用もすることもできます。
ダウンタイム 1〜2週間程度
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 あり
術後の制限事項 術後10~14日程度に抜糸があります。
術後1~2週間までの食事は、熱いもの、固いもの、辛いものなどの刺激物は控え、その後も3か月間は固いものなどを避ける。
術後2か月程度はスプリントと呼ばれるマウスピースの装着が必要となります。
不適応の症例 骨に著しい形態異常がある:下顎頭の形態異常など

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文