電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科・審美歯科 > 歯列矯正 > セラミック矯正 > 乱杭歯(ガタガタした歯並び)とは デメリットや治療・矯正方法について

乱杭歯(らんぐいし・らんぐいば)とは

“乱杭歯の症例”

乱杭歯とは、ガタガタした歯並びのことをいいます。歯がお互いに重なったり、ねじれたりしており、歯全体がデコボコ、ガタガタしていることをいいます。歯科の専門用語では、叢生(そうせい)と呼ばれます。
乱杭歯の原因は、顎の大きさが歯と比べて小さいことや、歯の大きさが顎と比べて大きいことが多いといわれています。つまり顎に対して歯が収まりきらず、ずれたり、飛び出したりしてしまうということです。乳歯の時期に虫歯などで歯を失ってしまうことも原因といわれています。

乱杭歯の特徴

乱杭歯の特徴として、他の歯並びの悪い状態と比べて次のことがあります。

  • 出っ歯と比べて歯がさまざまな方向に向かっていたり、ずれていたりする
  • 歯列がでこぼこしている
  • 犬歯が目立つ
  • 歯に汚れや食べかすがたまりやすい
  • 見た目のイメージが悪い
  • コンプレックスを抱きやすい

乱杭歯をそのままにするデメリット

乱杭歯の歯並びの悪い状態を治さず放っておくと、さまざまなデメリットが生まれます。例えば、次のことがあります。

見た目の印象を下げてしまう

一番の問題は、やはりガタガタした状態を人に見せることで見た目が悪い印象を与えてしまうことにあります。昔から第一印象と笑顔が大事といわれますし、近年では、見た目が9~10割を占めるともいわれるようになりました。こうした世の中の見た目のイメージ重視の傾向は、普段の人間関係はもちろん、ビジネスにおける対人関係のやりとりにおいては非常に重要になってきています。
こうした中で、いかに時代に合わせた見た目の印象を手に入れるかということで、多くの方が歯科矯正治療を受けています。乱杭歯を放置してそのままにしておくことは、見た目の印象が下がってしまう上に、「なぜ治そうとしないのか」という疑問すら抱かせてしまうこともあるため、大きなデメリットになるでしょう。

虫歯・歯周病のリスクが高まる

乱杭歯のような悪い歯並びは、歯磨きがしにくいのが欠点です。よって、虫歯や歯周病の原因である歯垢(プラーク)が歯のすき間にたまりやすくなります。
通常、歯垢は歯と歯の間や歯と歯茎の間に入り込み、歯ブラシが行き届かずその蓄積で虫歯や歯周病リスクが高まります。乱杭歯の場合、それに加えて、歯と歯同士が重なっていたり、曲がっていたりしてでこぼこしているため、余計にすき間ができやすく、磨き残しが増えてしまいます。

虫歯治療がやりにくくなる

もし虫歯になってしまったら、今度は治療しにくいというデメリットに直面します。通常では簡単に行える治療でも、乱杭歯の場合、詰め物や差し歯などを悪い歯並びに合わせて作る必要があるためです。治療がやりにくい場合、抜歯しなければならなくなるケースもあります。

顔がゆがむことがある

悪い歯並びを放置していると、口が閉じにくくなったり、顔がゆがんだりすることがあります。もともと自信のある顔でありながら、歯の位置や並び方が原因で見た目を損ねるのはもったいないものです。

顎関節症になる恐れがある

一般的に、歯の噛み合わせが悪いと顎が痛み、最終的に顎関節症を起こすことがあります。顎関節症になると、口を開けたときに顎がカクカクするほか、口を開けにくかったり、強く歯を噛み締めたときに痛みを感じたりするようになってしまいます。
乱杭歯によって噛み合わせがよくないと考えている場合には、よく注意する必要があります。

正しい発音ができない

歯並びが悪いと舌と歯の位置の関係で、正しく発音ができなくなることがあります。もしくは、発音がしにくいと感じることも多いです。乱杭歯は、舌先を前歯の裏側に当てて発音する「タ行」「ナ行」「ラ行」などの発音が特にむずかしくなることが多いです。
正しい発音ができないと喋ることにコンプレックスを抱く結果になったり、そもそも正しい発音ができず、相手に言いたいことが伝わらないといったコミュニケーションに支障が出たりすることもあります。

食べ物が噛みにくい

歯並びが悪いと毎日の食生活にも支障が出ることがあります。単純に、ものを噛みにくいためです。よく噛んで食べないと胃腸に大きな消化の負担をかけてしまったり、胃腸障害を起こしやすくなったりします。

口臭の原因になることがある

乱杭歯は、先ほどもご説明した通り、歯磨きがしにくくなることで、清掃不良が起こり口臭の原因になることもあります。

乱杭歯の治療方法一覧

乱杭歯は、放っておいていいことはありません。当院にはさまざまな矯正方法があり、ご自身の歯の状態や費用感に合わせた治療をご提案いたします。

ワイヤー矯正による乱杭歯の矯正方法

歯にブラケットという装置を装着し、それをワイヤーで固定して歯を徐々に正常な位置に動かしていく方法です。矯正には平均2~3年という歳月を要し、その後の保定期間は2年以上と、非常に長い期間かけて行われます。
ワイヤー矯正は従来からある方法ですが、最近では舌側矯正として歯の裏側にブラケットをつけてワイヤーも裏側になる方法や、透明のクリアタイプやセラミックタイプのブラケットや白いワイヤーを付ける方法など、審美性の高い方法もあります。
乱杭歯は複雑な歯並びとなるため、表側のワイヤー矯正のみの適応となることもあります。

マウスピース矯正による乱杭歯の矯正方法

透明で目立たないマウスピースを一日20時間など口の中に装着して過ごし、そのマウスピースによって歯を徐々に動かしていく方法です。マウスピースは一定期間(2週間程度)ごとに交換するのが一般的です。
ワイヤー矯正と比べて、自分で取り外しができるため、特に乱杭歯の長くなりがちな矯正期間も、歯磨きのしづらさからくる虫歯リスクが減り、マウスピースそのものも洗えるため、清潔に扱うことができます。
マウスピース矯正はメーカーによって多くの種類がありますので、適したものを選ぶことができます。また、パソコン上でシミュレーションができるインビザラインなども注目されています。

セラミック矯正による乱杭歯の矯正方法

ワイヤー矯正やマウスピース矯正は、1年以上の治療期間がかかるのが一般的です。それと比べてセラミック矯正は、歯を削った後にセラミックの歯を被せるだけの治療法なので、歯を動かす期間が不要であることから短期間で治療が行えます。
最短3週間、長くても1~3ヶ月で治療が完了することが多く、天然の歯に似た美しい白さと透明感のある、美しい形状の歯が手に入ります。また、歯並びだけではなく、美しい歯の色や形まで手に入れられることから、審美性の高さもメリットです。
セラミック矯正は、さまざまな素材の種類があります。
例えば、強度の高い金属が裏打ちされているセラミックである「メタルボンド」、審美性の高いセラミック100%の「オールセラミック」、人工ダイヤモンドの硬度の高い「ジルコニアセラミック」などがあります。
しかし、欠点として、セラミッククラウンは差し歯を被せる必要があるため、歯を削る必要があります。また、場合によっては神経を取る必要もあります。

ワイヤー矯正についてはこちら
マウスピース矯正についてはこちら
セラミック矯正についてはこちら


アクセス情報

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
高校生から始める歯列矯正のメリットとデメリットを解説 http://dental-shinbi.com/22
差し歯による歯茎の黒ずみを避けたいならセラミックがおすすめ http://dental-shinbi.
ガタガタの歯並びは歯科矯正で治せるの? http://dental-shinbi.com/2206/
セラミック矯正の費用相場と安くて口コミ(評判)の良い審美歯科の選び方を解説! htt
上部に戻るボタン