メタルボンドとはメタルボンド

メタルボンドとは「Metal bond(金属+結合)」という名前のとおり、金属製のクラウンの表面にセラミックを焼成してつくられた素材です。ベースは金属ですから極めて丈夫で割れ・欠けしにくく、ベースの表面を七宝焼きのようにセラミックの層が包むことから、見た目的にはセラミックに近い審美性が得られます。ただし、セラミック層の裏側が金属であるため、残念ながらオールセラミックほどの透明感ある自然な仕上がりは望めません。

なお、メタルボンドはクラウンだけでなく、上記のような素材の長所を生かしてブリッジなどにも応用されることがあります。

金属製なので割れにくい

セラミックとメタルボンドとの違いは、ざっくり言って「陶器と金属」の違いです。陶器が衝撃に弱く割れやすいのに対し、金属は強い力をかけてもなかなか割れません。

中の歯の色が透けて見えない

メタルボンドは金属とセラミックの二層構造になっており、元の歯が透けて見えることがありません。このため、元の歯が黄ばんでいたり黒ずんでいたりしても見た目に影響はありません。

金属歯よりも審美性が高い

審美性でいえばオールセラミックに勝るものはありませんが、メタルボンドも外から見える範囲にはセラミックを使用していますので、セラミックに準じた審美性があります。少なくとも金属歯(銀歯や金歯)のように目立ってしまう心配がないため、前歯のクラウンにも施術できます。

治療費の負担が少ない

メタルボンドによる治療費は、オールセラミックやジルコニアセラミックなど、ほかのセラミック治療よりも低めです。セラミック治療はいずれにせよそれなりの費用がかかりますが、費用を少しでも抑えたい場合にはメタルボンドを検討してもよいでしょう。

適応範囲が広い

金属は可塑性が高く、細かい加工がしやすいというメリットがあります。また上記で説明したとおり耐久性も高いので、強い力が加わる奥歯のクラウンやブリッジなどにも使用できるといった適応範囲の広さがメタルボンドの大きな特徴となっています。

では、メタルボンドという種類のメリットとデメリットをみていきましょう。

メタルボンドのメリット

金属を使用しているため耐久性がある

メタルボンドは、100%セラミックのオールセラミックなどと比較して、金属を裏打ちしているため、その分耐久性が高くなります。もともと、セラミックの欠点は、割れることがあるというところにあります。その点、メタルボンドは金属が同時に使用されていることで、その割れやすい欠点をカバーすることができています。

中の歯の色の影響を受けない

オールセラミックなどは、セラミックだけでできているので、透明度が高いのが特徴です。その分、見た目が美しいですし、より自分の天然の歯に近いのでメリットではあります。しかし、セラミック治療は自分の歯に被せる形であるため、あまりに透けているとその中の自分の歯が透けて見えることがあります。自分の歯が白ければいいですが、黄ばんでいたり、黒ずんでいたりする場合にはそれが透けて見えてしまう欠点があります。一方、メタルボンドは金属があるため、セラミックの透明度が高くとも、中の歯の影響を受けることはありません。

セラミック矯正全般のメリットが得られる

もちろん、メタルボンドも金属を使用しているとはいえ、セラミックの美しい見た目を得られます。自分の歯に近い色合いで、銀歯と比べて見た目が美しくなります。前歯のすきっ歯や出っ歯などの矯正には適しているといえます。また、セラミックのメリットである、歯垢がつきにくく、着色がしにくいという点も、メタルボンドのメリットでもあります。

治療費が抑えられる

メタルボンドは、他のオールセラミックやジルコニアセラミックなどと比べて、治療費を抑えることができます。セラミック治療はどうしても費用がかかりますが、その中でも、少し費用を抑えたいという人に向いています。

適応できる歯並びや歯の場所が多い

メタルボンドは、基本的にどの歯にも被せ物として使えますし、ブリッジもできます。適応できる歯並びや歯の場所が多いのも大きなメリットといえます。

メタルボンドのデメリット

金属アレルギーの人には使用できない

メタルボンドは金属を使用しているため、金属アレルギーの人には使用できません。また、アレルギーではなくとも、歯茎が黒くなることがあります。

透明感が多少落ちる

金属の上にセラミックが焼き付けられていることから、透けて中の歯が見えないというメリットが、透明感が下がるというデメリットとなることもあります。

ここではセラミック治療に使われるほかの素材と比べて、メタルボンドにはどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

オールセラミック

オールセラミックはクラウン全体をセラミック素材だけでつくります。セラミックは透明性の高い素材で、見た目が自然歯にもっとも近いことから、人工歯が目立ちにくいというメリットがあります。

これに対しメタルボンドは金属とセラミックの二層構造ですからオールセラミックほどの自然な透明感は再現できません。ただし、クラウンをかぶせる元の歯の色に問題がある場合は、むしろ透明性のないメタルボンドのほうが適していることもあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは歯科用樹脂(レジン)とセラミックを混合した素材です。

ハイブリッドセラミックは「セラミック」という名前がついているものの、実際には樹脂に近い性質のため、メタルボンドに比べて経年劣化しやすい(着色・摩耗など)というデメリットがあります。

ジルコニア

ジルコニアは強度と耐久性が高いセラミック素材の一種です。ただし、いわゆる「オールセラミック」に使用されるセラミックとは種類が違うため、オールセラミックほどの審美性は期待できません。

メタルボンドと比べると、金属アレルギーの心配がないといったメリットがあります。

保険適応の素材

保険適用が効くクラウン素材としては、レジン(樹脂)、銀歯(パラジウム合金)などが主流ですが、近年はハイブリッドセラミック製の「CAD/CAM冠」も保険適用されるようになりました。ただし、適用できるのは第1臼歯・第2臼歯のみとなっています。

メタルボンドに比べると銀歯は審美的に問題があり、レジンは強度や耐久性が低い(割れ・欠け・摩耗・着色しやすい)といったデメリットがあります。

ここではメタルボンドの性質を利用して、適用できる治療の種類についても少しご紹介しておきます。

金属アレルギー体質でなければ、メタルボンドがベストなセラミック治療法でしょうか?

いちがいに「どの施術がベスト」とは言えません。患者様の歯の状態(色・形状)や使用する部位などに応じ、歯科医師が最適と思われる施術をお奨めしています。また予算面に制約がなければ、審美的にもっとも自然歯に近いとされるオールセラミックを検討してみてもいいでしょう。

歯茎が黒ずんでしまうことがありますか?

メタルボンドには金属が使用されていますから、長年使用しているうちに金属イオンが流出し、それが将来歯茎の黒ずみの原因になってしまう可能性は否定できません(必ずそうなるというわけではありません)。

表面をセラミックで覆われているのであれば、金属アレルギーの心配はないのではありませんか?

メタルボンドはクラウンの全周をセラミックで覆っているわけではなく、歯の表側にセラミックを焼成しています。歯の裏側には金属面が露出しているため、金属アレルギーの方にはお奨めできません。

表面のセラミック層がはがれてしまう心配はありませんか?

メタルボンドは、今日のような強度・耐久性の高いオールセラミックが登場するまで長らく審美歯科治療の中心でした。審美面・実用面ともに長い実績による裏付けがあります。ご安心ください。

なぜ、審美性でオールセラミックに劣るのですか?

誤解がないように説明すると、メタルボンドは美しさそのものではオールセラミックに負けていません。しかし、天然歯にはもともと透明性があり、その透明性にもっとも近いのがオールセラミックという素材なのです。メタルボンドの透明性を高めると金属のベースが見えてしまいますから、どうしても不透明にせざるを得ません。このため、たとえば前歯のうち1本だけをメタルボンドにしたような場合、ほかの自然歯との違いがオールセラミックよりは多少目立ちやすいということです。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文