南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > ジルコニアセラミック

ジルコニアとは

ジルコニアジルコニア

ジルコニアとは、酸化したジルコニウムの白い粉末状のセラミックであり、正式には「酸化ジルコニア」といいます。人工ダイヤモンドとして知られている素材でもあり、耐久性、耐熱性、耐腐食性に優れ、近年歯科材料として多くの治療に汎用されています。

また、色は乳白色で差し歯にしても周囲の自然歯との整容性が高いです。差し歯として利用する際に支台となる歯を削る範囲が金属の義歯や差し歯と比べて小さく、患者様にかかる負担を軽減することも可能です。

ジルコニアによる治療は自由診療になり、費用が高額になるデメリットもありますが、それを上回る審美性や機能性といったメリットがあることで注目されています。

ジルコニアセラミックの特徴

ジルコニアは補綴物を製作する材質として、機能性、審美性を高度に再現できることから、近年は自由診療で多用されるようになりました。

強度が極めて高いため適応症例が広い

ジルコニアは、補綴治療で用いられる材料の中で最も高い強度を誇ります。その硬さゆえに前歯から奥歯まで幅広く適用することが可能です。

透明感があるが支台歯の色に影響を受けない

ジルコニアセラミックは、支台歯にメタルが使われていても問題ありません。透明感はあるものの、オールセラミックほど色の透過性が高くないからです。近年、様々なジルコニアセラミックが各メーカーから登場していますが、その多くは支台歯の色の影響は受けないものが多いです。

天然歯の色に近い

ジルコニアセラミックは乳白色を呈しており、天然歯列に上手く調和します。

金属アレルギーのリスクがない

ジルコニアセラミックでは金属を一切使用しないことから、金属アレルギーのリスクがゼロとなります。ジルコニアそのものも生体親和性が高く、アレルゲンとなりにくい傾向にあります。

軽い材質

ジルコニアはメタルと比較すると1/3程度の重さで、とても軽い材質です。

歯を削る量が少ない

メタルと比較すると、ジルコニアセラミックでは支台歯となる歯の切削範囲を小さくすることができます。患者様への負担も同時に軽減されます。

硬度が高いため咬み合う歯を傷める可能性がある

天然歯はジルコニアよりも軟らかいです。そのため、咬み合わせが深かったり、歯ぎしりなどの口腔習癖があったりする人は、咬み合う天然歯が咬耗(摩耗)する可能性があります。歯ぎしりや食いしばり、咬合が深い方などは、自然歯を調整のために少しだけ削るか、ボトックス療法やスプリント療法などブラキシズム治療を継続的に行う必要が出てきます。

オールセラミックより白さが劣る

ジルコニアセラミックは、オールセラミックよりも透明度が少し劣るといわれています。ただ、近年では材質改善により限りなく天然歯に近い透明感や白色を備えたジルコセラミックも登場してきています。

治療費が高額になる傾向にある

ジルコニアセラミックは、保険が適用されません。また、材料自体が高額であることから、治療費が高くなる傾向にあります。

ジルコニアは歯科治療以外でも使われている!?

ジルコニアの主な原料は「酸化ジルコニア」と呼ばれるものです。強度が高いだけでなく、融点(溶ける温度)が2700℃と非常に高い耐熱性があります。このような特徴から、ジルコニアは、歯科治療以外でもあらゆる分野で活用されています。

医療分野

ジルコニアは、人間の身体の中に入れる人工関節の素材として20年以上使われています。このように人間の骨に変わる素材として扱われていることからも、いかに人体への親和性が高いかが分かります。

宇宙・車

スペースシャトルの外壁材、F1や高級外車のブレーキ部分などにも使われています。

包丁の素材として

ジルコニアは、身近なところでは調理器具の材質としても使われることもあります。例えば、セラミック製の包丁です。ジルコニアの強度の高さを利用して、セラミック包丁の素材にジルコニアが使われていることもあります。

ジルコニアセラミックの寿命はどのくらいですか?

ジルコニアを装着したからといって、長期的に問題なく使えるわけではありません。治療後にも正しいセルフケアや定期的なクリーニングを行わなければ、寿命を短くする原因となります。当院ではセラミック治療後の保証制度も設けており、定期検診も積極的にお受けしてセルフケアの指導なども行っております。

ジルコニアセラミックは着色しませんか?

ジルコニアセラミックは、茶碗や皿に利用されている陶材と同じような素材です。陶材は着色しにくく、汚れが落ちやすいという特徴がありますが、それはジルコニアセラミックも同様です。また、定期的な歯科医院でのメインテナンスを受けるとより着色汚れがつきにくいです。

ジルコニアが適用される治療の種類

ジルコニアは強度、硬度、審美面とほぼ全ての面で優れ、適用範囲の広い汎用性の高い材質です。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文