電話でのご予約・ご相談は
診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

お電話が繋がりづらい場合は各種フォームをご利用ください。

MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は 診療・電話受付時間
平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00

お電話が繋がりづらい場合は各種フォームをご利用ください。

  • 無料カウンセリング予約
  • 再診予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
閉鎖性睡眠時無呼吸症 (OSA) とは

閉鎖性睡眠時無呼吸症 (OSA) とは、睡眠中に無呼吸や低呼吸を繰り返す病気です。性別ではやや男性に発症しやすく、男性では40~50代が半数を占め、女性では閉経後に増加するといわれています。空気の通り道である上気道が狭くなることで、無呼吸や低呼吸が誘発されるのが原因です。

以下に挙げる特徴は、上気道を狭くすることがあるため、OSAのリスク因子となります。

  • 首まわりの脂肪が多い
  • 扁桃肥大
  • 舌が大きい
  • 慢性的な鼻炎
  • 顎が後退している
  • 顎が小さい

閉鎖性睡眠時無呼吸症は、AHI(Apnea Hypopnea Index)という指標をもとに診断が行われます。これは睡眠1時間あたりに無呼吸と低呼吸がどのくらいあったのかを表す指標です。自宅のベッドで受ける簡易検査と、入院して受ける精密な検査とがあります。AHIの数値によって軽症から重症まで分類され、それぞれで治療法も異なってきます。

睡眠時無呼吸症が引き起こす合併症

睡眠時無呼吸症を発症している患者様には、心臓や血管の病気を合併している方が多いです。薬剤耐性高血圧症では80%、心不全では76%が睡眠時無呼吸症候群を合併しています。また、糖尿病患者様の70~80%で睡眠時無呼吸症候群を合併しているというデータもあります。

このように、睡眠時無呼吸症候群は重篤な全身疾患との関連が深い病気と捉えることができます。

閉鎖性睡眠時無呼吸症の治療としては、口腔内装置(OA)を用いる方法、持続的気道陽圧法(CPAP)と呼ばれる方法、レーザー治療の3つが挙げられます。

口腔内装置(OA)

口腔内装置(OA)

口腔内装置(マウスピース)を用いることで、睡眠時無呼吸症候群の改善が期待できる治療法です。

マウスピースで気道の閉塞を防止

ソムノデントと呼ばれる口腔内装置(マウスピース)を用いて睡眠時無呼吸症候群やいびきを改善する治療法です。口腔内にマウスピースを装着することで、下顎の位置が前方へと誘導され、気道の閉塞を防止することができます。

心身への負担が少ない

マウスピースによる治療は、他の方法と比較して心身への負担が少ないのが特徴です。また、持ち運びも容易であるため、出張先や旅行先でも普段と同じように使用することができます。上下分離型であるため、装着に伴う痛みや不快感は極めて少ないです。

こんな方におすすめ

口腔内装置であるソムノデントは、今現在、激しいいびきにお困りの方で、可能な限り簡便な方法で改善したいという方におすすめです。自由に持ち運びできるため、移動や出張の多い方は重宝します。また、保険適用の上下一体型マウスピースが苦手という方にも、おすすめの治療法といえます。

持続的気道陽圧法(CPAP)

持続的気道陽圧法(CPAP)

患者様の自発呼吸を補助するために、特別な装置を用いて鼻から空気を持続的に送り込む治療法です。

OSAの重症例に適応される

持続的気道陽圧法は、マスクを経由して鼻から空気を送り込み、気道の閉塞を防止するとともに、睡眠時に十分な酸素が供給されるよう促す治療法です。重症度の高い閉鎖性睡眠時無呼吸症候群に適応される治療法です。

装置は保険診療下で貸与される

CPAPには、特別な装置を必要としますが、基本的に保険診療下で貸与されますのでご安心ください。治療に適した機器設定を行うために、医療機関での一泊入院が必要となることもあります。

レーザー治療

閉鎖性睡眠時無呼吸症の原因が口蓋垂や軟口蓋の異常である場合には、レーザー手術によって治療を行うことがあります。これらの組織をレーザーによって切除し、気道が閉塞するのを防止します。ただし、いびきの音は緩和されるものの、閉鎖性睡眠時無呼吸症候群そのものを改善することができる治療法ではないため、適応されるのは一部の症例に限られます。

メニュー名 本数・回数・内容 通常料金
(税込)
ソムノデント フュージョン ¥ 216,000
検査・歯型取り ¥ 21,600
エラスティックゴム装置(開咬用) ¥ 21,600
毎回の調整料 ¥ 5,400
いびきは完全に治りますか?
適切な治療を施すことで、いびきや睡眠時の無呼吸が改善されることはありますが、完全に治るとは限りません。症例によっては、完全に治ることもあります。
治療中と治療後に痛みはありますか?
治療に伴う痛みは、施術内容によっても大きく異なります。ソムノデントのような口腔内装置であれば、上下分離型であり、着脱も自由に行えるため、施術に伴う痛みや不快感は非常に少ないといえます。
効果はすぐ出ますか?
効果が現れるまでにかかる期間には個人差があります。それは選択する治療法によっても異なります。ソムノデントによる治療では、使用を開始してから1か月後にご来院いただき、症状の改善状況などを確認いたします。その上で、必要であれば調整等を行います。
いびきは治ってもまた再発しますか?
いびきを誘発している根本的な原因が改善されていなければ、再発することもあります。

当院のいびき治療には全て女性歯科医師が対応致します。恥ずかしくて他人には言えない、男性には理解してもらえないいびきの悩み。気軽に安心してお受けいただけるように、当院では他の患者様も全て女性のみとさせていただいております。痛みや治療に対する恐怖心を払拭していただける、手軽に安心して受けられるマウスピースによる治療です。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン