電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは

噛み合わせや歯並びが悪くなる原因として「歯の問題」と「骨格の問題」があります。
成人の場合、成長は止まっているため「骨格の問題」は
ワイヤー矯正では改善することはできないため、歯だけを動かして治療をします。
また、ワイヤー矯正とはマルチブラケット装置のことを言います。
ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる四角い小さな装置を特殊な接 着剤で1本の歯に付き1つ装着し、
そこにワイヤーを通して少しずつ歯を並べていく矯正治療になります。

ワイヤー矯正はこんな方にオススメ

  • 時間をかけてしっかり歯並びを改善したい方
  • 虫歯や歯周病になり、早期に歯を失うリスクを減らしたい方
  • 口臭リスクを減らしたい方
  • 歯並びが原因で歯を見せて笑えない方
  • 歯並びによる発音障害がある方

ワイヤー矯正ができない方

矯正は年単位の長い時間がかかるため、時間がかかることを理解したうえで、しっかりと歯並びを治したいという方におすすめです。

  • 手術を必要とするケース
  • 時間がかけられない方
  • 数年間、定期的に来院するのが困難な方
  • 転勤や転居が決まっていて当院に来院するのが困難になってしまう方
  • 重度の歯周病の方

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

ワイヤー矯正のメリット

  • 虫歯や歯周病になるリスクを減らせる
  • 噛み合わせが良くなることにより食べ物の消化吸収が良くなる
  • 笑顔に自身が持てる

ワイヤー矯正のデメリット

  • 費用が高額である
  • 保険適応ではない
  • 治療期間中に痛みを伴うことがある
  • 年単位の治療期間がかかる
  • 治療中は歯ブラシが複雑になる

ワイヤー矯正の治療の流れ

  • カウンセリング
    患者様の気になっている事や希望などを伺い、現在の歯並びの状態と考えられる治療法をお伝えします。
  • プラークコントロール
    矯正治療中は歯ブラシが複雑になるため、治療前にしっかりとブラッシング指導とクリーニングを行い、お口を清潔に保っていただきます。
  • 精密検査
    診療方針を決めるために必要な資料を採得させていただきます。
    内容は患者様のお口の歯型、お口とお顔の写真、横顔とお口全体の X 線写真です。
  • 診断
    精密検査で得られた情報を元に、診療方針や期間、料金についてご説明いたします。そして、十分なご理解を頂いた後に治療を開始いたします。
  • ワイヤー矯正治療開始
    必要な矯正装置を使い治療をしていきます。1~2か月に1回来院していただき、調整や処置をします。
  • 保定・メンテナンス
    矯正治療が終了した後は後戻りを防ぐために保定装置を使用していただきます。また、チェックとメンテナンスのために、数か月に1回来院していただきます。

ワイヤー矯正の治療期間の目安

矯正治療期間:2~3年(平均) / 保定期間:2年以上

  • 上記の期間は目安です。症例によっては前後する場合があります。

症例、説明

叢生

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い事により、歯並びが悪くなっている状態です。
見た目はもちろんの事、歯が磨きにくいため汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病・口臭のリスクが高まります。

上顎前突(出っ歯)

上の顎の骨や上の前歯が前に出ている状態です。これにより、口唇が閉じづらく、口が開いていることが多くなるため口腔乾燥になり、虫歯や歯周病・口臭の原因になります。

下顎前突(受け口)

上の歯より下の歯が前にある状態で、反対咬合や受け口とも言います。歯ではなく、下の顎の骨事態が前に出ている場合もあります。反対咬合は下の顎の骨の動きを制限するため、顎関節症を発症するリスクが高いと言えます。

過蓋咬合

上と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えにくいくらい深く噛みこんでしまっている状態です。
噛みこんでいる歯で歯茎を傷つけたり、一部の歯に過度な力がかかり歯周の病気になりやすいと言えます。

開咬

噛みしめた時に奥歯は噛んでいるのに上下の前歯の間に隙間があり、前歯で噛めない状態です。
前歯で物を噛むのが困難だったり、発音がしにくくなります。
舌突出癖(舌を前に出して飲み込む悪習癖)がある場合があるため、MFT(口腔周囲筋筋機能訓練)が必要になる場合があります。

空隙歯列(すきっ歯等)

歯と歯の間に隙間がある状態です。隙間から空気がぬけるような発音になってしまいます。

ワイヤー矯正の器具・機材の説明

クリアタイプのブラケット

クリアタイプのブラケット

前歯の見えるところは審美性の良いクリアタイプ(プラスチック)を使い、奥歯は咬合力がかかるため耐久性に優れたメタルタイプを使用します。


セラミックタイプのブラケット

セラミックタイプのブラケット

前歯の見えるところはクリアタイプより審美性に優れたセラミックタイプを使い、奥歯は咬合力がかかるため耐久性に優れたメタルタイプを使用します。


ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

基本のワイヤーはメタル色になりますので、見た目を気にされる場合は白いワイヤーを選択することが可能です。


舌側矯正(リンガルタイプ)

舌側矯正(リンガルタイプ)

歯の表に器具をつけるのに抵抗がある方に向いている矯正装置です。外から見えないというメリットはありますが、食べにくかったり発音しにくいというようなデメリットもあります。上のみリンガルで下は表に装着するという選択肢もあります。


ワイヤー矯正の装置について

リンガルアーチ

ワイヤー矯正の症例写真

ワイヤー矯正の関連ページはこちら

診療内容から探す

アクセス情報

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
オーラルケアの基礎知識に「口内炎の原因と治療法」の新着記事がアップされました。興
審美歯科の教科書に「入れ歯の痛みの原因と痛くない入れ歯」についての記事をアップし