電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間 11:00~20:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
close
電話でのご予約・ご相談は0120-973-978
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約

ホワイトニング

ホワイトニングとは

過酸化水素などの薬剤を歯の表面に塗り、専用の光を歯にあてることによって、
着色してしまった色素成分を分解し、化学的に歯を白くする方法です。
歯科医院で施術し、その日のうちにホワイトニング効果が得られる「オフィスホワイトニング」と
ご自宅で専用のマウストレーにホワイトニングジェルを塗布し、
継続的に装着することによってホワイトニング効果を得られる「ホームホワイトニング」の2種類があります。

白い歯は美しさ、清潔感、若々しさなどを連想させるように、人の印象を決定する大切な要素です。

近年各種メディアにでる方はもちろんのこと、人と接する仕事につくことの多い職種、例えばサービス業などの一般の方も白い歯にする方法に注目されている方が多いようです。

歯を白くする方法は、ホワイトニング、ラミネートべニア、ウォーキングブリーチ、セラミック、マニキュアなど様々な種類があります。

歯のホワイトニングは費用も抑えられ、来院回数も少なく、自分の歯を保存できるので手軽で安心、安全な治療ですが、適応症が限られるため、白くしたい歯がどのような理由で白さを失ってしまっているのか原因をはっきりさせる必要があります。


歯のホワイトニング治療の特徴

ホワイトニングは言い換えると歯の脱色です。絵具を塗るように何か色を入れるのではありません。
そのためご自身が持つ歯本来の白さを目指すため、極端に白い歯になることはほとんどありません。
また本来持っている白さに戻すかたちとなりますので「この色にしたい!」というご希望に沿うことは難しいと言えます。
しかし歯が黄ばんだ原因が、食生活や加齢、嗜好品によってついたものであれば、効果は高く白い歯になることができます。
逆を言えば、ホワイトニング後、日々の生活の中で再度少しづつ着色しますので、後戻りすることがありえます。

当院の歯のホワイトニングが痛くない理由

当院のホワイトニングは「低価格」で「高い効果」を出しながら、「無痛であること」にこだわっています。ホワイトニングを経験れた方のお話をお聞きすると、痛みに対する恐怖心をお持ちの方が意外と多いものです。

痛みを感じるメカニズムとしては、歯の構造と歯の神経の役割にあります。歯は外側がエナメル質、内側に象牙質、真ん中に神経があります。エナメル質は外界の刺激から歯を守り、痛みを感じさせない鎧の役割があります。中の象牙質や神経は、冷たい、熱いといった温度刺激や圧迫感を痛みとして感じます。
虫歯や歯ぎしり、食いしばり、加齢や磨きすぎによる歯肉の退縮によって歯のエナメル質に微細な亀裂や隙間ができると、脱色成分であるホワイトニング薬剤の過酸化水素や過酸化尿素が染み込み、しみるような知覚過敏のような痛みが起こります。また、ホワイトニングの際に使用するライトやレーザーによって発生する熱による痛みもあります。医学的には、歯を傷つけるものではありませんが、ホワイトニングの施術中や、術後24時間程度は、こうした痛みが残る方がおられます。

これらの痛みはあくまで一過性のものですので、過剰な心配はいりませんが、効果を重視しすぎて強すぎる薬剤を使用したり、規定回数や期間を守らなかったり、歯の状態をよく観察せずに薬剤を塗ってしまうと、思いがけない痛みに遭遇することになります。痛みが起きてしまったら、ライトやレーザーから口から遠ざけたり、専用薬剤の濃度を下げると痛みはや和らぎます。しかし、これでは、当然白くする効果も薄れてしまいます。

このように歯のホワイトニングは、治療を受けられるお客様が、正しい知識と、お客様一人一人の歯の状態を把握すること、適切な処置が必要な医療行為であることをしっかりと認識することが大切です。

たとえば痛みを起こさないために、薬剤の濃度を低くしたり、ポリリン酸などの医薬品ではないものを使用することで、効果を下げて痛みを取る方法はあります。当然薬剤の濃度を低くしたり、医薬品以外のものを使用すれば価格も抑えられます。しかし、これでは満足のいく白さを実感できません。

そのため当院では、低価格で、白さを実感でき、痛みも感じさせないことにこだわっているのです。

ホワイトニング効果を維持しつつ痛みを感じさせない「4つのこだわり」

1.歯科医師がカウンセリングから施術まで担当
当院は歯科医師がカウンセリングから施術まで責任をもって行い、虫歯のチェック、エナメル質の亀裂を細部まで確認しガードするため、効果が期待期待でき、痛みを極力感じさせません。

2.厚生労働省認可の日本製ホワイトニング専用薬剤を使用
当院は厚生労働省認可の日本製ホワイトニング専用薬剤を使用しています。当院で導入しているホワイトニング剤のティオン オフィスは新技術「可視光応答型光触媒V-CAT(R)(TiO2-xNx)」の応用により、過酸化水素濃度は約23%と比較的低濃度でありながら、高いホワイトニング効果を実現し、ホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。

3.LEDの低刺激ライトを使用
当院のコスモブルーというホワイトニングのレーザーはLEDの低刺激ライトを使用しており、光源にLEDを採用し発熱が少なく、患者様にやさしいホワイトニングを実現します。本体は、フレキシブルに可動するヘッドとバランスアームの採用により、患者さんの口腔への位置付けが正確かつ簡単に行えます。

4.万全のホワイトニング後のアフターケア
当院は歯のホワイトニング後のアフターケアも万全の体制をとっています。ホワイトニング後は、歯の表面の保護がはがれているため、しみや痛みを感じやすくなっています。術後、歯に歯科医院専用の高濃度フッ素を塗布してあげることで、術後感じる痛みを緩和させます。

歯のホワイトニングはこんな方にオススメ

  • 歯の着色の原因がコーヒー、お茶、タバコ等による変色の方
    ※色素が歯の内部まで取り込まれてしまうため、歯が黄色く見えます。
  • 加齢による変色の方
    ※年齢を重ねることにより、歯は自然と黄色く変色していきます。
  • 全身疾患に由来する変色の方
    ※胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響にで歯が変色してしまうことがあります。
  • 神経治療の経験がない方は高い効果が望めます

歯のホワイトニングができない方

  • 金属の差し歯による黒ずみの方
  • 歯の神経がないことによる黒ずみの方
  • 生まれつき歯がグレーのテトラサイクリン歯といわれる方
  • 差し歯や人工の詰め物の着色が原因の方は、人工物の交換が必要なことがあります。
  • 薬剤に過酸化水素や過酸化尿素を使用するため、無カタラーゼ症の方は適応外です。
    (オキシドールにふれても発泡しない方)
  • ハロゲンや LED などの光を使用するため、光線過敏症のかたも適応外です。
  • リップクリーム、ハンドクリーム、歯磨き粉のアレルギーの方もお受けになれないことがあります。
  • その他一般的な歯科治療が行えない全身疾患をお持ちの方は、担当の医科の先生との連携が必要になります。
  • 問題が提出はされていませんが、念のため妊娠中、授乳中の方も歯科医師との相談が必要です。
  • 年齢としてはエナメル質が安定する高校生以上のかたならどなたでもお受けになれます。


歯のホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

  • 治療期間が短い
  • 治療費用が安い
  • 歯を削らないから安心・安全
  • 白すぎる色にはならないこと

デメリット

  • 適応症が限られる
  • 色戻りする
  • ホワイトニング直後は痛みや色むらがでることがある
  • ホワイトニング後、48時間は食事制限がある
  • 色の指定ができない


ホワイトニングの種類について

ホワイトニングは大きく分けると2つあります。
一つはクリニックで歯科医師の元で行うオフィスホワイトニングと、もう一つはご自宅で患者様ご自身で行うホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、過酸化水素とハロゲンライトを併用することが多く、1回に短時間で白さをはっきりと実感することができます。
処置の最中、チクチクとした知覚過敏のようなお痛みがでる方がいらっしゃいます。
時間とともに自然に落ち着く一時的な痛みですが、まれに痛みが継続して治らない場合、神経治療が必要になる方もいらっしゃいます。
特に歯ぎしり、食いしばりによる摩耗、咬耗、虫歯が放置されていたり、治療中の歯、嘔吐癖や酸蝕症によって、歯のエナメル質が溶けている方は痛みを強く感じることもあり、処置自体ができない方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニング

一方、ご自宅で行うホームホワイトニングは、過酸化尿素とマウスピースを併用することが多く、ご自分のペースで行うことができ、費用も抑えられます。
オフィスホワイトニングでは抜けない深い着色を脱色する目的や、光の当たらない奥歯のホワイトニングとしても使用できます。痛みも感じにくいでしょう。
しかしホームホワイトニングは白くなるまでに回数と時間がかかる点と、白くする度合もオフィスホワイトニングに比べるとやや劣ります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの双方を併用すると、より白く、より持続的に白い歯を手にすることができます。何が一番合っているのか、お口状態も含め、目的に合わせ担当歯科医師とじっくり話し合って決めていきましょう。


歯が白くなるメカニズム

ホワイトニング剤に含まれる過酸化尿素には、歯を傷めることなく着色してしまった歯の内部の色素を分解する力があります。継続してホワイトニングを受けることによって、より深いところの色素を分解して歯を白くすることが可能となります。


ホワイトニングの治療の流れ

オフィスホワイトニング

カウンセリング当日でも可能。但し大事なイベントを控えている場合はその2週間以上前に治療をおすすめいたします。

  • カウンセリング 所要時間:30分程度
  • オフィスホワイトニングのメリット、デメリットのご説明
  • 術前、術後のご説明
  • 適応かどうか歯の確認
  • 適切な治療プランのご案内
  • オフィスホワイトニング施術 所要時間:1.5時間程度

施術手順

  1. 歯面のクリーニング
  2. 歯茎や唇の保護
  3. ホワイトニング剤塗布
  4. 光照射 ※3,4を3回繰り返す。
  5. 効果の確認とフッ素の塗布

ホームホワイトニング

  • カウンセリング 所要時間:30分程度
  • ホームホワイトニングのメリット、デメリットのご説明
  • 術前、術後のご説明
  • 適応かどうか歯の確認
  • 適切な治療プランのご案内
  • 歯型を取る 所要時間:30分程度
  • 2週間ほど空けてホームホワイトニング用トレーと薬剤のお渡しと使用方法説明 所要時間:30分程度
  • ホームホワイトニング開始
    所要時間(過酸化尿素15%なら一日4〜6時間、35%なら1日30分まて)1週間〜2週間続けて行い、色味がまだ気になる方は、最低2週間開けてから同じステップを行います。

施術手順

  1. フッ素無配合歯磨き粉で歯磨き
  2. ホワイトニングしたい部分のトレーにジェルを1〜2mm塗布
  3. 歯面の水分や唾液をティッシュなどでぬぐってからトレー装着
  4. 一定時間経過後トレーを外し余分なジェルをよく除去してからうがい
  5. フッ素配合の歯磨き粉で歯磨き


ホワイトニングの症例写真

いつもの近所の歯医者さんは男性やおとしより、こどもがいて少し落ち着かないのですが、ここはエステサロンに来ているかのような 洗練された感じがした

女子サッカーチーム 世田谷スフィーダ 田中麻里菜です。

アイリスト 中島知子です。

ネイリスト 小川明日香です。

ホワイトニングの関連ページはこちら

診療内容から探す

アクセス情報

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

INSTAGRAM

instagram

FACEBOOK

facebook
歯列矯正のを受ける前に必ず読んでほしい! http://dental-shinbi.com/1228/
当院の新治療の紹介です。なんと即日歯を白くすることが可能です! 歯にマニキュアを
姉妹店のプルクラから嬉しい体験談届きました。セルフホワイトニングの流れまで説明し
治療直後にほぼ全員感動!驚きのガミースマイル治療とは? http://shinbi.clinic/1772