南青山矯正歯科 > 審美歯科 > ガミースマイル治療

ガミースマイルガミースマイル

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎が見えすぎる状態のことを指します。美しい笑顔では、歯茎が2mm程度みえる状態と言われ、それ以上歯茎が見えてしまうとガミースマイルと診断します。

一見してガミースマイルは、歯並びがよい方にも多く、ワイヤー矯正などで歯列矯正をされた方でもお悩みの方が多い症状の1つです。そのため、歯科医院や家族に相談してもコンプレックスを理解されないことが多く、無意識に笑った顔は自分自身で見ることが少ないため、人から指摘されたり、写真撮影などの際に気づき、その後、治し方がわからず深く悩まれる方がとても多いのです。歯茎が主張してしまうため、そのせいで自信を持って笑うことができず、口元を手で隠しながら笑うなど、不自然な癖がついてしまう方も少なくありません。

ガミースマイルの原因は様々です。

唇が原因の場合、笑うと唇が上がりすぎてしまって起こるガミースマイル。前歯が埋まっている上顎が下に位置するため、そこに並ぶ歯も唇よりも下に位置してしまって起こるガミースマイル。

唇や顎の骨には問題がないけれど、歯茎が被りすぎて歯茎が下に位置するガミースマイル。単体の原因ではなく、これらが併用して起こっているガミースマイルもあります。

骨に原因があるガミースマイルと治療法

上の歯を支える骨が厚い、上顎の骨が縦に長いことなどが原因で、上顎が下に位置することで歯茎が見えすぎてしまい、ガミースマイルになることがあります。また、上の歯を支える骨に厚みがあると、その周りに着いている歯茎も厚くなることがあり、ガミースマイルが起きやすくなることもあります。

治療法としては、骨を削る歯槽骨整形術という治療を行います。骨が被り過ぎていると、歯肉が歯に被りやすいため、外科手術で骨を削ります。手術は1~2回で終了し、劇的な効果を期待でき、後戻りはほとんどありませんが、人前に出られないほどの腫れ、出血、痛みが数週間発生します。歯と歯の間に隙間ができてしまうため、セラミック治療の併用が必要となることが多いです。費用も高額となります。

唇に原因があるガミースマイルと治療法

唇に原因がある場合、笑ったり、口を大きく開いたりしたときなどに上唇が上がりすぎてしまうことでガミースマイルになります。この場合、上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎている場合や、上唇が縦に短い場合などがあります。

治療法としては、ボトックス注射や粘膜切除術があります。ボトックスは無毒化したボツリヌス菌を注射することで、唇自体が上がりすぎることを防ぎます。注射のため出血や痛みが少なく費用も安いですが、数か月で必ず効果は薄れ元通りとなります。個人差がありますが、施術直後は唇が上がりづらくなる方もいます。

粘膜切除術も唇をめくった粘膜を切除し、縫合することで唇を上がりにくくする治療です。1、2回で治療は終わりますが、費用が高額となり、術後、数日間は出血、腫れ、痛みが起こります。数か月で戻ってしまうことが多いでしょう。

歯茎に原因があるガミースマイルと治療法

歯茎に原因がある場合は、上の歯の歯茎が発達しすぎており、歯茎が歯に被さっている面積が広いことから、歯茎と歯の境目のラインが下に位置することでガミースマイルが起きます。また、歯が小さいことも原因となる場合があります。

治療法としては、歯肉整形術が適用となります。被り過ぎている歯肉だけを切除します。1回で終わり、費用も最も安く、骨や歯をいじらないため痛み、出血、腫れが非常に少ないです。しかし、切除できる歯茎は2~3mmが限界で、後戻りのリスクもあります。歯の間に隙間が目立つこともあります。その場合はセラミック治療の併用が必要です。

歯に原因があるガミースマイルと治療法

歯に原因がある場合は、上の前歯が下に落ち気味に生えていることで起きるガミースマイルです。すると、笑ったり、口を大きく開けたりしたときに上唇が上がると、前歯が下に落ちているので、歯茎が見えすぎる状態になります。

治療法としては、小さすぎる歯を美しい歯のサイズに変更し、歯茎を一緒に上げるセラミックと歯肉整形の併用治療です。歯の色、形、大きさ、並びも同時に改善でき、骨をいじらないので人前に出られないダウンタイムもありません。

虫歯治療と同じ治療工程なので、痛み、出血、腫れが少なく、後戻りもありません。隙間がある方や歯が小さい方も適応します。また1~2週間間隔で3~4回の通院により3か月程度の治療期間がかかります。歯を削る治療ですので、治療中に知覚過敏が起こることや歯の状態によっては神経治療が必要となることがあります。

症状 ガミースマイルガミースマイルの症状

歯茎が常に空気にふれやすい状態のため、口の乾燥により歯茎の赤らみ、歯肉炎、歯周病、虫歯のリスクが上がります。

審美的にも歯茎のほうに目がいってしまうため、自信をなくし笑顔をみせにくくなるでしょう。歯茎が見える方は、歯が小さいことも多く、年齢よりも幼く見える方もいらっしゃいます。

治療方法 ガミースマイル

ガミースマイルは、実は原因が様々で、骨が原因の方、歯茎が原因の方、歯が原因の方、唇が原因の方、これらがが混合した方など様々です。原因に合わせて最適の治療方法を選ばないと、満足いく結果がえられない場合もあります。そして、治療方法には、メリットとデメリット、適応と不適応、治療費用や治療期間も異なります。歯科医師による得意、不得意もあります。一つの方法だけをすすめるのではなく、ご自身の希望とお口の状態をしっかりと診てくれて、質問のしやすい、経験豊富なクリニックで相談することが大切です。

ボトックスによるガミースマイル治療

ガミースマイルの治療方法は、原因によって変わってきます。

唇に対しては、唇の内側と歯肉を縫い付けあがりにくくする外科手術やボトックス注射により、口周りの筋肉の収縮を低下させ、唇の動きに制限をかけ唇が上がらないようにし、歯茎が見えすぎるの抑えます。これらは手軽ですが早期に後戻りのリスクが高いです。

治療費の目安:15,000円〜

ボトックスによるガミースマイル治療についてはこちら

セラミック矯正

歯が下に落ちている場合には、矯正で歯を圧下させたり、骨を削ってセラミック矯正などの被せ物をする歯科治療を行います。費用、期間が一番かかりますが、後戻りもせず仕上がりは美しく完成します。

治療費の目安:71,400円〜

セラミック矯正についてはこちら

歯肉整形

歯茎が被りすぎている場合は、被っている歯茎をカットして、歯を見せるようにする歯肉整形術という外科処置でガミースマイルの改善が可能です。この歯肉整形術は手軽で費用も一番安いですが、適応症が限られたり、後戻りのリスクもあります。

原因は一つではなく、併発していることも多いため、治療方法も原因に合わせて、併用することもあります。

治療費の目安:46,200円〜

歯肉整形についてはこちら

インプラント矯正

歯が原因の場合、上の前歯が下に落ち気味に生えていることが多いため、矯正治療で歯を上に押し込む、つまり圧下させる治療が必要になります。その治療法として、インプラント矯正を行うことがあります。

インプラント矯正とは、通常のワイヤー矯正に加えて、小さなねじのようなものを顎の骨に埋め込み、歯を動かす固定源として歯列を移動させる方法です。これにより、通常のワイヤー矯正では難しい歯列の移動ができるようになります。歯が原因のガミースマイルに対してインプラント矯正を行うことで、効率的に改善することができます。

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
歯肉整形 片顎 前歯、側切歯、犬歯(1〜6本) 46,200円
ボツリヌストキシン注射 ニューロノックス 1回 15,000円
自分のガミースマイルは何が原因なのか見ていただくことはできますか?

ガミースマイルの原因は人それぞれ異なりますし、一人の方でも、複数の原因が確認できることもあります。当院では、歯科医師による無料カウンセリングの時間を設けておりますので、その際に、ガミースマイルの原因を判断させていただきます。ガミースマイル治療の経験が豊富な女性歯科医師が在籍しておりますので、安心して診察・治療を受けることができます。

複数の治療法を行うことはあるのでしょうか?

ガミースマイルの原因は、一つとは限りません。もし複数の原因が認められる場合には、それぞれの原因を解決する治療法を行うことになりますので、複数の治療法を行うこともあります。
また同じ原因でも、必要に応じて複数の治療法を取ることもあります。例えば、歯が原因の場合、上から歯を押し込む治療を行うことがありますが、このとき、歯に歯茎が被ることがあるため、併用して歯肉整形を行うこともあります。

大がかりな治療法は避けたいのですが、簡単に受けられるガミースマイル治療はありますか?

比較的、簡単に受けられるガミースマイルの治療法としては、ボトックス注射と歯肉整形があります。
ボトックス注射は、主に上唇が上に上がりすぎてしまうためにガミースマイルが起きる、唇が原因の場合によく行われます。ボトックスとは、無毒化したボツリヌストキシンを注入して、筋肉の動きを弱めることで、上唇が上がりすぎるのを抑制する治療方法です。施術は短時間で終わり、ダウンタイムもなく、日常生活には支障がありません。
歯肉整形は、歯茎が原因の場合によく行われるガミースマイルの治療法です。局所麻酔をしてから歯茎を切除する手術を行います。手術とはいえ、ダウンタイムが少なく、短時間で終わるため、手軽に受けられます治療法といえます。
いずれも、ガミースマイルの原因によって治療を受けられるかどうかは変わってきますので、ご自身の歯並びに合った治療法を女性歯科医師が診断し、お伝えさせていただきます。まずはお気軽に無料カウンセリングをお受けください。

ボトックスはすぐに元に戻ってしまうって本当ですか?

ボトックスは、短期間での効果が得られる治療法です。注入後、およそ10日~14日程度で効果が現れ始め、1回につき、効果は約4か月~6か月ほど続きます。その後は、自然にもとの状態に戻ります。継続的にボトックス注入を行っていくことで、治療効果を持続させることが可能です。

セラミック矯正でガミースマイルが改善するのですか?

セラミック矯正自体を、ガミースマイル改善のための治療とすることは基本的にはありません。
ただ、ガミースマイルの治療法に歯茎を切除する歯肉整形がありますが、後戻りをするデメリットがあります。しかし、削った歯を土台として、そこにセラミック製の被せ物をして、歯並びを美しく整えるセラミック矯正を併用すると、セラミックの差し歯がストッパーとなり、後戻りの防止に有効とされています。

ボトックスと歯肉整形によるガミースマイル治療の効果はどちらが長く持続しますか?

ボトックスは無毒化したボツリヌストキシンを上がり過ぎる口周りの筋肉に注入することで筋肉の動きを抑制し、ガミースマイルを改善する治療です。注入する量や定期的に注入しているか、筋肉の個体差など違いはありますが、おおよそ3~6か月程度効果が持続し、最終的には完全に元に戻ります。
対して歯肉整形は、歯に被っている歯肉を電気メスで切除する治療で、口角を上げても歯茎が見えなくなるようにする治療です。こちらも歯肉の厚さや、毎日のブラッシングをしっかり歯茎にあてているかなどの個体差はありますが、おおよそ6か月~2年ほどで後戻りすることがあります。歯肉を切除しているため、完全に戻るとまではいきませんが、数ミリ単位のことですので、後戻りを感じることはあり得ます。
単純な効果で申し上げれば、歯肉整形のほうが持続効果は長いといえます。

ボトックス注射と歯肉整形を併用するとガミースマイル改善の効果は高くなりますか?

ガミースマイルの原因は様々で、骨が原因であれば骨の処置、歯が原因であれば歯の処置、歯並びが原因であれば歯列矯正、歯茎が原因であれば歯肉整形、唇の筋肉の緊張が原因であればボトックス注入を選択します。
もちろん原因が1つでないこともありますので、それぞれの原因に合わせた治療を併用することがあります。原因が歯肉と唇の緊張であれば、歯肉整形とボトックスを併用することになり、併用することで効果が高くなると考えられます。

上唇をめくったところの筋を切除したことが原因のガミースマイルは治すことはできますか?

ガミースマイルの原因が、幼いころに受けた処置からきているのかはわかりませんが、当時は歯並びの改善のためにやむなく必要なことだったのかもしれません。上唇をめくったところの筋は緊張が強すぎると真ん中前歯に隙間ができてしまう原因になりうることがあるため、確かに幼少期に切除することはあり得ます。
一度切除したものを戻すことは基本的には困難ですが、歯茎の見えすぎは様々な原因が併発して起こることが多いため、骨が原因なのか、歯茎なのか、歯並びなのか、唇の粘膜なのか、筋肉なのかでそれぞれ治療方法が変わります。原因が併発している場合には、治療の併用が必要となります。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

上部に戻るボタン