裏側矯正 (舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)とは

裏側矯正(舌側矯正)とは

裏側矯正(舌側矯正)とは、ワイヤー矯正の術式のひとつで、歯の裏側(舌側)に金属製の矯正装置を付け、そこにワイヤーをとおして歯牙移動を促すことで、歯列不正や不正咬合を改善することを目的とした矯正技術です。歯科では舌側矯正(ぜっそくきょうせい)といい、一般的には裏側矯正と呼ばれることもあります。

矯正装置は舌側にあるため開口時に見えづらく、矯正期間中でも高い審美性を保つことができます。

裏側矯正は主に2つに分けられ、フルリンガルとハーフリンガルの2種類があります。リンガル(舌側)とは、矯正装置を歯列の裏側に設置することを意味し、それが全部(フル)か半分(ハーフ)かによって、治療に伴うメリット・デメリットも変わってきます。

フルリンガル矯正の特徴

フルリンガル 裏側矯正

金属製のワイヤーとブラケットを上下顎ともに裏側に設置する矯正法です。フルリンガル矯正と呼ばれることもあります。開口時には矯正装置が見えないため、接客業、人前で話す機会の多い経営者や芸能人、就職活動中の学生におすすめの矯正法です。

フルリンガル矯正のメリット

  • 矯正中であることにほとんど気付かれない
  • 表側矯正よりも虫歯になりにくい
  • 表側矯正と比べ前歯を引っ込める場合に優位
  • 舌癖防止になり、矯正治療後の後戻りのリスクが減る

フルリンガル矯正のデメリット

  • 表側矯正よりも治療費が高くなる
  • 慣れるまでは違和感や発音障害が大きい
  • 食事がしづらい
  • 歯磨きがしづらい

ハーフリンガル矯正の特徴

ハーフリンガル 裏側矯正

ハーフリンガル矯正では、上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に矯正装置を設置します。

笑った時に見えづらい下の歯の表面にしか矯正装置がつかないため、比較的装置が目立たず、フルリンガルと比べ、発音や舌への違和感が軽減されます。「少しだけ矯正装置が見えてもいいけど、快適に矯正をしていきたい」といった方におすすめです。

ハーフリンガル矯正のメリット

  • 目立ちやすい上顎は裏側に設置するので周囲に気付かれにくい
  • 下顎は舌側に設置するので発音の邪魔にならない
  • フルリンガル矯正より治療費が安くなる

ハーフリンガル矯正のデメリット

  • フルリンガルと比べると装置が目立ちやすい
  • 一般的な表側矯正よりも治療費が高くなる
メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
裏側矯正(リンガルブラケット) ハーフリンガル(上顎:舌側、下顎:表側) 1,200,000円
上下顎 1,400,000円
処置料(毎回) 無料
リンガル部分矯正 上顎または下顎のみ 500,000円
ハーフリンガル(上顎:舌側、下顎:表側) 600,000円
上下顎 700,000円
精密検査、診断料 50,000円
プラークコントロール料 5,000円
リテーナー(保定装置) 片顎 50,000円

ワイヤー矯正オプション

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
アンカースクリュー 1本 50,000円
MFT(口腔周囲筋筋機能訓練) 1回 5,000円
裏側矯正が表側矯正より虫歯になりにくいのはなぜですか?

私たちの歯は、一般的に表側の方が虫歯になりやすいです。裏側は唾液による自浄作用などが働きやすいからです。そのため、表側に装置を装着すると虫歯や歯周病のリスクが大きく上昇します。ですから、虫歯や歯周病を予防するという点においては、裏側矯正の方が優っているといえます。

裏側矯正なら周囲に気付かれることはありませんか?

ワイヤー矯正の中では、フルリンガルである裏側矯正が最も気付かれにくい治療法といえます。とはいえ、大きく口を開けた際には、装置が目につくこともありますので、絶対に気付かれないということもありません。

裏側矯正は口腔ケアが難しくありませんか?

裏側矯正は、表側矯正よりもケアが難しい傾向にあります。そのため、歯ブラシだけではなく歯間ブラシやデンタルフロスといった補助的清掃器具を活用する必要があります。それらの使用方法も踏まえ、適切なオーラルケアの仕方を指導させていただきますのでご安心ください。

ハーフリンガル矯正はどんな歯並びも治せますか?

ハーフリンガル矯正は、いろいろな症例に適用することができますが、万能ではありません。ケースによっては一般的な表側矯正の方が適していることもあります。

ハーフリンガル矯正でも抜歯は必要ですか?

ハーフリンガル矯正では、抜歯が必要なケースとそうでないケースとがあります。抜歯が必要かどうかは、精密な検査を実施するこで判断することが可能です。もちろん、どうしても抜歯をしたくないという患者さまには、そのご意向を反映した治療計画をご提案いたしますのでご安心ください。

歯列矯正における抜歯の目的と非抜歯矯正との比較

ハーフリンガル矯正なら治療中であることに気付かれませんか?

一般的な表側矯正と比べると、治療中であることに気付かれにくいといえます。ただ、下の歯列は表側に矯正装置が装着されますので、フルリンガル矯正よりは気付かれやすいといえます。

裏側矯正(舌側矯正)のページをご覧の皆様へ

このページでは、上下顎の裏側または、上顎は裏側で下顎は表側に矯正装置をつける「裏側矯正」についてご確認いただけます。

南青山矯正歯科クリニックの裏側矯正は、出っ歯や受け口など幅広い症例に適用可能です。特に矯正期間中でも、審美性を重視される方にはおすすめの矯正法といえます。

当院ではキャリア10年以上、もしくは大学附属病院所属の実績のある女性歯科医師が対応いたしますので、治療に関するご要望等も気兼ねなくお伝えください。裏側矯正だけでなく、その他の審美の悩みも同じ施設内で連携対応可能なため、治療ごとに医療機関を変える必要がありません。

裏側矯正 (舌側矯正)の治療概要

治療方法 裏側矯正 (舌側矯正)
治療説明 裏側矯正(舌側矯正)は、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着することで、矯正期間中の審美性を保ったまま、歯並びや不正咬合を改善する矯正法です。
治療費 362,500円〜1,450,000円(税別)
治療の副作用(リスク)
  • 装置の装着、調整により痛みや口内炎や傷を生じて痛む事があります。
  • 清掃不良により虫歯、歯肉炎・歯周炎、歯の変色・着色が起こる可能性があります。
  • 矯正治療進行上、抜歯が必要と判断されることがあります。
  • 個人個人において、骨格の形態・歯槽骨(歯を支えている骨)や歯肉の健康状態・協力度・治療法の選択(抜歯や非抜歯)などによって治療の限界が決まります。
  • 歯根吸収という歯の根っこが吸収され、時として根の長さが短くなることがあります。
  • 咬み合わせが一時的に変わり顎関節異常が起こることがあります。
  • 咬合の変化や加齢変化により歯肉の退縮や歯槽骨の吸収が見られる可能性があります。
  • 矯正治療後の後戻りは、多少なりともほとんどの患者様に起こり得ます。
  • 矯正治療終了後、補綴物の再製作が必要になる場合があります。
治療期間 3か月〜3年
治療回数 5回〜40回
適応症例 空隙歯列、下顎前突、上顎前突、開咬、叢生などの歯列不正
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 保定期間あり
不適応の症例
  • 重度の歯周病の場合
  • 手術を必要とする場合
運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室