南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > セラミッククラウン

セラミッククラウンとは

セラミッククラウンの症例写真セラミッククラウン
ビフォーアフター

セラミッククラウンとは、金属を使用せずにセラミックのみで作られた補綴物や差し歯、被せ物のことです。銀歯の差し歯のように、金属アレルギーの心配もなく、プラスチックの補綴物のように、ステインなどの色が着色して残る心配もありません。また、セラミッククラウンは変色することがなく、汚れや歯石が付着しても、歯のクリーニングで元のきれいな歯の色に戻ります。

金属使用の差し歯により歯茎が黒くなってしまった方、虫歯で神経が死んでしまった方、テトラサイクリンなどの生まれつき歯がグレーの方、保険診療の差し歯が変色と変形した方がセラミッククラウンを使った治療で、歯を白く、歯茎の黒ずみを改善し、素敵な笑顔を取り戻しています。

セラミッククラウン治療の特徴

特徴 セラミッククラウン

セラミッククラウン治療は、金属不使用のオールセラミックやジルコニアセラミックという陶器に近い素材を使うため、アレルギーの心配がなく、歯茎が黒ずむ心配がありません。

さらにセラミックは、色の選択肢が多く加工がしやすい素材のため、自然な形で透明感のある美しい白い歯を手にすることができます。また非常に硬く丈夫で、被せる歯との適合が良く、大切な歯を長期間保護することができます。

治療期間は最短2回からの短期間で、治療開始当日に自然で綺麗な仮歯が入るため効果を治療開始から実感いただけます。腫れ、出血などのダウンタイムが少ないのも特徴です。

クラウンに用いる材質の比較表

オールセラミック
クラウン
ジルコニアセラミック
クラウン
フルジルコニア
クラウン
パール
クラウン
メタルボンド
クラウン
ハイブリッド
セラミック
金歯
(ゴールドクラウン)
硬質レジン
前装冠
硬質レジン
ジャケット冠
銀歯
写真 オールセラミッククラウン ジルコニアセラミッククラウン フルジルコニアクラウン パールクラウン メタルボンドクラウン ハイブリッドセラミック 金歯(ゴールドクラウン) 硬質レジン前装冠 硬質レジンジャケット冠 銀歯
材質(構造) 内面:セラミック
外面:セラミック
内面:ジルコニア
外面:セラミック
内面:ジルコニア
外面:ジルコニア
内面:ジルコニア
外面:ジルコニア
内面:金属
外面:セラミック
内面:金属
外面:セラミックと
プラスチックの混ぜ物
内面:18金
外面:18金
内面:金属
外面:強化プラスチック
内面:強化プラスチック
外面:強化プラスチック
内面:金銀パラジウム合金
外面:金銀パラジウム合金
保険適用 保険外 保険外 保険外 保険外 保険外 保険外 保険外 保険適応 保険適応 保険適応
費用相場 ★★★★
とても高価
★★★★★
非常に高価
★★★★★
非常に高価
★★★
高価
★★★
高価
★★
比較的安価
★★★★★
非常に高価

安価

安価

安価
審美性 ★★★★★
非常に高い
★★★★★
非常に高い
★★★★
とても高い

乏しい
★★★
高い
★★★
高い

乏しい
★★
やや乏しい
★★
やや乏しい

乏しい
色の再現性 ★★★★★
非常に高い
★★★★★
非常に高い
★★★
高い

乏しい
★★
やや乏しい
★★
やや乏しい

乏しい
★★
やや乏しい
★★
やや乏しい

乏しい
変色
心配ない

心配ない

心配ない

心配ない

心配ない
×
心配あり

心配ない
×
心配あり
×
心配あり
×
心配あり
耐久性(寿命) ★★★
高い
★★★★
とても高い
★★★★★
非常に高い
★★★★★
非常に高い
★★★★
とても高い
★★
やや低い
★★★★★
非常に高い

低い

低い
★★★
高い
強度 ★★★
高い
★★★★
とても高い
★★★★★
非常に高い
★★★★★
非常に高い
★★★★
とても高い
★★
やや低い
★★★★★
非常に高い

低い

低い
★★★★★
非常に高い
適応 前歯 前歯・奥歯 前歯・奥歯 奥歯 前歯・奥歯 前歯・奥歯 奥歯 前歯 前歯~第二大臼歯まで 奥歯
金属アレルギー
心配ない

心配ない

心配ない

心配ない
×
心配あり

心配ない
×
心配あり
×
心配あり
×
心配あり
×
心配あり
虫歯のリスク 低い 低い 低い 低い やや低い やや低い やや高い やや高い やや高い やや高い
ブリッジの適用 ×
できない

できる

できる

できる

できる
×
できない

できる

できる
×
できない

できる
長所 ・透明感、色の再現性が高く、
天然の歯に近い強度で審美性が高い
・金属を不使用なため、歯茎が黒くならず、
金属アレルギーのリスクがない
・歯の色が50種類以上から選べる
・非常に丈夫で壊れにくい
・透明感、色の再現性が高く、
天然の歯に近い強度で審美性が高い
・金属を不使用なため、歯茎が黒くならず、
金属アレルギーのリスクがない
・歯の色が50種類以上から選べる
・透明感があり、金属に匹敵する強度がある
・金属を不使用なため、歯茎が黒くならず、
金属アレルギーのリスクがない
・歯の色が50種類以上から選べる
・金属に匹敵する強度がある
・丈夫さ、真っ白な歯を求める方におすすめ
・金属を使用しているので丈夫
・セラミックの中では安価
・歴史が長く治療の実績が多い
・保険のプラスチックよりも丈夫で美しい
・比較的安価
・辺縁封鎖性が高い
・虫歯になりにくい
・周囲や噛み合う歯に
やさしく傷つけない
・非常に安価 ・非常に安価
・金属アレルギーのリスクが低い
・歯茎が黒くならない
・非常に安価
・非常に丈夫
短所 ・硬いが脆さがあり割れる可能性があり、
奥歯には積極的に使用しない
・値段が高い
・先端にやや脆さがある
・値段が高い ・色が単一色のため審美性が落ちる
・透明感がない
・金属アレルギーのリスクがある
・歯茎が黒くなる
・先端がかける脆さ
・透明感が出しにくい
・金属アレルギーのリスクがある
・歯茎が黒くなる
・セラミックより透明感が低い
・表面が変色する可能性がある
・高価
・色が金色で目立つ
・金属アレルギーのリスクがある
・変色しやすい
・他の材質より割れるリスクが高い
・金属アレルギーのリスクがある
・歯茎黒くなる
・壊れやすい
・変色しやすい
・銀色による審美性の低下
・二次虫歯のリスク
・金属アレルギーのリスクがある
・歯茎黒くなる

セラミッククラウンの症例

虫歯治療後に入れた銀歯をセラミッククラウンに交換した症例

治療前 虫歯治療後に入れた銀歯をセラミッククラウンに交換した症例治療前
治療後 虫歯治療後に入れた銀歯をセラミッククラウンに交換した症例治療後

《担当医コメント》

以前、虫歯になってしまった奥歯を銀歯で治療したのち、咬み合わせの不調和、金属アレルギーにお悩みの患者様でした。口を開けて笑うと銀歯が黒く見えてしまう審美的なお悩みもありました。

金属を交換するならばプラスチックやセラミックインレー、セラミッククラウンといった治療の選択肢がありますが、奥歯は非常に噛む力が強く、プラスチックやセラミックインレーだと割れてしまうリスクがあったため、咬み合わせ全体を調整する目的も含め、丈夫なセラミッククラウンを選択されました。

材質は金属不使用でも強度が十分かつ透明感や色の自由度などの審美性も備えたジルコニアセラミックを使用しています。咬み合わせを入念に調整し、3か月程度で全ての歯の治療を完了しました。

(担当医 白石文)

セラミッククラウンの治療の流れ

セラミッククラウンの治療は、通院頻度は歯の本数やお口の状態により異なりますが、2週間に1回程度、目安は3~4回の2か月程度で治療が終了します。

  • 1.女性歯科医師による
    無料カウンセリング

    カウンセリング セラミッククラウンカウンセリング

    セラミッククラウン治療を希望する女性のお悩みの多くは、大きな虫歯がある、歯が黒ずんでいる、古い差し歯の変色や歯茎の黒ずみ、ホワイトニングでは白くならず歯を白くしたい、他院で入れた差し歯の修正や交換などです。

    セラミックインレーやダイレクトボンディングでは、治療範囲や大きさに制限があり適応症が限られますが、セラミッククラウンは、前歯から奥歯まですべての歯のお悩みに対応が可能です。

    無料カウンセリングでは、30〜60分程度をかけて、女性歯科医師がお口を丁寧に診察し、治療説明と一人一人に合わせた治療プランをご提案いたします。

  • 2.表面麻酔を用いた痛みを抑えた局所麻酔

    局所麻酔 セラミッククラウン局所麻酔

    セラミッククラウン治療では、基本的に無痛状態で行うために局所麻酔を使用します。表面麻酔薬を使い粘膜の間隔を一時的に鈍らせ、その後、5分程度かけて麻酔を注入します。麻酔には髪の毛より細い針を使用し、ゆっくりと最適な温度で注入していきます。

  • 3.支台歯形成と仮歯製作

    仮歯製作 セラミッククラウン仮歯製作

    セラミッククラウン治療では、歯の削合を行い支台歯の形成を行い、そこに最終的にセラミッククラウンを被せます。ただ、この段階ではセラミッククラウンは完成したいないため、治療期間中は仮の歯を装着していただきます。

    口の状態や治療する歯の本数により異なりますが、セラミッククラウン治療ではできるだけ早めに機能面、審美面を回復するため、初回治療にて仮歯を製作します。

    古い差し歯や銀歯を外したり、黒くなってしまった歯茎があれば適切な処置を施し、虫歯があれば取り除いてから、咬み合わせ、適合、見た目を回復した患者様に合わせた仮歯なので日常生活に支障が出ることはありません。

    当院ではこの仮歯にこだわっており、仮歯の色も明るめから自然な色などのご用意が可能で、女性目線でデザインした最終形態に近い仮歯を製作することで、日常生活を支障なく過ごすことができます。

    治療時間は60分程度です。

  • 4.精密な印象採得(歯型取り)とセラミッククラウンの色決め

    印象採得(歯型取り) セラミッククラウン印象採得(歯型取り)

    当院では保険診療では認められていない、優れたシリコン素材の型取り材料を使用し、お口や歯の状態を精密に採集します。通常の型取り材料に比べ、細部再現性が高く、変形しにくいため、より精密で適合のよいセラミッククラウンの製作が可能です。適合のよいクラウンは、より壊れにくく、虫歯や歯周病になりにくいことを意味します。

    この回では50種類以上ある色見本から、希望や現状のお口に合ったセラミッククラウンの色を選択いただきます。歯型取りとセラミッククラウンの色決めで60分程度かかります。

  • 5.審美歯科専門の歯科技工所にてセラミッククラウンの製作

    製作 セラミッククラウンセラミッククラウンの製作

    コスト削減のため、海外の歯科技工所にセラミッククラウンの製作を発注する歯科医院も増えてきております。しかし当院では精密で丁寧な日本製のセラミッククラウンにこだわり、審美歯科、インプラント、矯正歯科の経験豊富で実績のある審美歯科技工所へ依託しています。

    また、必要に応じて歯科技工士の立ち合いも可能で、患者様のご要望をお尋ねしたり、資料採集をすることで、意思疎通がしやすい環境を整えています。セラミッククラウンの製作は2週間程度かかります。

    セラミックの素材は、金属を使用したメタルボンドから、金属不使用のオールセラミック、強度のあるジルコニアセラミックの3種類からお選びいただけます。

  • 6.セラミッククラウンの装着

    装着 セラミッククラウンセラミッククラウンの装着

    仮歯を外して歯のクリーニングを行った後、セラミッククラウンを装着します。歯の色、形、咬み合わせ、適合を患者様と歯科医師で確認し、問題ないと判断できたら、歯科用接着剤で半永久固定します。セラミッククラウンの装着には60分程度かかります。

  • 7.最終確認

    適合の確認 セラミッククラウン適合の確認

    セラミッククラウンの装着から2週間程度使用していただき、最終確認のためにご来院いただきます。30分程度をかけ、咬み合わせ、適合、接着剤の取り残しがないかなどを綿密に確認します。問題なければ、セルフケアなどを指導させていただき治療が終了となります。

  • 8.定期検診

    定期検診 セラミッククラウン定期検診

    セラミッククラウンは変色せず丈夫な素材ですが、天然の歯でもセラミックの歯でも、虫歯や歯周病になるリスクはあります。歯垢や歯石はしっかりとセルフケアをしている方でも溜まりますので、定期的なプロケアとして歯科医院での定期検診をおすすめしております。

    定期検診では虫歯の有無のチェック、クリーニング、セラミッククラウンと天然歯の艶出し、咬み合わせ、適合のチェックなどを30分程度でおこないます。セラミッククラウン治療後にお口の状態を加味して、女性歯科医師が必要な定期検診の頻度をご案内します。これをお守りいただける方は保証がついておりますので、不測の事態の際には無料で作り直しなどに対応できます。

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
オールセラミック(前歯) 1本 71,400円
ジルコニアセラミック 1本 94,300円
メタルボンド 1本 85,000円

オーダーメイドオプション

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税込)
カラーデザイン ※技工物のグラデーション、透明感など、質感を患者様が納得いくまで指定可能。 1本 24,600円
形状デザイン ※技工物の形状を患者様が納得いくまで指定可能。 1本 51,000円

セラミッククラウンオプション

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税込)
セラミック用仮歯 1本 5,500円
土台・芯(コア) 1本 16,100円
土台・芯除去 1本 8,300円
抜歯 1本 8,300円
歯根治療(根管治療) 1本 8,300円
セラミックの差し歯をしたら歯茎が黒くなる可能性はありますか?

セラミックの差し歯で歯茎が黒くなる可能性があるとすれば、メタルボンドなど金属使用の有無が考えられます。差し歯が原因で歯茎が黒くなるのは、一般的に金属の溶け出しによる歯茎への影響が理由です。そのため、オールセラミックやジルコニアセラミックといった金属不使用の素材での差し歯の製作であれば、金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみは起こり得ません。

セラミッククラウンの寿命はどれくらいですか?

セラミックは陶器に近い材質です。お茶碗は叩いても割れにくいですが、落とすと簡単に割れるという脆さをもっています。そのため、セラミックの差し歯が欠ける可能性はゼロではありません。しかし、数千年前の陶器の装飾品が、発掘などで変色もなく原型を保ったまま発見されるように、安定性が非常に高い素材です。

このように半永久といえるほど丈夫な素材ですが、人間である生体は(歯や歯肉、骨など)、経時的に劣化していきます。特にセラミック治療などをしていない方で、40歳での歯周病の罹患率が80%を超えるように、セラミックを被せる歯も虫歯や歯周病などにかかる可能性はあります。これらを踏まえて、セラミックの差し歯の寿命はの目安は10年程度といわれています。というのも10年の間に10%の方が、虫歯・歯周病・事故などなんらかの形で作り直す確率があるからです。

しかし、これらは患者様ご自身の意識次第で予防することができます。自宅で行うセルフケアと歯科医院で受けられる定期健診で、歯石、歯垢、咬み合わせのチェックを定期的に行うことにより、長期間ご使用いただけます。また、どうしても作り直しが必要な場合は、再度、セラミッククラウンを作ることができます。

当院では、指定の定期健診に来ていただいている方は、保証期間中であればセラミックの差し歯を無料でお作り直しなど対応させていただいています。

セラミッククラウンが欠けることはありますか?

セラミッククラウンの素材は安定性の高い丈夫な素材ですが、過度の力が加わったり、口腔ケアが不適切で虫歯や歯周病となったりすると破折するリスクがあります。また、装着から長期間放置してしまったり、ストレスなどから歯ぎしり、食いしばりなどを起こすようになると、継続的に過度な力がかかり、ある日突然に割れてしまうこともあります。

当院では、このようなリスクを低くするために、歯科医師が管理できる定期検診の受診をご案内させていただいております。

セラミッククラウンが臭くなることはありますか?

セラミッククラウンの素材は陶器に近い素材であり、お茶碗に近いものですが、お茶碗にカレーをいれても洗えばすぐ落ちるように、臭いが残ることはありません。逆にプラスチックのお弁当箱にカレーをいれると色も臭いも残るように、保険診療で使用する材質ですと臭いが出ることはあります。また、茶渋のついた湯飲みも、洗剤(塩素系漂白剤)につけるときれいになるようにセラミックは変色もしません。

このようにセラミッククラウンが臭いを出すことは、限りなく低いといえます。しかし、セラミッククラウンは自分の歯を残して被せ、歯肉に近いところに装着します。このセラミッククラウンと歯肉の境目に、食べかすや歯垢、歯石が付着します。これが虫歯や歯周病の原因となり、臭いを発することはありえます。もし、セラミックを装着して臭いが気になる場合には、セラミック以外の原因もないか歯科医院を受診しましょう。

保険の差し歯による歯茎の変色は治せますか?

差し歯による歯茎の変色の原因は、差し歯自体に金属が使用されている場合、歯の中の土台に金属が使用されている場合の2つあります。

保険診療で金属が使用された差し歯や土台を入れますと、金属部分が溶けだし周囲の歯茎の色を黒くする場合があります。これ自体は金属を外さない限り変わりません。また、長時間放置すると、黒ずみが濃くなっていくこともあります。さらに、金属アレルギーになるリスクもあります。特に前歯は、差し歯や土台を入れる時点で、素材をしっかり吟味することが大切です。

差し歯を取り替えることはできますが、再度、歯を削ることになったり、土台を除去しようとすると支えている歯が薄くなり、歯が折れる、抜歯するリスクも高まります。

原因がこうした金属によるものであれば、オールセラミックやジルコニアセラミックのように金属を使用しない差し歯や、グラスファイバーやレジンなどのガラス繊維やプラスチックの土台に変えることで、金属によって染まってしまった歯茎の黒ずみの色を戻す例はたくさんあります。

セラミッククラウンのページをご覧の皆様へ

このページでは歯の色、形、大きさを同時に改善できる、セラミッククラウンについてご確認いただけます。

当院では、セラミッククラウンという歯を削って美しい歯に再建する治療の経験が、最大20年以上の審美歯科を専門とする女性歯科医師などが担当します。

歯本来の機能性はもちろん、女性らしい気配り、繊細さ、共感、デザインを重要視しており、男性には話づらいコンプレックスや伝わりにくいニュアンスを女性歯科医師がしっかりと拾いあげます。どんな小さいことでも気軽に審美専門の女性歯科医師までご相談下さい。

セラミッククラウンの治療を担当する歯科医師

セラミッククラウンの治療概要

治療方法 セラミッククラウン
治療説明 セラミッククラウンは歯を削ってセラミック素材の差し歯を装着し、歯の色、形や大きさを同時に希望通りに改善することを目的とした治療です。
治療費 71,400円〜94,300円(税別)
治療の副作用(リスク)
  • 歯の神経治療及び土台(芯も含む)治療や抜歯が必要になる可能性があります。
  • 神経治療をした歯は気圧の変化や時間経過により炎症がみられる可能性がある。
  • 麻酔をした部分は内出血、痛みを伴う可能性がある。
  • 咬み合わせ調整のために対合歯の研磨調整が必要となる可能性がある。
  • 歯の削合後は数週間から数か月は知覚過敏の症状や違和感が出る可能性がある。
  • 印象採得後、歯茎から微出血や違和感が数週間続く可能性がある。
  • セラミッククラウン装着直後、歯茎に赤みがみられる可能性がある。
  • セラミッククラウン装着後でも痛みが出た場合は神経治療が必要となる可能性がある。
  • 定期健診を怠ると、虫歯、歯周病のリスクが高まる。
  • 日常生活の範囲を超える力が加わると、欠損や脱離の可能性がある。
  • 咬み合わせや歯ぎしりにより歯の根が動く可能性がある。
  • 金属を使用したクラウンを装着した場合、経時的に歯茎が黒くなる可能性がある。
  • 歯肉退縮が起きるとセラミッククラウンと土台の歯の境目が見える可能性がある。
治療期間 2週間〜4週間
治療回数 2回〜4回
適応症例 永久歯の形成不全歯や着色歯牙、神経治療歯、虫歯、歯牙破損、矮小歯
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項
  • 麻酔を伴う治療後は、麻酔がきれる数時間は食事を控える。
  • 仮歯期間中は固いものや粘着性の食べ物を控える。
不適応の症例
  • 重度の歯周病の場合
※歯周病が重度の場合、先行して歯周病治療が必要なこともあります。
  • 乳歯、親知らず、将来抜歯の可能性がある歯
  • 全身疾患がある方やアレルギーのある方
  • 妊娠安定期以外の方

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文

南青山矯正歯科・審美歯科からのお知らせ