電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978

診療・電話受付時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00
MENU
お電話
お問い合せご予約はこちら
close
モニター募集中
採用情報
close
電話でのご予約・ご相談は
0120-973-978
診療・電話受付時間
平日 11:00~20:00 土日祝 10:00〜19:00
  • 無料カウンセリング予約
  • ドクターメール相談
  • モニター募集中
  • お得なモニター募集
  • 無料カウンセリング予約
南青山矯正歯科 > 歯列矯正 > ワイヤー矯正

ワイヤー矯正の症例写真ワイヤー矯正
ビフォーアフター

ワイヤー矯正とはマルチブラケット装置のことを言います。ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる四角い小さな装置を特殊な接着剤で1本の歯に付き1つ装着し、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を移動させ並べていく矯正治療になります。
また、噛み合わせや歯並びが悪くなる原因として「歯の問題」と「骨格の問題」があります。
成人の場合、成長は止まっているため「骨格の問題」はワイヤー矯正では改善することはできないため、歯だけを動かして治療をします。

ワイヤー矯正のメリット

  • 虫歯や歯周病になるリスクを減らせる
  • 噛み合わせが良くなることにより食べ物の消化吸収が良くなる
  • 笑顔に自身が持てる

ワイヤー矯正のデメリット

  • 費用が高額である
  • 保険適応ではない
  • 治療期間中に痛みを伴うことがある
  • 年単位の治療期間がかかる
  • 治療中は歯ブラシが複雑になる

クリアタイプのブラケット

クリアタイプのブラケット ワイヤー矯正クリアタイプのブラケット

前歯の見えるところは審美性の良いクリアタイプ(プラスチック)を使い、奥歯は咬合力がかかるため耐久性に優れたメタルタイプを使用します。

セラミックタイプのブラケット

セラミックタイプのブラケット ワイヤー矯正セラミックタイプのブラケット

前歯の見えるところはクリアタイプより審美性に優れたセラミックタイプを使い、奥歯は咬合力がかかるため耐久性に優れたメタルタイプを使用します。

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー ワイヤー矯正ホワイトワイヤー

基本のワイヤーはメタル色になりますので、見た目を気にされる場合は白いワイヤーを選択することが可能です。

舌側矯正(リンガルタイプ)

舌側矯正(リンガルタイプ) ワイヤー矯正舌側矯正(リンガルタイプ)

歯の表に器具をつけるのに抵抗がある方に向いている、裏側矯正で使用する矯正装置です。外から見えず目立たないというメリットはありますが、食べにくかったり発音しにくいというようなデメリットもあります。上のみリンガルで下は表に装着するという選択肢もあります。

リンガルアーチ

リンガルアーチ ワイヤー矯正リンガルアーチ

歯の表に器具をつけるのに抵抗がある方に向いている矯正装置です。外から見えず目立たないというメリットはありますが、食べにくかったり発音しにくいというようなデメリットもあります。上のみリンガルで下は表に装着するという選択肢もあります。

  • 時間をかけてしっかり歯並びを改善したい方
  • 虫歯や歯周病になり、早期に歯を失うリスクを減らしたい方
  • 口臭リスクを減らしたい方
  • 歯並びが原因で歯を見せて笑えない方
  • 歯並びによる発音障害がある方

矯正は年単位の長い時間がかかるため、時間がかかることを理解したうえで、しっかりと歯並びを治したいという方におすすめです。

  • 手術を必要とするケース
  • 時間がかけられない方
  • 数年間、定期的に来院するのが困難な方
  • 転勤や転居が決まっていて当院に来院するのが困難になってしまう方
  • 重度の歯周病の方

ワイヤー矯正の治療期間の目安は、症例によっては前後する場合がありますが、矯正治療期間が2〜3年(平均)、矯正後の後戻り防止のための保定期間が2年以上かかります。

    • 1.

      カウンセリング

      カウンセリング ワイヤー矯正カウンセリング

      大人になったからといって矯正を諦める必要はありません。大人でも歯は動かせます。むしろ、費用の高額さから親御さんに遠慮して受けられなかったけれど大人になって自分の力で治せる、または大人になってから仕事上の理由から歯並びをきれいにしたいと強く思うようになったなど、大人になってからの方が歯並びを治したい、治せる環境は多いと思います。
      カウンセリングでは、トータル60分程度かけて、お悩みのご内容、お口の状態の確認、ご希望の矯正方法などを女性歯科医師がしっかり確認し、患者様に合わせた最適な矯正治療、その矯正治療のメリットデメリット、大まかな矯正期間と費用のご説明をご納得いくまでいたします。

    • 2.

      検査

      検査 ワイヤー矯正検査

      事前検査では、パノラマレントゲン・セファロ撮影、顔貌・口腔内写真撮影、歯型取り、噛み合わせ記録を60分かけて行います。
      目視だけでは確認できない奥歯や骨の中の部分を確認するため、各種レントゲン撮影を行い、歯型やお口の写真を撮影して口全体を模型に起こすための歯型どりなど、資料を記録します。お痛みは伴いません。

    • 3.

      検査結果をもとに診断

      診断 ワイヤー矯正診断

      各種資料をもとに、専門の女性歯科医師が診断し、治療計画をたてます。考えられるあらゆる手段、最小限、最短期間での治療方針を練ります。

    • 4.

      2週間後、診断結果説明

      診断結果説明 ワイヤー矯正診断結果説明

      じっくり検討した治療方針をご説明し、正確な矯正期間、矯正治療に伴う併用治療の有無、正確なご費用を回答します。ご質問もしっかりお受けします。

    • 5.

      治療計画をもとに術前治療開始

      術前治療 ワイヤー矯正術前治療

      装置装着前に、歯周病治療、クリーニング、虫歯治療、抜歯などが必要な方の先行治療を行います。
      ワイヤー矯正は、歯に装置を長期間着けたままにする矯正治療です。そのため、事前に虫歯や歯周病などの治療は済ませておく必要があります。また治療計画により必要な抜歯なども先行して行います。

    • 6.

      ブラケット、ワイヤーなど矯正器具の装着

      矯正器具の装着 ワイヤー矯正矯正器具の装着

      先行治療が完了したら、いよいよ矯正装置の装着して動的期間の開始です。治療内容の選択により着ける位置や量は変わります。初めての方は歯が締め付けられる感覚や、違和感、ざらつきがありますが、時間経過とともにみなさま慣れてきます。矯正装置の装着には60分程度かかります。

    • 7.

      月に1回程度の通院で矯正装置の調整とクリーニング

      矯正装置の調整とクリーニング ワイヤー矯正矯正装置の調整とクリーニング

      治療計画からのずれがないか、予定通り歯が動いているか、装置の問題がないかなどを確認して微調整します。一緒に歯のクリーニングも行い、汚れも清掃します。
      この調整が終わったばかりの数日は、また歯が締め付けられる感覚や違和感が一時的に再発しますが、徐々に慣れてきます。矯正装置とクリーニングには30分程度かかります。

    • 8.

      動的期間が終了したら保定装置の装着

      保定装置の装着 ワイヤー矯正保定装置の装着

      じっくり期間をかけて動かしたばかりの歯は、元に戻ろうと後戻りを起こします。これを防ぐため、歯を固定する目的の装置である保定装置を作成し、一定期間装着します。
      動かす期間の装置に比べると、違和感や見た目は格段に小さいものとなります。保定期間の目安は、動かした期間と同じ期間保定装置を装着すると後戻りが防止しやすくなります。

    • 9.

      メインテナンスとクリーニング

      メインテナンスとクリーニング ワイヤー矯正メインテナンスとクリーニング

      せっかく歯並びがよくなっても、虫歯や歯周病になっては意味がありません。時間とともに付着し自分では落とせない汚れを定期的にプロケアで清掃することで、きれいな歯の状態を長く維持しましょう。

ワイヤー矯正ならどんな歯並びでも治せますか?
ワイヤー矯正は症例の適用範囲が広いため、確実に歯並びを矯正できる方法として古くから使用されている治療方法です。基本的に、ほとんどの歯並びに対応はしていますが、個人差がありますので、矯正期間やどのようにワイヤーを装着するかなどは大きく変わってきます。
まずは、カウンセリングで当院の女性歯科医師がしっかりと診断いたします。その上でワイヤー矯正が最も適しているのであればワイヤー矯正をおすすめしますし、その他の矯正治療が適していれば、そちらをご提案いたします。 

虫歯や歯周病の人も治療できますか?
ワイヤー矯正は虫歯や歯周病がある場合、必ず先に虫歯や歯周病の治療を行ってからワイヤー矯正を行います。そのため、はじめに虫歯や歯周病があるかどうかを確認します。
また、ワイヤー矯正の治療中に虫歯や歯周病になってしまった場合には、矯正装置を取り外して虫歯などの治療を行い、装置をつけ直します。矯正治療中、装置をわざわざ外して虫歯治療を行うのは、ご負担が大きいことでしょう。このことから、普段からワイヤーやブラケットを装着した状態でしっかりと歯磨きができるよう、アドバイスをさせていただきます。

歯を抜かずに矯正はできますか?
当院では、健康な歯はできるだけ抜かない方針で治療を行っています。そのため、必ずしも歯を抜くとは限りません。
ただ矯正治療上、顎や歯の大きさのバランス、上下の歯の噛み合わせが悪い場合などは、歯を抜かざるを得ない場合もございます。抜歯せずに無理に矯正を行ってしまうと、かえって悪い見た目になってしまうこともございますし、治療後の後戻りも起こりやすくなります。
このようなリスクを避けるため、抜歯したほうが矯正治療が成功する場合には、歯を抜くことになります。しかし、歯を抜くことは最終的には患者様のご判断になります。

ワイヤー矯正ではどんな痛みがあるのですか?
個人差はありますが、よく言われるのは歯が浮くような痛みというものです。またワイヤー矯正で最も痛みが出やすい時期は新しくワイヤーをつけた数日間といわれています。ワイヤーに慣れていないため起きることですが、この痛みはその根っこのほうに少し鈍い痛みがあり、耐え難いほどの痛みではありません。
また、通常は2~3日で痛みは消えますが、痛みが気になる場合には、あまり噛まないで済む食事を選ぶなどするといいでしょう。耐えられないという場合には痛み止めを服用することもできます。

ワイヤー矯正で最も矯正装置を目立たなくする方法を教えてください。
当院ではホワイトタイプの白いワイヤーを採用しております。ワイヤーはこのホワイトで最も目立たなくなるでしょう。またブラケットについてはクリアタイプとセラミックタイプをご用意しており、クリアタイプは透明なので目立ちませんし、セラミックタイプはクリアタイプよりさらに歯に近い色と質感があるため、さらに目立たず審美性の高いワイヤー矯正が可能になります。
矯正治療中の審美性を追求される場合には、マウスピース矯正やセラミック矯正という選択肢もございます。適用できるかどうかは女性歯科医師がカウンセリングで歯の状態を確認してお伝えすることもできますので、お気軽にご相談されてください。

叢生

叢生 ワイヤー矯正叢生

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い事により、歯並びが悪くなっている状態です。
見た目はもちろんの事、歯が磨きにくいため汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病・口臭のリスクが高まります。

叢生の原因と矯正治療についてはこちら

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯) ワイヤー矯正上顎前突(出っ歯)

上の顎の骨や上の前歯が前に出ている状態です。これにより、口唇が閉じづらく、口が開いていることが多くなるため口腔乾燥になり、虫歯や歯周病・口臭の原因になります。

出っ歯の原因と矯正治療についてはこちら

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口) ワイヤー矯正下顎前突(受け口)

上の歯より下の歯が前にある状態で、反対咬合や受け口とも言います。歯ではなく、下の顎の骨事態が前に出ている場合もあります。反対咬合は下の顎の骨の動きを制限するため、顎関節症を発症するリスクが高いと言えます。

受け口(しゃくれ)の原因と矯正治療についてはこちら

過蓋咬合

過蓋咬合 ワイヤー矯正過蓋咬合

上と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えにくいくらい深く噛みこんでしまっている状態です。
噛みこんでいる歯で歯茎を傷つけたり、一部の歯に過度な力がかかり歯周の病気になりやすいと言えます。

過蓋咬合の原因と矯正治療についてはこちら

開咬

開咬 ワイヤー矯正開咬

噛みしめた時に奥歯は噛んでいるのに上下の前歯の間に隙間があり、前歯で噛めない状態です。
前歯で物を噛むのが困難だったり、発音がしにくくなります。
舌突出癖(舌を前に出して飲み込む悪習癖)がある場合があるため、MFT(口腔周囲筋筋機能訓練)が必要になる場合があります。

開咬(オープンバイト)の原因と矯正治療についてはこちら

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯) ワイヤー矯正空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間がある状態です。隙間から空気がぬけるような発音になってしまいます。

すきっ歯の原因と矯正治療についてはこちら

メニュー名 本数・回数 価格(税込)
ワイヤー矯正(表側矯正) 上顎または下顎のみ ¥ 432,000

ワイヤー矯正の料金・費用の詳細はこちら

ワイヤー矯正の症例写真

奥歯で咬んだときに前歯のかさなりが逆転してしまう反対咬合でお悩みの女性

  • →

上の前歯より下の前歯が前にでている反対かみ合わせでお悩みの女性

  • →

リンガルアーチという装置と表側のワイヤー矯正で約3年かけて矯正した女性

  • →

八重歯と出っ歯を表側ワイヤー矯正で約2.5~3年かけ矯正した女性

  • →

八重歯と出っ歯を表側ワイヤー矯正で治した女性

  • →

八重歯と叢生のお子様の初期治療から2期治療の症例

  • →

出っ歯と叢生を初期治療で急速拡大装置と拡大床、2期治療で表側ワイヤー矯正を行ったお子様

  • →

前歯がすきっ歯で特に中心の隙間が顕著な正中離開という症例

  • →
■治療方法 : ワイヤー矯正
■治療説明 : ワイヤー矯正は、歯の表側もしくは裏側にブラケットとワイヤーを装着することで、少しずつ自分自身の歯を動かす歯並びの矯正を目的とした治療です。
■治療費 : 432,000円〜1,566,000円
■治療の副作用(リスク): 歯根吸収という歯の根っこが吸収され、時として根の長さが短くなることがあります。咬み合わせが一時的に変わり顎関節異常が起こることがあります。矯正治療終了後、補綴物の再製作が必要になる場合があります。咬合の変化や加齢変化により歯肉の退縮や歯槽骨の吸収が見られる可能性があります。装置の装着、調整により痛みや口内炎や傷を生じて痛む事があります。清掃不良により虫歯、歯肉炎・歯周炎、歯の変色・着色が起こる可能性があります。矯正治療進行上、抜歯が必要と判断されることがあります。個人個人において、骨格の形態・歯槽骨(歯を支えている骨)や歯肉の健康状態・協力度・治療法の選択(抜歯や非抜歯)などによって治療の限界が決まります。矯正治療後の後戻りは、多少なりともほとんどの患者様に起こり得ます。
■治療期間 : 3か月〜3年
■治療回数 : 5回〜40回

ワイヤー矯正の関連ページはこちら

診療内容から探す

歯科治療室
待合室

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階
【アクセス】
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
・都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分

上部に戻るボタン