PARTIAL
ORTHODONTIC

部分矯正

部分矯正とは

部分矯正とは

部分矯正とは、咬み合わせは大きく変化させず、1本から数本の歯に限局して歯列を整える矯正法です。限局矯正や小矯正などということもあります。

主に前歯の叢生(ガタガタな歯列)、軽度のすきっ歯や出っ歯など、前後的なズレや位置異常などの改善を目的とします。個人差がありますが、全顎矯正と比較すると極めて短い期間で治療を完了させることが可能で、約3か月~半年程度と短期間で治療費も抑えられます。

部分矯正はこんな方におすすめ

  • 前歯だけが気になるので矯正したい
  • 短期間で矯正したい
  • 治療費を抑えて矯正したい
  • 矯正をしたことがあるが、後戻りしてしまった
  • 幼児期に矯正したが、成人になってまだちょっと気になるところがある

部分矯正の特徴

部分矯正は、短期間に比較的安価に気軽に行うことができます。また、全顎矯正の仕上がりに不満がある、もしくは部分的に後戻りしてしまったというケースでも部分矯正が行われることもあります。

矯正期間が大幅に短くなる

一般的な全顎矯正では、平均して2〜3年程度の矯正期間がかかります。それとくらべて、部分矯正であれば、3〜6か月程度で治療が終了することが多いです。そのため部分矯正はさまざまな人に向いているといえます。近い将来、結婚式や就職の面接の日が迫っているという場合や、それほど長い期間、矯正装置をつけていられないビジネスパーソンなどにおすすめの矯正法といえます。

治療費が抑えられる

一般的な歯列矯正では、歯列全体を動かすため、治療費が100万円前後かかるのが現実です。一方、部分矯正は、歯列の一部分のみ歯の移動を行うため、治療費を抑えられます。歯列の状態によって差がありますが、例えば、前歯の部分矯正の場合、20~40万円ほどで受けられることもあります。

矯正中の痛みが軽減される

もともと、矯正治療は歯を物理的に動かす治療なため、痛みや違和感を伴うことがあります。その点、部分矯正の場合には、歯全体を矯正するのではなく、限定的に矯正することで痛みが軽減されます。

矯正治療中の審美性が上がる

歯列全体に矯正装置が装着される全顎矯正と比べ、矯正装置が現局的に装着される部分矯正では審美的に優れます。矯正治療は多くの場合、この審美性の面で精神的ハードルが高いのですが、部分矯正であれば精神面の負担が下がります。

適応に限りがある

部分矯正は適応が限られており、誰でも受けられる矯正法というわけではありません。例えば、前歯全体が出っ歯になっていたり、前歯の異常を治すために奥歯まで移動しなければならなかったりするケースでは、部分矯正でできないことがあります。また、上の歯と下の歯が噛み合っていないケースも適応外になることがあります。

歯を削ることがある

部分矯正の場合、歯の一番外側のエナメル質を0.25~0.5mmほど、わずかに削ることがあります。歯を削るため、歯がしみるといった知覚過敏の症状がでる可能性があります。

全顎矯正のほうがきれいな仕上がりになる

部分矯正は全顎矯正と比べると、仕上がりが劣ることがあります。歯列の状態や希望の仕上がりによっては、全顎矯正の方が都合がいいこともあります。

全体としての咬み合わせを治すことはできない

部分矯正は、あくまで歯列の一部分を矯正する治療法なので、咬み合わせ全体を改善することは難しいです。悪い歯並びは咬み合わせも悪化させているケースも少なくないため、歯科医師の診断で不正咬合がみられた場合には、全顎矯正をおすすめすることもあります。とはいえ、部分矯正でも極力、咬み合わせが改善されるよう、処置を施します。

前歯の歯列不正のデメリットとリスク

前歯の歯列不正を放置することには、さまざまなリスクやデメリットが存在します。

虫歯・歯周病リスクが高まる

叢生や正中離開などは、特に歯磨きがしにくく、歯と歯のすき間に歯垢と呼ばれる細菌の塊が付着して取りにくくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。虫歯や歯周病は、初期段階はそれほど大きな支障はないと考えがちですが、虫歯末期になると歯の喪失のリスクをはらんでいます。

食べ物が噛み切りずらい

食べ物が細かく噛み切れないまたは砕けないため、奥歯に負担がかかったり、胃腸への負担や消化吸収の効率が下がります。

不正咬合による顎関節症の可能性

前歯の歯並びが悪い状態を続けると、咬み合わせを悪化させます。すると、頭痛や肩こりなど、全身的な体調面に影響がでることも少なくありません。また、不正咬合は顎関節に負担をかけ、それが進行すると顎が痛んだり、口が開けにくくなったりする顎関節症にもつながります。

歯科治療がしにくい

虫歯や歯周病になったら、早期に治せばいいと思っている方は多いかもしれません。しかし、もともと歯並びが悪いと、歯科治療が難しいケースも少なくありません。例えば、歯並びが悪いと、虫歯治療で削った歯をを部分的に修復するインレーやクラウンなどは、歯並びが悪い状態の咬合に合わせて作製する必要があり、歯並びが変わることでの脱離のリスクもあります。

審美性の低下

「見た目が9割」といわれる中、歯並びの悪さはやはりイメージダウンになります。最近では、審美的な面で歯科治療を受ける方も増えているように思えます。そのため、悪い歯並びを放っておくことは「ケアしていない」「怠慢」「がさつ」などのイメージをもたれかねません。また、ご本人にとって、歯を見せて人前で笑えないなどのコンプレックスになることもあります。

部分矯正と全顎矯正のどちらになるかの判断基準

よく、部分矯正と全顎矯正どちらがいいのかと悩まれている方もいます。歯列の状態によりますが、次のような基準で部分矯正か全顎矯正かが決まることがあります。当院では初診時に歯科医師がしっかりと見極め、診断を下します。

  • 前歯の前後のずれ具合・叢生(ガタガタ)の程度
  • 一部だけでなく歯列全体が影響している歯並びかどうか
  • 患者様が仕上がりを妥協できるかどうか

部分矯正には大きなメリットがありますが、将来のことを考え、完成度の高い治療を求められている場合、全顎矯正を行ったほうがいいということもあります。

前歯の歯列不正の種類

一般的に、前歯の歯並びが悪いという場合、次のような歯並びが考えられます。

乱杭歯(らんぐいば)・叢生(そうせい)

乱杭歯・叢生 前歯の矯正乱杭歯・叢生

前歯がガタガタと不揃いで、歯と歯が重なり合っている状態の歯並びです。見た目がよくなく、コンプレックスを抱き、口を大きく人前で開けるのをためらう方も多くいます。

乱杭歯(叢生)の原因と矯正治療

出っ歯・上顎前突/(じょうがくぜんとつ)

出っ歯 前歯の矯正出っ歯・上顎前突

前歯が他の歯と比べて前方に突き出している上顎前突は、一般的に出っ歯と呼ばれています。特に前歯の中心2本が突出している方が多いです。

出っ歯の原因と矯正治療

すきっ歯・正中離開(せいちゅうりかい)

すきっ歯 前歯の矯正すきっ歯・正中離開

前歯の中心2本の間にすき間が通常より空いている状態を正中離開といいます。いわゆる「すきっ歯」です。すきっ歯はものが挟まりやすく、虫歯・歯周病のリスクが高い状態にあります。

すきっ歯の原因と矯正治療

八重歯(犬歯)

八重歯 前歯の矯正八重歯・犬歯

八重歯は先が少し尖っていて、前歯の中心から数えて3番目に位置する左右の歯が突出している状態の歯並びをいいます。

八重歯の原因と矯正治療

部分矯正の治療例

セラミック矯正による前歯の部分矯正の症例

セラミック矯正による前歯の部分矯正の症例治療前・治療後

《担当医コメント》

上の前歯が一本ずれており、出っ歯に見え、口を閉じても少し口が開いてしまうこと、歯が黄色いことにお悩みの患者様でした。結婚式が近く、ワイヤー矯正やマウスピース矯正では間に合わないとのことで、歯の色、形、歯並びを短期間で改善できるセラミック矯正を選択されました。

最小限の1本での治療から仕上がりを検討し、治療本数を確認したところ、一本一本の歯の太さを均一にして、咬み合わせが無理なく、色も違和感がでないのが希望とのことで、前歯6本の治療を選択されました。

女性らしい自然な丸みがあり、白過ぎない歯をご希望のため、女性歯科医師が担当したデザインを仮歯でお見せしたところ、ご納得いただけました。

素材は様々ございますが、セラミックの中でも金属を使用せず、長持ちするジルコニアセラミックで、さらに先端の透明感を強くだしたいとのご希望で、当院オリジナルのオーダーメイドオプションをつけ、歯科技工士が立ち合いのもと、歯の形と色の最終形態を入念にチェックしました。治療期間は1.5か月と最短期間でした。

(担当医 白石文)

前歯の部分矯正の種類

現在、前歯部の多様な歯列不正に対応すべく、さまざまな部分矯正の治療法が開発されています。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯の表面につけたブラケットと、そこに通した弾性ワイヤーの作用で歯を移動させる歯列矯正です。

ほぼすべての歯列不正に対応できる適応症の広さが利点ですが、矯正装置が目立つ、食事や歯磨きがしにくいなどの難点もあります。

ワイヤー矯正の詳細はこちら

インビザライン・エクスプレス

インビザライン・エクスプレスは、前歯部の軽度な歯列不正の改善のために開発されたマウスピース矯正です。

軽症を対象としているため、片顎で7ステージ以内、3〜4か月以内と治療期間が短いのが利点です。それ以上のマウスピースが必要な歯列不正では、インビザライン・エクスプレスは適応外となります。

インビザライン・エクスプレスの詳細はこちら

インビザラインGO(ゴー)

イビザラインGOは、部分矯正用に開発されたマウスピース矯正です。

インビザラインと異なり、対象となるのが第2小臼歯までです。また、歯が歯列に収まるスペースが足りない場合、IPRという歯の隣接面をエナメル質の範囲で削合することがあります。

なお、クリンチェックによる診断やマウスピースの素材と製作など基本的なところはインビザラインと同じです。

インビザラインGO(ゴー)の詳細はこちら

MTM矯正

MTMとは、Minor Tooth Movementの略で、1〜2歯程度の限られた歯を対象とした歯列矯正です。

前歯の中心部分の隙間である正中離開や歯の捻れなどに適しています。移動する箇所が少ないので比較的短期間でできることが利点ですが、複雑な歯列不正には適していません。

MTM矯正の詳細はこちら

セラミック矯正

セラミック矯正は、セラミッククラウンを装着することで前歯部の歯列不正を審美的に改善させる矯正治療です。歯を移動させることがなく、クラウンの形態で歯列不正を改善させるので補綴矯正に分類されます。

セラミッククラウンを装着するだけなので、治療期間が短く、歯の色調や形態も同時に改善できるのが利点です。一方、歯を削らなくてはならない、根管治療が必要となることもあるなどの難点もあります。

セラミック矯正の詳細はこちら

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯のエナメル質を薄く削ってセラミックを貼り付ける治療です。

歯の削る量を抑えながらも、歯の色調や形態を審美的に改善できるのが利点です。一方、著しい歯の位置のずれや歯の傾きなどの改善には適しておらず、咬み合わせの改善もできません。

ラミネートベニアの詳細はこちら

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、コンポジットレジンというプラスチック製の歯科材料を歯に接着する処置です。正中離開などの部分的な空隙や、矮小歯などの歯の奇形などを審美的に改善します。

接着性のある歯科材料なので歯を削る量がほとんどなく、治療が1日で終わる利点もあります。一方、複雑な歯列不正や咬み合わせの改善には適していません。

ダイレクトボンディングの詳細はこちら

部分矯正の適応

叢生(八重歯・乱杭歯)

叢生(八重歯・乱杭歯)

上顎前突(出っ歯・口ゴボ)

上顎前突(出っ歯・口ゴボ) ※軽症

反対咬合 / 下顎前突(受け口)

反対咬合 / 下顎前突(受け口) ※軽症

上下顎前突

上下顎前突 ※軽症

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト) ※軽症

交叉咬合

交叉咬合 ※軽症

過蓋咬合(深い噛み合わせ)

過蓋咬合(深い噛み合わせ) ※軽症

切端咬合

切端咬合 ※軽症

空隙歯列・正中離開(すきっ歯)

空隙歯列・正中離開(すきっ歯)

正中の不一致

正中の不一致 ※軽症

顎偏位

顎偏位 ※軽症

捻転歯

捻転歯

転位歯

転位歯

メニュー名 本数・回数 価格 モニター価格
表側部分矯正 上下顎 前歯6本 メタルブラケット 660,000円 550,000円
リンガル(裏側)部分矯正 片顎 前歯6本 660,000円 550,000円
ハーフリンガル(上顎:舌側、下顎:表側) 1,100,000円
MTM矯正 隙間1か所のみ 165,000円 110,000円
部分矯正では主にどのような歯並びが治せますか?

部分矯正では、主に前歯の歯並びについて矯正することが多いです。前歯の歯列不正といえば、前歯がガタガタしている乱杭歯(叢生)や出っ歯、すきっ歯、八重歯などがあります。部分的に矯正治療を行うことで歯並びを整えることができます。

前歯の矯正を最も短期間でする方法はどの治療法でしょうか?

治療の適応、不適応もありますが、最も矯正期間を短くできるのは、セラミック矯正という治療になります。前歯にセラミッククラウンを被せる部分矯正となり、月に1~2回の通院ペースで、2〜3か月程度が矯正期間が目安となります。また、本歯のセラミッククラウンが間に合わない場合でも、歯並び、色、形、大きさの改善された当院の美しい仮歯であれば、治療開始すぐに装着できますので、その歯で日常生活を送られる方もたくさんいらっしゃいます。

セラミック矯正の詳細はこちら

もう一つ短期間で終了できる部分矯正として、透明のトレーを装着してご自分の歯を動かせるマウスピース矯正もございます。

マウスピース矯正の詳細はこちら

部分矯正はなぜ短期間で終わるのですか?

部分矯正の治療方法はさまざまな方法がありますが、いずれも全顎矯正と比べて歯を矯正する本数や範囲が少なくなり、基本的に移動に時間のかかる奥歯や咬み合わせはさわらないため短期間ですみます。

全顎矯正は咬み合わせを考慮して、奥歯を含めた全ての歯を動かすことで、全体的な歯列を整える方法ですので、それだけ時間がかかります。

前歯だけ部分矯正する場合と全体を矯正する場合とでは、仕上がりにどのような差が出ますか?

一般的に部分矯正よりも、咬み合わせ、上下のバランス、顔貌を考慮した全顎矯正の方が仕上がりがきれいになります。

矯正期間中、できるだけ目立たない部分矯正の方法はありますか?

ワイヤー矯正では、透明のセラミックやプラスチック製のブラケットや白いワイヤーを使用できますし、歯の裏側にワイヤーとブラケットを取り付ける裏側矯正(舌側矯正)といった治療法があります。

裏側矯正(舌側矯正)の詳細はこちら

また、マウスピース矯正であれば、透明なマウスピース型矯正装置を装着するだけで、あまり目立たず心配される必要はないと考えられます。

部分矯正の種類と治療方法

当院では、補綴治療なども含め、多くの部分矯正に対応しております。部分矯正の成功への一歩は、患者様の希望に沿った治療計画の提案です。

部分矯正のページをご覧の皆様へ

このページでは前歯から奥歯まですべてを矯正する全顎矯正に対し、奥歯の咬み合わせをさわらずに、気になる部分だけを矯正する部分矯正についてご確認いただけます。

当院では、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、セラミック矯正のそれぞれを専門とする女性歯科医師が所属しております。そのため、審査診断の結果と患者様のご要望両方を加味し、必ずしも全顎矯正だけではなく、気になる部分だけを改善することで、治療費、治療期間を減らす方法のご案内が可能です。

全顎矯正の敷居が高く諦めていた方も、医療として問題ない範囲で部分矯正がご案内できることもございます。これは、すべての専門分野の歯科医師が揃っている当院の特徴でもあります。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 03-3475-8536
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室