南青山矯正歯科 > 審美歯科 > セラミック治療 > クイックホワイト矯正

症例写真 クイックホワイト矯正クイックホワイト矯正
ビフォーアフター

クイックホワイト矯正とは、歯を削らずにオーダーメイドで製作したセラミック素材のシェルを歯の表面に装着することで、歯の色、歯の形、歯の大きさだけでなく、軽度の歯並びを改善することができる治療法です。

治療は歯型を取るだけで、痛みがないため麻酔の必要がなく、最短2回の通院で終了します。そのため「大事なイベントが控えていてすぐに歯を白くしたい」「すきっ歯をすぐに治したい」また治療後も「元に戻して歯科矯正を始めたい」「セラミックのシェルの色を変えたい」など、コスメ感覚で気軽に受けられる治療でもあります。

セラミック治療のような仮歯期間もないので、周囲にバレる心配がなく。装着するシェルは、色を自由に選ぶことができ、詰め物や差し歯があっても付けることもできます。

特徴 クイックホワイト矯正

クイックホワイト矯正の最大の特徴は、歯を削らないセラミック治療であることです。従来の補綴矯正、セラミック矯正は、短期間でほとんどすべての歯並び、歯の色、歯の形を変えることができますが、歯を削る必要がありました。同じように歯の表面にセラミックを付けるラミネートべニアも、歯の表面を削る必要があります。また、どちらも仮歯と麻酔が必要で我慢できる範囲ですが一過性の痛みも伴いました。

しかし、クイックホワイト矯正は、セラミック治療より短期間で、歯を一切削らずにセラミックのシェルを装着できます。最小限で研磨したほうがいい場合や、症例によっては削る治療を併用することもできます。さらに、歯を削らないため仮歯期間も必要なく、取れる心配や周囲にバレる心配もありません。治療中も痛みを伴わず麻酔の必要がないのも特徴です。

そして、クイックホワイト矯正、セラミックやラミネートべニアよりも費用が抑えられ、コンポジットレジン(ダイレクトボンディング)やホワイトコート(歯のマニキュア)のようにプラスチックではないため、臭いが出たり、殺菌の繁殖などもありません

近年進歩し続けているセラミック用接着剤で装着するため、個人差はありますが、しっかりチェックを行えば外れる心配も低いでしょう。素材はオールセラミックとジルコニアセラミックから選ぶことができ、歯の色は50種類以上から選べ、人工の詰め物や差し歯があっても治療はできるので、ホワイトニングで歯が白くならない方、神経治療で歯が黒くなった方や芸能人のようにもっと歯を白くしたいなど、歯の色のお悩みにも対応できます。別途費用はかかりますが、治療の前に色や形など仕上がりのシミュレーションを見ることができるので、仕上がりの心配もなく、治療後もシェルの変更や元の歯に戻せます。

  • 結婚式や就職活動などの治療期限がある方
  • 矮小歯で歯が小さい方
  • 生まれつき歯の形に不揃いがあったり、外傷、摩耗や酸蝕症で歯の形が変わってしまった方
  • 歯と歯の間に隙間がある方
  • 詰め物や差し歯の色を変えたい方
  • テトラサイクリンや神経治療などでホワイトニングでは白くならない方
  • ホワイトニングの限界色を超えて歯を白くしたい方
  • 歯茎痩せと歯と歯の間の根元に隙間のある方(ブラックトライアングル)
  • ワイヤー矯正やマウスピース矯正を経験したが歯の形や並びを微調整したい方

どのような治療にもメリットとデメリットがあります。それは手軽にコスメ感覚で受けられるクイックホワイト矯正でも同様です。

クイックホワイト矯正のメリット

  • 痛みがない矯正で麻酔の必要がない
  • 腫れ、出血、痛みなどのダウンタイムがない
  • 歯を削らず、抜歯の必要がなく治療が可能
  • 詰め物や差し歯が入っていても治療が可能
  • 通常の歯はもちろん、神経治療をした歯やテトラサイクリン歯などもホワイトニング以上に歯を白くできる
  • 歯の色が選べる
  • すきっ歯の矯正が可能
  • 歯茎痩せによる歯の根元の隙間を埋められる
  • 最短2回の通院で治療が終了
  • 元の歯に戻すことが可能
  • 装着した歯は変色しない
  • 仕上がりをシミュレーションで事前に確認できる
  • 万が一、外れてしまっても装着代金のみで再装着が可能

クイックホワイト矯正のデメリット

  • セラミック矯正やラミネートべニアよりも歯に厚みがでる場合がある
  • 歯の状態により、ご希望の色を必ずお約束できない場合がある
  • 人工の詰め物や差し歯に装着する場合、天然の歯に装着した場合よりも外れやすい可能性がある
  • 破損・紛失・脱離の場合、再製作、追加費用ががかかることがある

当院では、クイックホワイト矯正のような審美性が高く、短期間で歯並びを改善する治療法のご提案も可能です。

  • 1.

    無料カウンセリング

    カウンセリング クイックホワイト矯正カウンセリング

    セラミック治療、審美治療の専門家である女性歯科医師が、30~60分の時間をかけ患者様のお悩み、ご希望をお伺いします。ワイヤー矯正やマウスピース矯正では、時間が間に合わない、セラミック矯正やラミネートべニアのように削りたくない、ホワイトコートやコンポジットレジンのように外れやすく着色するのは困るという方には、このクイックホワイト矯正をお勧めしています。診察の結果適応外となってしまっても、ご希望にもっとも近い矯正方法、審美治療をご提案します。

  • 2.

    シミュレーション作製のための資料採り

    資料採り クイックホワイト矯正資料採り

    カウンセリング時、仕上がりシミュレーションをご希望をいただいた方は、検査後に簡単な歯型取り、お口のお写真、レントゲンを撮影し、シミュレーションを作成してお見せします。シミュレーションでは、歯の色もお選びいただけます。所要時間は30分程度です。

  • 3.

    シミュレーション

    シミュレーション クイックホワイト矯正シミュレーション

    検査日からシミュレーション作成は2週間いただいております。できるだけシミュレーションを見てからの本歯装着をおすすめしますが、お急ぎの方はシミュレーションを省くことも可能です。もちろんシミュレーションを見てから、可及的範囲で歯の形や色の調整を承り本歯に反映することが可能です。クイックホワイト矯正では、仮歯も麻酔も必要ありません。

  • 4.

    本歯の装着

    本歯の装着 クイックホワイト矯正本歯の装着

    検査の際に記録した歯型を元に本歯を作成します。本歯作成には2週間程度お時間をいただいております。可及的範囲にて、歯の色の指定と形のご希望を伺い作成したものを装着します。

    装着予定の天然歯の周囲のクリーング後、セラミック用の強固な接着剤を使用して光で固めます。咬み合わせを確認し、30~60分程度で治療は終了です。念のため3時間程度はお食事を控えていただきますが、クイックホワイト矯正は、腫れや出血、痛みがないため、すぐにお仕事に出たり人に会うことができます。

  • 5.

    最終チェック

    最終チェック クイックホワイト矯正最終チェック

    装着から3日以上、2週間以内に30分程度の最終チェックをお受けいただきます。咬み合わせのチェックやセメントの取り残しのチェック、自宅でのケア方法をご指導します。2週間以内に、破損・紛失・脱離があった場合には、無料で再装着や再製作に対応しております。お気軽にお申し付けください。

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
e-max(オールセラミック) 1本あたり 44,000円
強度を増したジルコニア素材 1本あたり 55,000円
  • クイックホワイト矯正は最低4本以上から治療が可能です。

クイックホワイト矯正のオプション

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
シミュレーション仮歯 1本あたり 2,200円
除去 1本あたり 2,200円
再装着 1本あたり 2,200円
  • 除去は当院で装着したものに限ります。
  • 再装着は当院で装着したもので、歯科医師が再装着できると判断した場合に限ります。
セラミックのシェルが取れてしまったら、ケアはどのようにすればいいですか?

クイックホワイト矯正は、歯を削らずにセラミックのシェルを装着しているだけですので、脱離が起きてもご自身の歯に影響はありません。

2週間以内の脱離であれば、まずはとれたシェルを大切に保管し、クリニックへすぐにご連絡ください。無料で再装着いたします。2週間を超えての脱離ですと、理由に関わらず再度ご費用がかかり、再製作させていただきます。

クイックホワイト矯正の治療期間は?

クイックホワイト矯正は、お口の状態やご希望にもよりますが、最短で2回の通院、治療期間は2週間で完了します。虫歯治療が必要だったり、シミュレーションを見たい方は、その分通院回数が増えることがあります。

クイックホワイト矯正後の歯磨きはどうやってやるの?

クイックホワイト矯正後も、通常の歯磨きもできますし、歯科医院でのクリーニングはお受けになれます。セラミック素材のため、歯石や歯垢がつきにくく、変色もしません。クリーニングや歯磨きで、付けたセラミックのシェルが傷つくこともありません。より長持ちさせるためには、デンタルフロスなどの補助清掃道具を使用することをおすすめしております。使用方法も、歯科医師がしっかりご説明しています。

歯ぎしりや食いしばりが強いのですが、クイックホワイト矯正はできますか?

クイックホワイト矯正に限らず、セラミック矯正やラミネートべニア、そして天然の歯であっても、歯ぎしりや食いしばりは歯が欠けるリスクがあります。クイックホワイト矯正に使用するセラミックは比較的強固な素材ですが、より壊れにくく長持ちさせるために、咬み合わせの調整をおこなったり、マウスピースの装着をお勧めすることがあります。

こうしたリスクを伴いますが、ご自分の歯を一切削らないという最大のメリットもあります。事前にしっかりとご説明いたします。

クイックホワイト矯正は1本だけの治療はできますか?

クイックホワイト矯正は、基本的には4本以上からお受けしております。歯を一切削らない保存的な治療のため、1本だけの治療ですと、歯に厚みがでて目立ってしまう可能性があるからです。また、歯の色の統一感からしても、前歯4本はお顔の印象を決める大切な部分です。少しの差でも非常に目立ちやすいため、複数本での治療にてお受けしております。しかし、セラミッククラウンやラミネートべニアより抑えたのご費用で、治療をお受けになれます。

セラミックのシェルを付ける接着剤は体に害はないですか?

シェルの装着には、通常の虫歯治療や通常のセラミッククラウン法で使用する歯科用接着剤と同じものを使用します。長期間、お口の中に存在しても為害性(いがいせい)のない材料ですので安心してご使用いただけます。

ガムやキャラメルなど粘着性のある物を食べても大丈夫ですか?

クイックホワイト矯正の素材であるセラミックのシェルは、陶器でできているため粘着性の食べ物にもくっつきにくい性質があります。しかし、歯を削らずに装着しているため、歯とシェルとの接着は通常のセラミッククラウン法よりも弱いでしょう。そのため可能であれば、クイックホワイト矯正の施術部で粘着性のある食べ物の咀嚼はお控えいただいたほうがいいでしょう。

二次虫歯のリスクはありますか?

二次虫歯の原因は、歯のエナメル質を削ることで虫歯になりやすくなることですから 、歯を削っていないクイックホワイト矯正が原因で虫歯になる可能性は、限りなく低いでしょう。しかし、天然の歯であっても、歯磨きを怠ったり、体調などでお口の環境が変わると虫歯になることがあるように、クイックホワイト矯正後も、日々の歯磨きや歯科医院での定期健診をお勧めいたします。

クイックホワイト矯正は下の歯並びも改善できますか?

クイックホワイト矯正は、歯を削らずにセラミックのシェルをつける施術方法のため、咬み合わせで頻繁に歯同士が接触する部分にはあまりおすすめしていません。

特に下の歯は しっかりと噛んだ際、ほとんどの方が上の歯の裏側と接触します。下顎を前にスライドしても上の前歯と接触します。そのため、下の歯並びの改善自体は可能ですが、長く持たせるには不向きといえます。

元の歯に戻すことはできますか?

クイックホワイト矯正は、セラミッククラウンやラミネートべニアと違って歯を削っていませんので、基本的に元の歯に戻すことが可能です。そのため、歯の色に飽きた、好みが変わったなど、再治療がしやすい治療方法です。日常生活でできるだけ長持ちさせるために、セラミック用の接着剤で強固に接着しますので、除去には専用の器具を使用します。そのため、除去用の費用もいただいております点だけ予めご了承ください。

このページは歯を一切削らずに歯の色、歯の形、軽度な歯並びを改善できるクイックホワイト矯正についてご確認いただけます。

クイックホワイト矯正は当院でオリジナルの新治療で、好きな色、形、大きさのセラミック素材でできたシェルを、歯を一切削らずに専用の接着剤で歯に装着する新しい治療です。

通院回数や費用を抑え、セラミックのシェルを外せば元のご自身の歯に戻すことができます。痛みも麻酔も必要なく、ご自身の歯を保存してコンプレックスを解消できるため、未成年から成人まで幅広く対応可能な安心、安全な治療です。

クイックホワイト矯正の治療概要

治療方法 クイックホワイト矯正
治療費 44,000円〜55,000円(税別)
治療の副作用(リスク) 歯科用接着剤で接着するため、経時的に脱離、破折の可能性があります。
歯ぎしり、食いしばりが強いと脱離の可能性が高くなります。
人工物への装着の場合、脱離の可能性が高くなります。
チップを外すには歯科医院で専用の器具を使用する必要があります。
チップの分だけ歯に厚みがでます。
治療期間 2週間〜4週間
治療回数 2回〜4回
適応症例 空隙歯列、歯の着色
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 なし
不適応の症例 歯ぎしり、食いしばりで咬み合わせが強い場合
矯正目的の場合には適応外となる場合がある

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文