南青山矯正歯科 > 歯列矯正 > 小児矯正(子供矯正)

小児矯正の症例写真小児矯正 ビフォーアフター

噛み特合わ徴せや歯並びが悪くなる原因として「歯の問題」と「骨格の問題」があります。

大人の場合は成長が止まっているので「骨格の問題」を改善することは困難なため、歯だけを動かして治療するのに対し、小児の場合はアゴの骨格が成長段階にあるため、この成長を利用して骨格と歯の両方を動かして治療することが可能になります。

つまり子供は骨の成長過程であるため、成人では改善できない(手術を除く)骨格的な不正を改善することができます。また、子供の時期から歯の矯正を始めることによって、将来歯を抜いて歯列矯正をするリスクを減らすこともできます。

Ⅰ期治療について

矯正装置を用いて行う子どもの歯列矯正で、乳歯から永久歯に生え変わる12歳頃までに行う治療です。まだ顎の成長段階にあるI期の時期には、顎がまだやわらかいため、骨格を矯正することができます。そのため、永久歯が生えそろい、顎の成長も終わった大人では、歯を抜いたり、歯を動かしたりして矯正しなければならないところ、子どものI期にはまだそうした歯に施すことは不要です。

例えば、顎が小さく、歯が収まりきらないことが原因の「叢生(そうせい)」いわゆる乱杭歯(らんくいば)・ガチャ歯の場合には、歯を抜いたり削ったりするのではなく、顎を広げて顎に歯が収まるスペースを作る方向で治療が行われます。

具体的には顎を矯正するさまざまな装置を用いたり、悪い口腔習慣である、指しゃぶりや爪かみ、舌癖などを治すために顔や舌、唇などを動かしてトレーニングをしたりします。矯正装置を使用する場合には、1~2ヶ月に1回来院していただき、装置の調整や処置を行います。

II期治療について

II期治療は、永久歯に生え変わる10歳頃から行う歯列矯正のことをいいます。大人のワイヤー矯正やマウスピース矯正などと基本的には同じ方法で歯を矯正していきます。ただ、I期治療を行った方が、きちんと永久歯が綺麗に萌出した場合には、II期治療を行わなくても問題ないこともあります。必要に応じて行います。

II期治療に移るときには、再度、検査を行い、必要な装置を装着します。治療期間中も、1~2ヶ月のペースでご来院いただき、調整や処置を行います。また、歯列矯正の終了後は保定期間に入り、保定装置をつけて後戻りを防ぎます。

骨が成長過程にある、お子様の歯列矯正を早めに行うことにはメリットがありデメリットもあります。子供矯正で失敗しないためにも、しっかりとリスクを把握しておきましょう。

小児矯正(子供矯正)のメリット

  • Ⅰ期(乳歯・混合歯列)と呼ばれる時期から治療から始めることにより、将来的に抜歯や手術となる可能性を減らすことができる
  • 全ての永久歯が生えそろうまで、しっかりと経過観察することができる
  • 大人では難しい、骨格的な不正を治すことができる。
  • 小児矯正(子供矯正)は成人矯正より歯が動く痛みが少ないことが多い

小児矯正(子供矯正)のデメリット

  • 費用が高額である
  • 小児矯正(子供矯正)は保険が適用ではない
  • 年単位の治療期間がかかる
  • 固定式の装置を使用した場合は歯ブラシが複雑になる
  • 将来的に歯を抜いて矯正になる可能性をできる限り低くしたい小児
  • 虫歯や歯肉炎などの病気になるリスクを低くしたい小児
  • 今の歯並びにコンプレックスをお持ちの小児
  • 歯並びによる発音障害がある小児
  • 矯正は年単位の長い時間がかかるので、時間がかかってもしっかりと歯並びを治したいという小児
  • 自分自身でしっかりとブラッシングができる小児
  • 取り外し式の装置をしっかりと使用できる小児
  • 決められた頻度で通院できる小児

子供の歯の状態は目まぐるしく変わっていきます。定期的に歯科医師の診断を仰ぎ、必要に応じて的確な治療を施すことで、将来的な良い歯並びに繋がっていきます。

叢生

叢生 小児矯正叢生

アゴの大きさと歯の大きさのバランスが悪い事により、歯並びが悪くなっている状態です。見た目はもちろんの事、歯が磨きにくいために汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周炎・口臭のリスクが高まります。

叢生の原因と矯正治療

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯) 小児矯正上顎前突(出っ歯)

上アゴの骨や前歯が前に出ている状態です。これにより、口唇が閉じにくく、口が開いていることが多くなるため、口腔乾燥になり、虫歯や歯周炎・口臭の原因になります。下唇を噛んだり、吸う癖がある場合にこの様な不正咬合になりやすいと言えます。

出っ歯の原因と矯正治療

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口) 小児矯正下顎前突(受け口)

上の歯より下の歯が前にある状態で、反対咬合や受け口ともいいます。下のアゴの骨自体が前に出ている場合もあります。反対咬合は下のアゴの動きを制限するため、顎関節症を発症するリスクが高いと言えます。また、上アゴの正常な成長を妨げてしまう可能性もあります。

受け口(しゃくれ)の原因と矯正治療

過蓋咬合

過蓋咬合 小児矯正過蓋咬合

上と下の歯の重なりが深く、下の前歯が見えにくいくらい深く噛みこんでしまっている状態です。噛みこんでいる歯で歯茎を傷つけたり、一部の歯に過度な力がかかり歯周の病気になりやすいと言えます。

過蓋咬合の原因と矯正治療

開咬

開咬 小児矯正開咬

噛みしめた時に奥歯は噛んでいるのに上下の前歯の間に隙間があり、前歯で噛めない状態です。 前歯で物を噛むのが困難だったり、発音がしにくくなります。舌突出癖(舌を前に出して飲み込む悪習癖)がある場合 があるため、MFT(口腔周囲筋筋機能訓練)が必要になる場合があります。

開咬(オープンバイト)の原因と矯正治療

小児矯正の矯正装置には取り外しができる可撤式装置と、取り外しができない固定式装置の2種類があります。

可撤式装置

可撤式(かてつしき)とは、患者様がご自身で取り外しができるという意味です。小児矯正で使用する可撤式装置には、床矯正装置、ヘッドギア、チンキャップ、ムーシールドなどがあります。

可撤式装置は1日のうち、決められた時間を装着することで矯正の効果が得られます。ご自宅にいるとき、夜寝ているときなどに装着していただくことが多いです。

床矯正装置

床矯正装置 小児矯正床矯正装置

床矯正(しょうきょうせい)装置とは、顎が小さくて歯が並びきらないという場合に、顎を広げて歯列の幅を広げることで、歯が並ぶスペースを作るために装着するものです。取り外しは可能です。口の裏側や床下粘膜部につけるプラスチック製の床部分に張り、引っ掛ける金属のバネで固定して顎を広げていきます。

拡大ネジというものが付いており1週間に1回程度、回していただくことで装置を横方向に広げます。食事や歯磨きの際には取り外していただきます。

ヘッドギア

ヘッドギア 小児矯正ヘッドギア

へッドギアとは、頭部を固定源とした顎のコントロール装置です。

上の奥歯に装着した取り外しのできない装置と、太いワイヤーでできたフェイスボーというものをつなげて、そのフェイスボーを、ヘッドキャップといわれる帽子のような装置と連結させて牽引するようにします。これにより上下の顎の位置をコントロールします。

チンキャップ

チンキャップ 小児矯正チンキャップ

チンキャップとは、主に下顎の骨を後方に移動させるための装置です。受け口などの治療に使用します。頭部を固定元とし、下顎にチンキャップと呼ばれる装置を当てて、それにゴムバンドをつなげて頭部のヘッドキャップで固定する形です。

アクチバトール

アクチバトール 小児矯正アクチバトール

下アゴの前後的な位置関係を改善する取り外しできる装置です。また、装置を調整することにより、奥歯の萌出を促して深い噛み合わせを改善します。

ムーシールド

ムーシールド 小児矯正ムーシールド

ムーシールドは3歳から使える、反対咬合(受け口)を改善する透明のマウスピース型の装置です。唇や舌の筋肉の力を利用して、骨や歯の位置を改善します。

固定式装置

固定式装置とは、可撤式の取り外しができる装置とは異なり、歯科医院で装着した後はご自身で外すことができない装置のことです。固定式装置には、マルチブラケット装置、急速拡大装置、リンガルアーチ、ナンスのホールディングアーチなどがあります。

マルチブラケット装置

マルチブラケット装置 小児矯正マルチブラケット装置

ブラケットと呼ばれる小さな装置を、一つ一つの歯の表面に装着し、そこにワイヤーを通して歯並びを動かしていく方法です。ほとんどの症例に対応することができ、確実に歯並びを改善していくことができます。 取り外すことができないため、食事の時も歯磨きのときも装着したままになります。このことから、歯磨きはしっかりと行う必要があります。

急速拡大装置

急速拡大装置 小児矯正急速拡大装置

上顎に固定し、急速に顎の骨を拡大して歯の並ぶスペースを作り出す装置です。およそ1~3か月で矯正治療を行うことができます。金属製のバンドと太いワイヤー拡大ネジで作られており、中央にある拡大ネジにより、顎を押し広げる力を調整します。

リンガルアーチ

リンガルアーチ 小児矯正リンガルアーチ

歯の裏側に固定する装置です。奥歯にバンド固定し、そこから出ているワイヤーのバネの力で歯を動かします

ナンスのホールディングアーチ

ナンスのホールディングアーチ 小児矯正ナンスのホールディングアーチ

奥歯が動かないように、固定するための装置です。例えば奥歯を抜歯した場合、そのスペースに他の奥歯が移動してしまうのを防ぐために利用されます。奥の大臼歯にバンドを装着し、上顎の口蓋部のプラスチックのプレートで押さえる仕組みです。

歯の生え変わりや骨の成長段階にある子供の矯正は、主に顎や骨格にアプローチする治療が主となります。

  • 1.

    カウンセリング

    カウンセリング 小児矯正カウンセリング

    患者様の気になっている事や希望などを伺い、現在の歯並びの状態と考えられる治療法をお伝えします。

  • 2.

    プラークコントロール

    プラークコントロール 小児矯正プラークコントロール

    小児矯正を行う前に、プラークコントロールを行うことがあります。プラークコントロールとは、歯の表面や歯と歯の間、歯に近い歯肉の表面などにたまっているプラーク(歯垢)というねばねばした細菌のかたまりがつかないようにすることで、歯周病の進行を予防して除去する方法です。

    プラークコントロールは自宅での歯ブラシやデンタルフロスなどを用いてプラークを除去することも含みますが、歯科医院では自宅では取り切れなかったプラークや、プラークが硬くなって歯石となってたまってしまうと、毎日のブラッシングでは取り除くことができなくなります。そこで歯科医院で専用の器具や機器を用いてプラークを取り除きます。

    矯正治療はお口に装置が入っている時間が数時間あるため、治療前にしっかりとブラッシング指導とクリーニングを行い、お口を清潔に保っていただきます。

  • 3.

    精密検査

    精密検査 小児矯正精密検査

    診療方針を決めるために必要な資料を採得させていただきます。内容は患者様のお口の歯型、お口とお顔の写真、横顔とお口全体のX線写真です。(ムーシールドを使った治療時は低年齢の場合、初回の検査は行わない場合があります)

  • 4.

    診断

    診断 小児矯正診断

    精密検査で得られた情報を元に、診療方針や期間、料金についてご説明いたします。そして、十分なご理解を頂いた後に治療を開始いたします。

  • 5.

    Ⅰ期治療(乳歯・混合歯列期の矯正治療)開始

    Ⅰ期治療 小児矯正Ⅰ期治療

    必要な矯正装置を使い、主に骨格的な不正を治療していきます。1~2か月に1回来院していただき、装置の調整や処置をします。永久歯が生え変わる12歳頃までの治療です。

  • 6.

    Ⅱ期治療(永久歯列期の治療)開始

    Ⅱ期治療 小児矯正Ⅱ期治療

    永久歯に交換後、Ⅱ期治療を必要と判断された場合やご希望された場合は期の矯正治療に移行します。再度、検査診断をし、必要な装置を装着します。1~2か月に1回来院していただき、装置の調整や処置をします。

  • 7.

    保定・メンテナンス

    保定・メンテナンス 小児矯正保定・メンテナンス

    矯正治療が終了した後は後戻りを防ぐために保定装置を使用していただきます。またチェックとメンテナンスのために数か月に1回来院していただきます。

小児矯正の治療期間と通院回数の目安

小児矯正では、主に矯正装置を使う場合、約2~3年の治療期間になります。また、II期の歯列の矯正装置を使用した後は、後戻りを防ぐために保定装置をつける保定期間が2年以上必要になります。矯正期間や保定期間中は、メンテナンスや口腔内チェックのために数か月に1回ほど来院していただきます。矯正治療後も、全て永久歯に生え変わるまでは、新たに不正が現れていないか経過観察をおすすめいたします。治療期間はあくまで目安となります。症例によっては前後することがありますので個別にご相談ください。

大人の矯正と比べて、子どもはまだ顎が成長段階にあるため、簡単な装置で、比較的、短期間に改善できることがあります。小さいうちからしっかりと矯正や口周りの悪習慣を断っておくことで、永久歯がきれいに生えそろうことが期待できます。

Ⅰ期治療

装置を使って頂くのは約2~3年ですが、永久歯に生え変わるまでは経過観察をいたします。

Ⅱ期治療

治療期間:約2~3年

保定期間(Ⅱ期治療を行った場合):2年以上

  • 上記の期間は目安です。症例によっては前後する場合があります。
メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
小児矯正(子供矯正) I期治療(乳・混合歯列期) 400,000円
II期治療(永久歯列期) に移行する場合 400,000円
ムーシールドの治療 (3歳からの反対咬合治療) 100,000円
処置料(毎回) 5,000円
処置料(毎回) ※経過観察のみ 3,000円
精密検査、診断料 50,000円
プラークコントロール料 5,000円

小児矯正オプション

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
アンカースクリュー 1本 40,000円
MFT(口腔周囲筋筋機能訓練) 1回 5,000円
小児矯正を始める最適な時期はいつでしょうか?

小児矯正は、主に乳歯の時期や乳歯から永久歯に生え変わる混合歯列期から始めることが多いです。早い場合は3歳~6歳から始め、10歳くらいまでに行うのが一般的です。お口の中の状態と、歯並びや咬み合わせを確認して、どのような状態かを診察して開始時期を判断いたします。また、歯並びは咬み合わせの状態によって、どの治療が選択されるかが変わってきます。

歯を抜くことはありますか?

小児矯正は将来抜歯をしたり、大がかりな矯正治療を受けたりしなくて済むように、成長期の段階から歯並びや歯の咬み合わせをコントロールすることが主な目的です。

そのため、小児矯正の場合、抜歯をすることはほとんどないと考えられます。万が一、抜歯をする必要があったり、抜歯をしたほうが全体的な歯並びに良い影響があったりする場合には、事前に保護者の方とご相談させていただきますのでご安心ください。

子供が矯正装置を付け続けるのは大変であるように思いますが大丈夫でしょうか?

確かにお子様は矯正装置を長時間お付けいただくのはなかなか難しいところがございます。そのため、お子様の矯正装置は夜寝ている間だけにつ付ける、もしくはお家にいる夜の時間帯だけ付けるといったことが多いです。

また、小さなお子様はやはり矯正装置自体難しいこともございますので、ある程度大きくなって矯正措置に抵抗のない時期に治療を開始するというのも一つの方法です。いずれにしても、お子様の年齢やお口周りの状態によって変わってきます。

うちの子は歯医者が嫌いなのですがどうすればいいでしょうか?

お子様は、一度、歯医者嫌いになるとどうしても通院は難しいものですよね。

しかし、当院では女性歯科医師が丁寧にカウンセリングいたしますし、お子様もきっと楽しくお過ごしいただけるはずです。また、年齢が低くてまだ難しいということもございますので、その場合は年齢を重ねてから行うという方法もございます。いずれにしても、一度カウンセリングだけでもお越しいただき、様子を見ていただくという方法もあります。

小児矯正を受けるか、受けないかは、どのように判断すればよいのでしょうか?

歯並びが悪いように見えても、まだ乳歯の段階では判断がつきません。将来的に永久歯に生え変わったときに、歯並びが必ずしも悪くなるというわけではないためです。このことから一概には、すぐに矯正治療を始めなければならないということはありません。これが小児矯正の特徴でもあります。やはり歯科医師がプロの目で診断し、いつ始めればよいのか、すぐに始めるべきなのかなどをご提案いたします。

小児矯正は、顎と歯の成長に応じて治療方法を変えていきます。そのため、お子様の顎と歯の成長に合わせて様子を見ながら行っていくのが一番です。保護者の方としては、どのような治療法であってもご心配かと思いますので、一度お気軽にご相談に来られてみてください。カウンセリングは無料で行っております。

子供の矯正治療では痛みはありますか?

大人のワイヤー矯正では痛みが伴うことがありますが、小児矯正(子供矯正)では成長過程にあるため痛みは少ないとされています。しかし、歯の生え変わりの時期では歯茎の状態が変化するため、装置に当たってしまい痛みが出る場合があります。その時は装置を調整致しますのでご安心下さい。

子供の矯正と大人の矯正では使う装置に違いはありますか?

大人の歯列矯正では取り外しの出来ない、歯に固定する装置を使うのに対し、子供の歯列矯正では基本的に取り外しの出来る装置を使うことが多いです。まれに固定式の装置を使うこともありますが、その都度ご説明致します。

このページでは、歯、骨、筋肉の成長を考慮した小児矯正についてご確認いただけます。

3歳以上から20歳までのご年齢なら女児、男児どなたでもご相談から承れます。

小児矯正は成人と異なり、体系的成長と精神的成長を考慮する必要があります。積極的な装置の装着をすすめるのではなく、まず現状を把握し、お子様、親御様の不安を取り除くことが大切です。

気軽にご相談いただけるよう、サロンに通うような雰囲気でお子様に恐怖心を与えずにご来院いただけます。お子様のご相談や治療に合わせて、親御様のお口のご相談や治療の同時進行も可能です。

担当はすべて女性歯科医師で、出産し母としても活躍する歯科医師もおりますので、女性としての共感や相談がしやすい環境です。

小児矯正 (子供矯正)の治療概要

治療方法 小児矯正 (子供矯正)
治療費 100,000円〜400,000円(税別)
治療の副作用(リスク) 歯の生え変わり時期のため、装置が当たって痛みが出る可能性があります。
装置の使用が不適切な場合、怪我や装置の破損、治療の効果が得られない可能性があります。
歯根が未完成であるため、過度な力がかかると形成不全や根吸収を起こす可能性があります。
永久歯の大きさや萌出方向によっては、ワイヤー矯正が必要な場合があり、その場合、抜歯が必要になることもあります。
口の状態によっては、前歯にワイヤー矯正をする可能性があります。
治療期間 3か月〜3年
治療回数 5回〜40回
適応症例 乳歯列完成の3歳頃から永久歯列完成の12~13歳頃まで
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 保定期間あり
不適応の症例 なし

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:審美歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文