MOUTHPIECE
ORTHODONTIC

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正の症例写真マウスピース矯正
ビフォーアフター

マウスピース矯正は、ワイヤーやブラケットを使用せずに、透明なマウスピースの装着により歯牙の移動を行う歯列矯正治療です。

歯科医師による診査・診断のもとに製作された着脱可能なマウスピースを、段階的に交換していくことで、歯牙移動が起こります。

マウスピースは1日20時間以上の装着が基本ですので、食事や歯磨き時以外には常に装着することが理想です。薄く透明なため、治療中であることを気が付かれにくいといったメリットから、歯並びの改善にマウスピース矯正を選択する方が増加傾向にあります。

現在、国内外の複数のメーカーより、マウスピース矯正治療が提供されています。治療の適応症や装着時間、治療期間といったシステム上の詳細はそれぞれ異なります。歯科医師の診断のもと、ご自身にあった治療方法を選択することが大切です。

マウスピース矯正はこんな方におすすめ

  • 目立たない装置で歯列矯正治療を行いたい方
  • 矯正中もスポーツや楽器演奏を楽しみたい方
  • 金属アレルギーがある方
  • マウスピースの装着時間をきちんと守れる方
  • 仕事の都合で矯正装置を一時的に自分で外したい芸能人やアスリート

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正を行う患者様は増加傾向にあります。選ばれる治療法であるマウスピース矯正の特徴をご紹介します。

透明で薄い素材のマウスピース

マウスピース矯正の矯正装置はマウスピース型で、透明の薄い素材で作られています。装着時には目立たず、口元が装置の厚みでボリュームが出ることがありません。

対面で会話をしていても、歯列矯正中であることを気が付かれないことも少なくありません。

矯正装置の取り外しが可能

マウスピース型矯正装置の着脱は、毎日、患者様ご自身で行っていただきます。

矯正装置をご自身のタイミングで取り外せるため、歯をきれいに隅々まで磨くことができ、口腔衛生にも優れています。

金属アレルギーのリスクがない

透明なマウスピースは、金属を使用していません。

金属アレルギーの既往があり、これまでワイヤーによる歯列矯正を諦めていた方も、マウスピース矯正であれば治療が可能です。

適応範囲が限られる

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正と比較して適応範囲が少ないことが欠点です。

抜歯適応の場合も、症例やマウスピース矯正メーカーによっては治療が可能ですが、ワイヤー矯正による治療の方が適していることもあります。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正は、目立たず痛みのコントロールができるなど、従来からの歯列矯正と比べ、メリットが多い矯正法です。

目立たない歯列矯正装置

ワイヤー矯正では、歯の表面に付けたボタン様のブラケットとワイヤーが目立つため、これまで歯列矯正を諦めていた方には、マウスピース矯正が適しています。

透明で薄いマウスピースは、装着していても目立たず歯列矯正中であることが目立ちません。

痛みのコントロールが可能

マウスピース矯正もワイヤー矯正同様、歯に持続的に力をかけて歯を徐々に移動していきます。そのため、歯の移動による痛みはさほど違いはないと言えます。

しかし、マウスピース矯正はご自身で装置を着脱できるため、矯正装置による不快感がある場合に一時的に取り外すことも可能です。ワイヤー矯正と比べると、痛みのコントロールがご自身で可能です。

衛生状態に優れる

マウスピースはご自身で着脱が可能です。

そのため、矯正装置を取り外し、治療前と同様に歯列の隅々まで歯を磨くことができ、う蝕(虫歯)や歯周病、口臭のリスクの軽減が期待できます。

通院回数が少ない

基本的には治療開始時に、すべてのステージに相当するマウスピースを患者様にお渡しします。

マウスピースの装着時間を守り、適したタイミングで新しいマウスピースへとご自身で変更していただきます。そのため、装置の取り換えに通院する回数は少なくなります。

飲食物の制限がない

ワイヤー矯正は、装置の隙間に食渣が入り込み、会食時に困るといったデメリットがありました。また、装置に付着しやすい餅やキャラメル、ガムといった粘着性の高い食べ物は治療期間中、避けなくてはなりません。

マウスピース矯正であれば、食事中は装置を取り外すため、食物に制限はありません。

粘膜の創傷リスクが少ない

マウスピース矯正は、歯列にぴったりと密着する薄い装置です。粘膜を傷つけることはほとんどありません。

反対に、ワイヤー矯正では、装置が一部外れるとワイヤーが粘膜に突き刺さり、口腔内を傷つけてしまい口内炎のリスクがありました。

金属アレルギーのリスクがない

マウスピース矯正では、ワイヤー矯正と異なり金属を使用しないため、金属アレルギーの既往がある方や、これまで金属でかゆみや発赤を起こしたことがある方でも安心して治療を行うことができます。

インビザライン矯正のデメリット

メリットの多いマウスピース矯正ですが、適応する症例であるかを正確に診断することが治療の成功には不可欠です。

適応症例が限定される

マウスピース矯正の普及により、技術が進化し様々な症例に適応が広がってきていますが、現在はまだワイヤー矯正と比べると症例が限定される部分があります。症例によっては、マウスピース矯正では効果が表れず、ワイヤー矯正が適している場合もあります。

矯正装置は患者様管理

マウスピース矯正では、毎日患者様ご自身で推奨される装着時間を守って、マウスピースの装着を管理していただきます。装着時間が短くなると、治療効果が表れにくくなるため注意が必要です。

当院のマウスピース矯正の種類と比較

現在、国内外の様々なメーカーがマウスピース矯正のシステムを提供しています。当院では、その中でも実績や治療効果に優れるシステムを厳選して提供しています。

インビザライン

インビザライン マウスピース矯正

歯列矯正治療の先進国であるアメリカにおいて、アライン・テクノロジー社が提供するインビザライン・システムは、マウスピース矯正のパイオニア的な存在です。

インビザラインは、いくつかのパッケージに分かれ、症例や患者様のご希望に沿った選択肢に優れています。抜歯症例にも対応しています。

インビザラインの詳細はこちら

インビザラインGO(ゴー)

インビザラインGO(ゴー) マウスピース矯正

インビザラインGOは、前歯の軽度の歯列不正に適しています。具体的には、咬み合わせに問題がなく、前歯から第一小臼歯(前から数えて4番目)までの歯列不正が対象です。

インビザラインGO(ゴー)の詳細はこちら

インビザライン・ファースト

インビザライン・ファースト マウスピース矯正

以前は、混合歯列期のお子様は、マウスピース矯正の選択肢がありませんでした。

インビザライン・ファーストは、10代の永久歯が生え揃う前のお子様を対象とした歯列矯正です。

インビザライン・ファーストの詳細はこちら

クリアコレクト

クリアコレクト マウスピース矯正

歯科材料メーカーの老舗であるストローマン社が提供するクリアコレクトは、現在アメリカや国内においてシェアを急激に伸ばしています。

インビザラインと比べて、安価に治療を行うことができます。

クリアコレクトの詳細はこちら

アソアライナー

アソアライナー マウスピース矯正

アソアライナーは、日本で開発されたシステムです。アソアライナーは、30日に1度、歯型を取り、治療効果を確認しながら精度の高い治療を期待できます。月に1度の歯型取りがあるため、来院回数は多めです。

アソアライナーの詳細はこちら

マウスピース矯正の比較

インビザライン クリアコレクト アソアライナー
製作場所 米国 米国 日本
価格 やや高額 安価 安価
歯牙の動きの予測 可能 可能 不可
1日の装着時間 20時間以上 22時間以上 17時間以上
治療開始までに必要な期間 6週間 6週間 10日
マウスピースの交換時期(通院間隔) 1か月毎 1か月毎 1か月毎
マウスピースの製作方式 一度に全ての
マウスピースを製作
一度に全ての
マウスピースを製作
段階別に製作
歯牙の移動量(1ステップ) 0.2~0.25mm 0.2~0.25mm 0.15〜0.25mm
マウスピースの形状 歯だけを覆う 歯茎まで覆う 歯茎まで覆う
マウスピースの素材 独自のポリウレタン製の
スマートトラック
多層性材料「ClearQuartz™」 ポリエチレンテレフタラート
治療計画の修正 可能 可能 可能

マウスピース矯正の症例

叢生・過蓋咬合の症例

治療前 叢生・過蓋咬合 マウスピース矯正治療前
治療後 叢生・過蓋咬合 マウスピース矯正治療後

マウスピース矯正の適応

叢生(八重歯・乱杭歯)

叢生(八重歯・乱杭歯)

上顎前突(出っ歯・口ゴボ)

上顎前突(出っ歯・口ゴボ)

反対咬合 / 下顎前突(受け口)

反対咬合 / 下顎前突(受け口)

上下顎前突

上下顎前突

開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト)

交叉咬合

交叉咬合

過蓋咬合(深い噛み合わせ)

過蓋咬合(深い噛み合わせ)

切端咬合

切端咬合

空隙歯列・正中離開(すきっ歯)

空隙歯列・正中離開(すきっ歯)

正中の不一致

正中の不一致

顎偏位

顎偏位
※骨格性でないものに限る

過剰歯

過剰歯

萌出遅延・埋伏

萌出遅延・埋伏

捻転歯

捻転歯

転位歯

転位歯

歯の着色・変色
(嗜好品・加齢)

歯の着色・変色(嗜好品・加齢)

歯の欠け

歯の欠け

歯の欠損 / 先天性欠如

歯の欠損 / 先天性欠如

歯茎の黒ずみ(メタルタトゥー)

歯茎の黒ずみ(メタルタトゥー)

ガミースマイル

ガミースマイル

マウスピース矯正の流れ

マウスピース矯正の流れをご紹介いたします。診断を行い、治療が開始すると、患者様ご自身での装着管理が重要です。

STEP.1
カウンセリング
カウンセリング マウスピース矯正

当院では、30~60分と十分な時間を設定し、マウスピース矯正の実績に優れる女性歯科医師がお話を伺います。

現在の歯並びのお悩み、治療に関するご希望や疑問、心配な点などまずはお気軽にお伝えください。

STEP.2
精密検査と資料収集
精密検査と資料収集 マウスピース矯正

歯列矯正は精密な検査と診断が必要です。パノラマX線写真、必要に応じてセファロ撮影の画像検査と歯型の採取、模型製作を行います。

う蝕や歯周病の状態を確認し、治療が必要な場合には当院での処置もしくは、お近くの歯科医院での保険診療による治療も可能です。

STEP.3
治療計画のご説明
治療計画のご説明 マウスピース矯正

収集した資料をもとに診断を行い、患者様の歯並びの状態や適したマウスピース矯正について、女性歯科医師がご説明いたします。治療方法や期間、費用面などで不明な点などがありましたら、ご質問いただけます。

STEP.4
カスタムメイドのマウスピースの製作
カスタムメイドのマウスピースの製作 マウスピース矯正

治療計画にご納得いただいたら、資料データをマウスピース矯正のメーカーに送り、患者様それぞれの歯列にあったマウスピースを製作します。

メーカーによって異なりますが、2~6週間程度の製作期間を要します。

STEP.5
矯正治療開始とマウスピースのお渡し
矯正治療開始とマウスピースのお渡し マウスピース矯正

初回は着脱方法やマウスピースなどの管理についてご説明させていただき、マウスピースをお渡しします。

症例やメーカーによりますが、小さなボタン状のアタッチメント(歯と同系色)の装着や、歯と歯の接する面をエナメル質の範囲内でわずかに切削するディスキングを行うことがあります。

STEP.6
治療効果の確認とクリーニング
治療効果の確認とクリーニング マウスピース矯正

マウスピースは、指示通りに毎日装着し、段階的に新しいものへとご自身で交換していただきます。

治療効果の確認のためにご来院いただき、う蝕や歯周病にかかっていないかを確認し、クリーニングを行います。必要に応じて、再度歯型を採取することがあります。

STEP.7
治療完了と装置の除去
治療完了と装置の除去 マウスピース矯正

全てのマウスピースの装着が終わり歯の移動が完了したら、咬み合わせの確認、クリーニングを行います。

アタッチメントを装着した場合には、完了時に除去します。装着状況によって、治療効果が不十分である場合には歯型取りを行い、治療の延長についてご相談いただけます。

STEP.8
保定期間と定期健診
保定期間と定期健診 マウスピース矯正

歯列矯正により力をかけて移動した歯は後戻りが起こりやすいため、保定期間が必要です。

保定期間は、就寝時にマウスピース型の装置を装着します。歯列の状況にもよりますが、半年から1~3年程度をご想定ください。保定期間終了後は、後戻りが起きていないかの確認を兼ねて、お口の健康のために定期健診にご来院いただきます。

リテーナー(保定装置)の目的と注意点

メニュー名 本数・回数・内容 価格 モニター価格
インビザライン 最軽度の歯列不正:エクスプレス / 片顎 7枚 330,000円 165,000円
比較的軽度の歯列不正:ライト / 片顎 14枚 495,000円
中等度(標準的)の歯列不正:モデレート / 片顎 26枚 715,000円
重度(抜歯ケース)の歯列不正:コンプリヘンシブ / 上下顎 無制限 935,000円 770,000円
精密検査・クリンチェック 55,000円
リテーナー 55,000円
インビザライン・ファースト Ⅰ期治療:ファースト / 上下顎 825,000円
Ⅱ期治療:コンプリヘンシブフェーズ2 / 上下顎 825,000円
精密検査・クリンチェック 55,000円
リテーナー 55,000円
インビザラインGo(ゴー) 片顎 330,000円 297,000円
上下顎 412,500円 396,000円
精密検査(適応可否まで) 無料
クリンチェック 55,000円
リテーナー 55,000円
クリアコレクト FLEX 上下顎 3枚セット 151,800円
ONE 上下顎 24枚セット 407,000円
UNLIMITED 上下顎 枚数無制限 550,000円
検査代 55,000円
リテーナー 55,000円
アソアライナー ショート(0-15step) 片顎 412,500円
ショート(0-15step) 上下顎 825,000円
ミディアム(16-24step) 片顎 467,500円
ミディアム(16-24step) 上下顎 935,000円
ロング(25-step) 片顎 522,500円
ロング(25-step) 上下顎 1,045,000円
検査代 55,000円
リテーナー 44,000円
毎回の診察料 5,500円
マウスピース矯正で出っ歯は治りますか?

マウスピース矯正は、幅広い症例に適応できるようになってきており、出っ歯も改善することがあります。原因が歯軸ではなく、骨格のバランスの影響が強い場合には、マウスピース矯正をお勧めできないこともあります。

マウスピース矯正だけでなく、より効果的に治療を行うためにアタッチメントやディスキング(歯と歯が接する面を薄く削る)や抜歯を併用することがあります。数か月から数年の治療期間が必要です。

マウスピース矯正は子供でもできますか?

以前は、マウスピース矯正は永久歯列のみが対象でしたが、インビザライン・ファーストであれば、混合歯列期のお子様の歯列矯正が可能です。

生え変わりの状況や習癖(指しゃぶり、舌の突出など)がある場合には、マウスピース矯正以外の方法をご提案することもあります。

インビザライン・ファーストの詳細はこちら

マウスピース矯正期間中に虫歯ができても治療は続けられますか?

基本は虫歯や歯周病の状態を確認し、治療完了後にマウスピース矯正を開始します。

マウスピース矯正のメリットは、マウスピースを取り外して歯を隅々まで磨くことができることです。衛生状態に優れる治療方法ですので、治療期間中に虫歯ができないように注意しましょう。

矯正期間中の虫歯治療により詰め物や被せ物を行うと、先行して製作したマウスピースが合わなくなることがあります。虫歯治療を行う場合には、他院で行う場合でも、当院の担当医までお伝えください。

マウスピース矯正は痛いですか?

マウスピース矯正は、治療開始直後は装着により歯を締め付けられるような圧迫感や遺物感を生じることがあります。段階的にマウスピースを交換した直後にも同様の症状が起こりやすいです。

しかし、これまでの当院で治療をお受けになった患者様のうち、痛み止めを服用するほどの痛みを生じた方はいらっしゃいません。また、不快感が強い場合には、一時的にご自身で矯正装置を取り外すことができます。

マウスピース矯正で前歯だけ矯正できますか?

精密検査により奥歯の咬み合わせに問題がない、部分的な歯列不正との診断であれば、前歯の歯列不正に特化したマウスピース矯正が適応です。

矯正期間や費用面も抑えることができます。

マウスピース矯正で咬み合わせは治せますか?

歯列矯正では、歯並びの見た目だけでなく、機能的な咬み合わせに導くことを目的としています。

また、マウスピースは薄い素材でできていますが、口腔内の感覚はとても敏感なため、マウスピースの装着時と外した時では正しい咬み合わせとなっていても一時的に違和感が生じることがあります。

マウスピース矯正では、治療効果の確認のために1~3か月程度に1度の来院がありますが、その際に咬み合わせの確認も行い、必要であれば適した咬合になるように部分的に薄くエナメル質を研磨することがあります。

マウスピースの手入れはどのように行うのでしょうか?

マウスピースは、毎日洗浄し、衛生的に装着していただくことが必要です。

熱に弱い素材のため、熱湯による消毒は絶対に避けてください。基本は、水洗と市販の入れ歯洗浄剤やリテーナー洗浄剤の使用がおすすめです。治療開始時に担当医より、管理方法についてご案内いたします。

飲食時はマウスピースを着けたままでも大丈夫ですか?

マウスピースを装着したままの飲食は、基本的にお勧めできません。

装着したまま食事をすると、マウスピースの破損や変形、着色の原因となり、マウスピースの再製作が必要となることがあります。飲み物は、常温の水などであれば問題ありませんが、飲み物の温度によっては変形や着色、衛生面にリスクがあります。

マウスピース矯正中の歯磨きはどのようにするのでしょうか?

マウスピースは、1日20時間以上の装着が基本です。食事や歯磨き時以外には、マウスピースの装着が推奨されます。

歯磨きは、治療以前と同様にマウスピースを取り外した状態で、歯の隅々まで磨くことができます。治療期間中に虫歯ができると、治療方法によってはマウスピースが合わなくなることがあるため、虫歯にならないように注意しましょう。

歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシの使い方について、来院時にご案内いたします。

マウスピース矯正で失敗することはありますか?

マウスピース矯正で失敗することはほとんどありませんが、自己管理がうまくできていないと、失敗する可能性も否定できません。

1日の定められた時間にマウスピースを装着しなかったり、定期的な交換を怠ったりすると、治療計画通りに歯の移動が進まなくなるからです。

マウスピース矯正のページをご覧の皆様へ

このページでは、透明のトレーを装着することでご自分の歯を動かし、歯並びを改善するマウスピース矯正についてご確認いただけます。

南青山矯正歯科クリニックのマウスピース矯正は、世界中で症例数最多の3Dデジタルシミュレーションを駆使したインビザライン、インプラントメーカー大手のストローマングループが提供するクリアコレクト、日本最大手のアソアライナーと様々なマウスピース矯正を採用しています。お子様から成人まで幅広い年齢に対応可能です。

通院間隔もご遠方の方やお仕事でなかなかお休みが取れない方などに合わせ、毎月1回程度から6か月間隔まで担当の歯科医とご相談いただけます。

マウスピース矯正の治療を担当する歯科医師

マウスピース矯正の治療概要

治療方法 マウスピース矯正
治療説明 マウスピース矯正は、透明のマウスピース型のトレーを使い、自分自身の歯を動かす、目立ちにくい歯列矯正です。
治療費 151,800円〜1,045,000円
治療の副作用(リスク)
  • 装着時間が守られない、使用方法が守られない、特殊な形状の歯が存在する場合、虫歯、歯周病、歯肉炎、歯の脱灰などが生じる、治療が長期化する可能性や事前のシミュレーションどおりの結果を発揮できない可能性があります。
  • トレー装着により、擦り傷や痛み、圧痛、発音への影響、下のもつれ、一時的な唾液の増加または口の渇きが起こる可能性があります。
  • 咬み合わせが変化することで違和感や不快感を感じることがあります。
  • 矯正期間中にアタッチメントの装着、歯を研磨や削合をすることがあります。
  • 強い歯ぎしりや食いしばりがある方は、トレーが擦り減ることがあります。
  • 最終的に咬み合わせ調整のために歯の研磨、削合を行うことがあります。
  • 治療完了後に歯の位置が移動することがあります。
治療期間 3か月〜3年
治療回数 2回〜24回
適応症例 空隙歯列、下顎前突、上顎前突、開咬、叢生などの歯列不正
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 保定期間あり
不適応の症例
  • 正常な歯並びから大きく逸脱した症例
  • 骨格性の不正咬合の場合
  • 虫歯の場合(虫歯治療を優先する必要があります。)
  • 重度の歯周病の場合
  • 顎関節症の場合
  • 嘔吐反射があり印象採得ができない場合
  • 乳歯が抜けたり歯が萌出時期の幼児
運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 03-3475-8536
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室