南青山矯正歯科 > 歯列矯正(歯科矯正) > マウスピース矯正 > インビザライン > インビザライン・ファースト (ティーン)

インビザライン・ファースト (ティーン)とは

インビザライン・ファースト (ティーン)とは

インビザライン・ファースト (ティーン)とは、米国アライン・テクノロジー社が提供する10代向けの「インビザライン・システム」です。

1年半以内の矯正期間を目安として、透明のマウスピース型矯正装置を一定期間おきに交換しながら、歯列の育成を目的とします。インビザライン・ファーストでは、今まで永久歯列期に近い時期から適応できませんでしたが、乳歯と永久歯が混在する混合歯列期に行うⅠ期治療にも適応範囲が広がりました。

インビザライン・ファースト (ティーン)の特徴

インビザライン・ファースト (ティーン)の特徴

インビザライン・ファーストでは、子供の歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)が混在する成長過程である、混合歯列期と呼び、その前期に行う一般的な矯正治療である「Ⅰ期治療」にも適応範囲が広がりました。

小学校高学年から中学生が対象

インビザライン・ティーンは、10代前半から中盤が対象となります。歯や顎の発育は途上にありますが、本格矯正に分類される矯正法です。

便宜抜歯が不要

本格矯正の多くは、便宜抜歯が必要となります。不足しているスペースを補うためです。その点、インビザライン・ファーストはまだ発育途中にあるお子さまが対象となることから、治療によってスペースを広げることが可能です。その結果、便宜抜歯が不要となるケースも珍しくありません。

治療に伴う痛みが少ない

インビザライン・ファーストでは、1つのアライナー(マウスピース)で0.25mmずつ歯を移動していきます。過剰な矯正力が働かないため、治療に伴う痛みも少ないです。

3Dデータを元にした精密治療

インビザライン・ファーストは、クリンチェックと呼ばれる専用のシミュレーションソフトを使って治療計画を立案します。歯科用CTで撮影した3Dデータをもとに、精密な本格矯正を実施します。

1日20時間以上の装着が必要

インビザライン・ファーストのマウスピースは、1日20時間以上装着していただきます。装着時間が短くなると、治療計画にズレが生じることになりますので注意しましょう。

10代の歯列矯正でインビザラインを選択する意義

思春期における心理的ストレスが軽減

多感な時期である思春期にワイヤー矯正を行うと、心理的ストレスが大きくなります。目立たないマウスピースによるインビザラインであれば、周囲に気付かれずに歯並びを整えることができます。

部活動に与える影響が少ない

インビザラインは、着脱式の矯正装置なので、楽器の演奏やスポーツに与える影響を最小限に抑えることができます。

萌出途中の歯並びにも対応

インビザライン・ファーストは、混合歯列期に対応できるマウスピース矯正です。歯が生えることを萌出(ほうしゅつ)といいますが、萌出途中の歯並びも整えることができるため、治療効果も高くなります。

インビザライン・ファースト (ティーン)の治療の流れ

当院のインビザライン・ファーストの治療では、小児矯正やマウスピース矯正の経験が豊富なインビザライン公式認定ドクターが治療を担当いたします。

  • 1.無料カウンセリング

    カウンセリング インビザライン・ファースト (ティーン)カウンセリング

    当院では矯正専門の女性歯科医師が、30〜60分程度かけて、親御様含めお子様のお悩みをお伺いしていきます。

  • 2.精密検査

    レントゲン撮影 インビザライン・ファースト (ティーン)レントゲン撮影

    お子様の口腔内の資料採りを行います。30分程度かけお口の中の写真撮影、レントゲン撮影、印象採得(歯型採り)、咬み合わせなどを確認していきます。これをもとに精密な治療計画を立案していきます。

  • 3.治療計画の立案・ご報告

    治療計画の立案・ご報告 インビザライン・ファースト (ティーン)

    アライン・テクノロジー社の3D治療計画ソフトウェア「クリンチェック」を使用し、担当医が患者様の治療計画を作成します。この3Dシミュレーションでは、予測される歯牙の最終位置(歯並びの仕上がり)が示されるほか、おおよその矯正期間を確認いただけます。

  • 4.アライン・テクノロジー社にインビザライン・ファーストを発注

    発注 インビザライン・ファースト (ティーン)

    矯正治療のご契約後、当院からアライン・テクノロジー社にインビザライン・ファーストを発注をいたします。発注から2〜6週間程度で、お子様の矯正用にカスタマイズされたアライナーが当院へ納品されます。

  • 5.必要に応じて事前治療

    事前治療 インビザライン・ファースト (ティーン)事前治療

    歯列矯正の開始前には、虫歯治療を済ませておく必要があります。矯正期間中は歯垢や歯石が付着しやすいため、自宅での正しいセルフケアもご説明いたします。

  • 6.アライナーの装着を開始

    アライナーの装着を開始 インビザライン・ファースト (ティーン)装着

    アライナーをお子様にお渡しします。初回はアライナーの装着方法、清掃方法、保管方法、歯磨きの指導をさせていただきます。お子様は、毎日アライナーを装着していただき、1~2週間ごとに新しいアライナーに交換していきます。約4〜6週間ごとに通院し、担当医の診察を受けていただき、歯列の動きなどの治療経過を確認します。

  • 7.保定期間へ

    保定期間 インビザライン・ファースト (ティーン)保定期間

    矯正終了後、歯牙の位置を安定させるために、保定(固定)期間に移行します。保定期間では、リテーナー(保定装置)を装着していただきます。

メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
インビザライン・ファースト (ティーン) Ⅰ期治療:ファースト / 上下顎 750,000円
Ⅱ期治療:コンプリヘンシブフェーズ2 / 上下顎 750,000円
検査代 50,000円
リテーナー 50,000円
毎回の診察料 5,000円
歯のお手入れは簡単にできますか?

インビザライン・ティーンは、歯磨きや食事の際にマウスピースを取り外していただきます。ですから、治療前と同じように歯のお手入れを行うことができます。食事も美味しくいただけます。

破損した場合はどうすればいいですか?

破損や紛失したマウスピースは、データを元に複製することが可能です。マウスピースが手元に届くまでは、担当医の診断によって、ひとつ前のステージのマウスピースを使っていただきます。場合によっては次のステージに進んでいただくこともありますので、一度、当院までご連絡をいただくようお願いいたします。

マウスピースの装着時間を守らなかったらどうなりますか?

矯正治療が計画通りに進まなくなる可能性が高いです。装着時間が極端に短くなると、スケジュールに大幅なズレが生じ、検査からやり直さなければならなくなることもあります。

インビザライン・ファースト (ティーン)のページをご覧の皆様へ

このページでは、10代から本格矯正が受けられるインビザライン・ファーストについてご確認いただけます。

当院では、正式なアライン・テクノロジー社のセミナーを受講しライセンスを持つインビザラインドクター(すべて女性歯科医師)が在籍しております。審査診断処置までを一貫した担当医制で対応しております。

インビザライン・ファーストは、アメリカ最大手の最も歴史と症例数がある、アライン・テクノロジー社による3Dデジタルシミュレーションを駆使した最先端のマウスピース矯正です。

インビザライン・ファースト (ティーン)の治療を担当する歯科医師

インビザライン・ファースト (ティーン)の治療概要

治療方法 インビザライン・ファースト (ティーン)
治療説明 インビザライン・ファーストは、インビザラインのひとつで、10代向けのマウスピース矯正です。
治療費 750,000円(税別)
治療の副作用(リスク) 歯根が未完成であるため、過度な力がかかると形成不全や根吸収を起こす可能性があります。装置の使用が不適切な場合、怪我や装置の破損、治療の効果が得られない可能性があります。永久歯の大きさや萌出方向によっては、ワイヤー矯正が必要な場合があります。その際に抜歯が必要になることもあります。歯の生え変わり時期のため、装置が当たって痛みが出る可能性があります。
治療期間 1年半〜3年
治療回数 13回〜39回
適応症例 乳歯列完成の3歳頃から永久歯列完成の12~13歳頃まで
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 保定期間あり
不適応の症例 なし

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

東京メトロ銀座線、外苑前駅から徒歩3分の立地で、外苑前駅、表参道駅、青山一丁目駅と3駅利用可能です。

黒を基調とした清潔感漂う院内と、歯医者に行った時に感じる歯科用薬剤による独特なニオイを抑えることで緊張を和げ、リラックスして治療をお受けいただけます。

歯医者独特のニオイを排除した清潔感のある院内と駅近で通いやすい

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

様々な学会に所属する専門の歯科医師が在籍

審美歯科を専門とする日本審美歯科学会、日本口腔インプラント学会、日本美容歯科医療協会。

全身管理と外科処置や救急を専門とする日本口腔外科学会、睡眠歯科学会、点滴療法研究会、東京大学医学部口腔外科学教室内歯科鉄門会、日本口腔顔面痛学会、日本歯科麻酔科学会。

セラミック治療に必要な知識、技術を専門とする日本補綴歯科学会、日本歯周病学会。

矯正歯科を専門とする日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会など、南青山矯正歯科クリニックでは、専門性に特化した診療科目の出身者や学会所属歯科医により成り立っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍しており、各専門性のある大学病院の医局にて、学会発表や学生指導、研究などを行っています。

大学病院に所属している歯科医師も多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

全身管理のできる口腔外科出身歯科医師が多数在籍

当院には全身管理のできる口腔外科出身の歯科医が多数在籍しており、歯科麻酔のプロフェッショナルとして、麻酔を必須とする大がかりな歯科治療も安心してお受けいただける環境を整えております。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

すべての歯科治療を責任をもって歯科医師が行います。
歯科医院によっては、歯科助手や歯科衛生士に任せている医院もありますが、当院では、カウンセリングから治療、定期健診にいたるまで、歯科医師のライセンスをもった女性歯科医師のみが対応しています。

またインシデントレポート(ヒヤリ・ハットの事例)を収集し、各歯科医の技術の向上と患者様の安全性の維持に努めています。

高度な医療の提供とリスクに備える万全の体勢

歯科治療後のアフターケア

歯科治療後のアフターケア
  • 基本的には腫れる治療は少ないですが、可能であれば当日の飲酒、運動、長風呂は控えましょう。
  • 麻酔を用いた治療の日の食事は、麻酔がきれる2~3時間後から摂るようにしましょう。
  • 固いものを召し上がる際はご注意いただくか、控えるようにしましょう。
  • メイクやお仕事はすぐに可能です。
  • 痛みの感じ方には個人差があります。痛みが辛いと感じたら、我慢せずに処方された痛み止めを服用しましょう。
  • 歯磨きは通常通りか、むしろ通常よりも丁寧にしっかり行いましょう。
歯科治療室
待合室

南青山矯正歯科クリニック

107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22
青山 安田 ビル 4 階

TEL:0120-973-978

アクセス:
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分 詳しいアクセス方法はこちらか

診療科目:歯科・矯正歯科

主な診療内容:セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など

治療費について:当院の治療は全て保険外診療です。

休診日:年中無休(年末年始除く)

診療時間:平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00

運営法人:医療法人社団 真善美会

理事長:白石 文