IMPLANT
ORTHODONTICS

インプラント矯正

インプラント矯正とは

インプラント矯正とは

インプラントというと、歯を失った場合に使う人工歯としてのインプラントをイメージされると思いますが、インプラント矯正でいうインプラントは、そのインプラントではありません。

矯正治療で使うインプラントは、「歯科矯正用アンカースクリュー」または「インプラントアンカー」というスクリュー(ネジ)状の医療器具です。これらは、普通のインプラントのように噛み合わせる目的ではなく、矯正治療で欠かせない固定源として利用されます。

この歯科用アンカースクリューを使って、歯を移動させる矯正治療をインプラント矯正と呼んでいます。

インプラント矯正はこんな方におすすめ

  • 矯正治療の治療期間を短くしたい方
  • なるべく歯を抜歯せずに歯列を整えたい方
  • ガミースマイルの治療が気になっている方
  • ヘッドギアなどの顎外矯正装置を使いたくない方
  • 圧下や後方への移動などが必要な複雑な歯列不正の方

インプラント矯正の特徴

インプラント矯正が備えている数多くの優れた特徴を、その機能面から実績とともにご紹介します。

臼歯部の後方への移動

従来の矯正治療では、大臼歯を固定源としてそれ以外の歯を移動させていました。このため、大臼歯の移動はできませんでした。

インプラント矯正なら、歯科用アンカースクリューを固定源とするため、従来の矯正治療ではできなかった大臼歯の後方への移動も可能です。

臼歯部の前方への移動

大臼歯の後方への移動ができるということは、大臼歯の前方への移動も可能ということです。

大臼歯の位置が奥にずれているために生じた歯列不正の治療では、大臼歯を前方に移動させたいところですが、従来の矯正治療では困難でした。

インプラント矯正なら、こうした歯列不正にも対応できます。

前歯部の後方への移動

例えば、上顎前突症では出ているところだけを部分的に下げても、かえって違和感の残る歯並びになってしまうことが多いです。このため、上顎の前歯部全体を後ろに下げる必要があります。すると、噛み合わせている下顎の前歯も後ろに下げなければなりません。

このように、前歯部全体を後方に下げる様な歯の移動には大きな矯正力が必要なため、従来の矯正治療では難しいということも珍しくありません。

インプラント矯正なら強固な固定源を得られるため矯正力を伝えやすく、このような移動も効率的に行えます。

開咬の改善

開咬は、奥歯を噛み合わせたときに、上顎と下顎の前歯が触れ合わない歯列不正です。

開咬の原因はさまざまですが、症状によっては上顎と下顎の前歯を触れ合う位置まで引き出さなくてはならないこともあります。

従来の矯正治療なら難しかったこうしたことも、インプラント矯正なら可能ですので、開咬も効率的に改善できます。

非抜歯の適応範囲の増大

歯の横幅を合計した数値より顎のサイズが小さい場合、歯は顎の中に収まりません。

こういった場合、従来であれは前から4番目の第一小臼歯か、その後ろの第二小臼歯を抜歯してスペースを確保していました。

インプラント矯正なら、大臼歯を後方に移動させて歯を並べるスペースを確保するという選択肢もあります。

すべての歯列不正で抜歯せずにできるというわけではありませんが、インプラント矯正を行うことで非抜歯矯正の可能性が広がります。

挺出歯の圧下

本来の噛み合わせの位置よりも、伸び過ぎた歯を押し下げる歯の移動を圧下といいます。

圧下は、矯正治療の歯の移動の形式の中でも、難しい歯の移動とされており、ヘッドギアなど頭につける顎外装置が必要とされてきました。

インプラント矯正なら歯科用アンカースクリューを利用することで、顎外装置を使うことなく歯を圧下させることができるようになります。

インプラント矯正のメリット

インプラント矯正には、一般的な矯正治療では得られないさまざまなメリットがあります。

抜歯を避けられる可能性

歯を並べるスペースが不足した場合の対処法は2つです。抜歯してスペースを確保するか、もしくは大臼歯という最も奥の歯を後方へ移動させて、その前にスペースを確保するかです。

一般的な矯正治療では、大臼歯の移動はたいへん困難なため、抜歯が選ばれることが多いです。

しかし、インプラント矯正なら、歯科矯正用アンカースクリューが固定源となり大臼歯の後方への移動が可能になってくるため、抜歯しなくても歯を並べるスペースを確保できる可能性があります。

治療期間の短縮

歯科用アンカースクリューは、上顎骨、下顎骨のいずれの骨のさまざまな位置に設置することができます。

固定源は歯を移動させるときの支えとなるため、矯正治療ではとても重要です。また、歯列不正の状態によって歯を移動させたい方向は変わるため、最適な固定源の位置も異なります。

アンカースクリューであれば、歯列不正に応じた最適な位置に任意に設置できるため、理想的な固定源になります。このため効率的に歯を移動させられ、治療期間を短縮する効果が得られます。

大臼歯も動かせる

歯科用アンカースクリューがない場合、固定源として利用していたのは大臼歯です。

固定源は他の歯を移動させるための支えとなるので、原則的に動かしません。このため、大臼歯を固定源として利用すると、大臼歯の移動はできないことになります。

インプラント矯正では、アンカースクリューを固定源として利用するため、大臼歯を動かすこともできます。

例えば、大臼歯を後方に移動させられると、大臼歯の前方にスペースが生まれます。

このスペースを利用して歯を並べられれば、歯を抜かずに歯並びを整えられる可能性が出てきます。

歯の移動量を大きくできる

例えば、上顎前突症で上顎の前歯を後方に下げたい場合、大臼歯を固定源としていた従来の矯正治療では移動量に限界がありました。大臼歯は歯の根も太い上に多いので、動きづらいしっかりした歯なのですが、全く動かないわけではないので、大きな力が加わると動いてしまう可能性があるからです。

このため、上顎の前歯6本を後方に下げたいというときでも、強い力を加えられないので、移動量に限界がありました。

インプラント矯正なら、歯科用アンカースクリューという全く動かない強固な固定源を利用できるため、歯を大きく移動させたい歯列不正でも改善できます。

ガミースマイルの改善も期待できる

笑ったときに上顎前歯部の歯肉が過度に露出する状態をガミースマイルといいます。

上顎骨の前方への成長しすぎや上顎前歯の伸びすぎによるガミースマイルの場合、インプラント矯正で上顎の歯列の後方への移動や上顎前歯を押し上げることで改善が期待できます。

細かな歯の移動が可能

歯科用インプラントアンカーなら最適な位置を選んで設置できるため、動かしたい歯に対してピンポイントで矯正力を加えることも可能です。

このため、従来の矯正治療以上に、歯の細かな移動ができるようになります。

例えば、八重歯のように一本だけ歯並びからはみ出したような歯列不正でも、はみ出した犬歯をピンポイントで細かく移動させるということもインプラント矯正なら可能です。

インプラント矯正のデメリット

歯列矯正の適応の幅を広げるインプラント矯正ですが、デメリットもあります。

アンカースクリューの埋入手術が必要

インプラント矯正では、歯科矯正用アンカースクリューの埋め込み手術が不可欠です。

アンカースクリューはとても小さいため、埋め込み手術は短時間で終了し、術後の痛みや腫れもほとんど生じませんが、手術が必要であることに変わりありません。

アンカースクリューが緩むリスク

歯科矯正用アンカースクリューはチタン製なため、骨と結合するように作られています。このため、設置したアンカースクリューは動かずしっかりとしているものなのですが、歯槽骨の状態によっては緩みが生じることがあります。

アンカースクリューを埋め込んでしばらく経過してから、アンカースクリューの動きを認めたら、緩んでいる可能性が疑われます。緩んだアンカースクリューは、自然に抜けてしまうこともあります。

アンカースクリュー周囲の歯肉炎

歯科矯正用アンカースクリューにプラークや食べかすがついたままになっていると、その周囲の歯肉が腫れて歯肉炎を発症することがあります。

アンカースクリューの周囲も、歯と同じくきちんとケアしておかなくてはなりません。

追加費用の発生

矯正治療はごく一部の例外を除いて、原則的に自費診療です。そのため、それぞれの歯科医院が独自に治療費を設定して、診療にあたっています。

多くの歯科医院では、歯科用アンカースクリューの治療費を別料金としています。このため、歯科用アンカースクリューを使って矯正治療を受けようとした場合、追加料金が発生します。

歯根を傷つける可能性

歯科矯正用アンカースクリューは、目的とする歯の移動に最適の位置を選んで埋め込みます。もし、歯科矯正用アンカースクリューの埋め込み位置がいずれかの歯に近い場合、歯根を傷つける可能性があります。

このようなことは滅多に起こることはありませんが、可能性はゼロではありません。

頬や唇にあたる

歯科用アンカースクリューは、ワイヤーなどの矯正装置にあたらない位置を選んで設置します。

このとき設置した場所によっては、頬や唇など食事や会話のような日常生活で動く、可動粘膜というところに触れることがあります。しばらくすると慣れてくるのですが、慣れてくるまでの期間は可動粘膜に触れることで、痛みや違和感を感じることがあります。

インプラント矯正の流れ

インプラント矯正の治療の流れについて、歯科用インプラントアンカーの埋入方法からご説明します。

STEP.1
歯科用インプラントアンカーの検討
歯科用インプラントアンカーの検討 インプラント矯正

歯を移動させたい方向から、歯科用インプラントアンカーを設置する最適な位置や本数を決定します。

インプラントアンカーにもさまざまなタイプがあり、どのインプラントアンカーが適しているのかも決めます。

STEP.2
歯科用インプラントアンカーの埋め込み
歯科用インプラントアンカーの埋め込み インプラント矯正

歯科用インプラントアンカーを埋め込む位置に局所麻酔を行います。その後、インプラントアンカーを埋入します。

インプラントアンカーの埋め込みは、位置と本数にもよりますが5〜10分程度で終わります。

STEP.3
矯正装置との接続
矯正装置との接続 インプラント矯正

歯科用インプラントアンカーは、埋め込んだだけでは作用を発揮しません。

インプラントアンカーと矯正装置をエラスティックというゴムで繋げます。このエラスティックの働きで歯が移動します。

STEP.4
歯科用インプラントアンカーの撤去

移動させたい歯が目標とする位置にまで移動したら、歯科用インプラントアンカーは必要なくなります。

矯正装置とつなげるエラスティックを取り除き、必要なくなったインプラントアンカーを撤去します。インプラントアンカーの撤去は、ほとんど痛みはありません。

メニュー名 本数・回数 価格 モニター価格
アンカースクリュー 1本 55,000円
普通の矯正治療と何が違うのですか?

矯正治療で大切なことはいくつかありますが、その一つが歯を動かすベースとなる固定源です。

通常の矯正治療では、大臼歯という奥歯を固定源として利用します。大臼歯はとても大きな歯なので他の歯と比べて動きにくいのですが、全く動かないわけではありません。

一方、インプラント矯正の歯科矯正用アンカースクリューは、大臼歯よりもとても小さいですが全く動きません。

固定源は歯を移動するための基準でもあるので、全く動かない方が理想的です。

歯科矯正用アンカースクリューは全く動かないため、固定源としては正しく理想的で矯正治療もよりスムーズに進められます。

歯科矯正用アンカースクリューは、どれくらいの期間利用するのですか?

歯科矯正用アンカースクリューは、矯正治療の間ずっと使い続けるわけではありません。矯正治療の治療期間のうち6〜8か月程度で、限られた期間だけしか使わない矯正装置です。

歯科矯正用アンカースクリューを使っている間、歯科矯正用アンカースクリューが痛くなることはありませんし、歯肉から出ている部分はほんの少しだけなので、日常生活にもほとんど影響がでません。

歯科矯正用アンカースクリューを埋め込む手術は大変ですか?

歯科矯正用アンカースクリューを埋め込む手術は、さほど大変ではありません。

麻酔下で行うため、痛みもほとんど生じずに埋め込んだ後の痛みや腫れもほとんどありません。

歯科矯正用アンカースクリューの本数や入れる場所によって違いがありますが、手術は10分前後で終わります。

手術と聞くと不安に思う方もいらっしゃいますが、簡単な処置なのでご安心ください。

普通のインプラントとどう違うのですか?

一般的にイメージされるインプラントは、チタンでできた人工歯根のことです。

この上に上部構造という人工歯をつけて噛めるようにします。

一方、インプラント矯正で使う歯科矯正用アンカースクリューは、同様にチタンで作られていますが、非常に細く短いスクリュー状の形をしたものです。細く小さいため、人工歯をつけられるような構造にはなっていませんし、矯正治療が終われば必要なくなるので撤去されます。

子どもの矯正治療でもインプラント矯正はできますか?

インプラント矯正ができるのは、成長発育が終わった方だけです。おおむね18歳以降を対象とした矯正治療です。

なぜなら、成長発育中の方は顎の骨格も大きくなっている最中なので、そこに歯科矯正用アンカースクリューを埋め込むことができないからです。

こうしたことから、2期治療に進んだ方も、一見すると大人と同じ矯正治療をしているように見えますがインプラント矯正はできません。

歯科矯正用アンカースクリューは保険診療で受けられますか?

顎変形症や唇顎口蓋裂など、厚生労働大臣が定めた疾患の治療に限り、矯正治療も保険診療の対象となります。この場合は、歯科矯正用アンカースクリューの埋め込みも保険診療で受けられます。

保険診療の対象となる疾患以外の矯正治療は自費診療です。この場合は、歯科矯正用アンカースクリューも同じですので、保険診療では受けられません。

歯科矯正用アンカースクリューを取り除くのは痛いですか?

歯科矯正用アンカースクリューは、普通のインプラントほど骨に強くついているわけではありません。このため、アンカースクリューを取り除くのはほとんど痛くないです。

局所麻酔をしなくても痛みを感じないほどです。

なお、取り除いた穴は、自然にきれいに塞がります。

アンカースクリューを埋め込んだ骨への悪影響はありますか?

アンカースクリューは、チタンで作られています。チタンは、身体との相性の良い素材として知られており、アレルギー症状を発症することもほとんどありません。

もちろん、骨とも相性が良いので、アンカースクリューを埋め込んだ部分の周囲の骨に悪影響を与えることもないのでご安心ください。

アンカースクリューが外に出た状態で、歯肉への影響や感染症のリスクはありますか?

アンカースクリュー自体が、歯肉を傷つけるようなことはありません。

しかし、アンカースクリューに食べかすが付いたままになっていたり、プラークが付いていたりするなら歯肉が腫れることもあります。

アンカースクリューは、小さいのでお手入れしにくいのですが、汚れが残ったままにならないように、丁寧にケアするように心がけてください。

インプラント矯正のページをご覧の皆様へ

このページでは、ご自分の歯を動かす歯列矯正の中でもアンカースクリューを使い、通常の歯列矯正ではできなかったことを可能にするインプラント矯正についてご確認いただけます。

インプラントといっても歯を失った方が歯を再建するような太く大きいものではなく、約5~6㎜のとても小さいネジを骨の浅いところに埋入します。抜歯や虫歯治療よりも侵襲も小さく、手術による痛みや腫れなどのダウンタイムもなく、矯正治療が終了したら痛みなく取り外すことができ傷跡も残りません。

インプラント矯正によって、通常の歯列矯正では動かせなかった位置に歯を移動したり、固定したりすることが可能となり、治療期間の短縮が可能な場合もあります。ワイヤー矯正、マウスピース矯正どちらであっても併用可能です。

南青山矯正歯科クリニックでは、ガミースマイルの改善を目的としたインプラント矯正も行っております。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 03-3475-8536
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室