審美歯科

南青山矯正歯科 > 審美歯科

審美歯科(美容歯科)とは

審美歯科とは

審美歯科とは、歯や歯茎をはじめとした口元の外見上の美しさを追求し、実現することをメインとする歯科治療の分野です。また、同時に「噛む」「話す」といった機能を正常にすることで、歯や口の健康と患者様の心のケアを増進する目的もあります。

歯や歯茎の美しさを保つためには、機能美も欠かせません。本当の意味での口元の“美”を継続していくことにより、治療後の生活の質が向上し、患者様が将来長きに渡って心身共に健康な状態であることを目指す、広い意味を持つ歯科分野といえます。

当院の審美歯科治療の基準

当院では、デンタルプロポーション、セラミック治療におけるプロビジョナルレストレーション(仮歯)を、口元の機能美という観点から非常に重要な要素として取り入れた審美歯科治療を行っております。

プロビジョナルレストレーション(仮歯)の重要性

セラミック治療では、歯を削り仮歯を被せる治療行程があります。この仮歯は一般的な呼び名ですが、審美の世界では仮歯はプロビジョナルレストレーションと呼びます。

この仮歯は、一時的に使用するものだからと適当に製作することは許されません。なぜならプロビジョナルレストレーションは、審美的形態、色、機能、処置部位の保護、咬み合わせの高さの維持など、最終的なセラミックの歯を製作する上での様々な情報を具現化して調整する、いわば最終補綴物にもっとも近い存在だからです。

患者様のお口の情報やご希望の仕上がりを模型、レントゲン、カウンセリングにて採取後、このプロビジョナルレストレーションを作製し、実際にお口に装着して一定期間、審美性や機能性を検証します。その後、必要に応じて患者様に使用感など伺いながら、可能な範囲で調整を加え最終形を決定します。

このような治療工程を行うことで、日常生活の妨げにならず、治療期間中のストレスを抑え、完成したセラミックの歯とのギャップを感じるといったこともありません。また、セラミック歯が欠ける、割れる、外れるといった機能面も確認するため、最終形のセラミックの歯で同様の不具合が出にくくなります。

プロビジョナルレストレーションは、長期的にセラミックの歯を使用していくうえで、とても重要な役割を担っています。

クラウンやブリッジ治療で使う仮歯の必要性とその材質

デンタルプロポーションという美の基準を採用

憧れの口元と自分の口元は何が違うのか…

そんなお悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか。

実は、なりたい口元があっても、自分に合うとは限りませんし、正しく機能しないかもしれません。そのため人によって美の基準は変わってくることも多々あります。さらに作り手である歯科医師や歯科技工士は専門課程が違い、各々の価値観や好みも違います。

そこで当院の審美歯科治療では、誰が見ても美しいと感じやすい黄金比などの美の基準を採用しています。これをデンタルプロポーションといいます。

このデンタルプロポーションを採用することで、歯科医師と患者様とのイメージが共有され明確化されます。そして、誰が見ても美しいという歯を手にしやすくなると考えます。

美しい口元を決定づける要素は様々です。単純に歯の形だけではありません。人種、性別、年齢といった全体の要素、お顔全体とのバランス、唇とのバランス、歯の形・大きさや長さ・角度・色・質感、歯茎とのバランスなど多くの要素から決まります。これらを患者様のご希望に沿いながら、かつ口元を黄金比に近づけながら調整してセラミック歯を作製します。

顔貌バランス

顔貌バランス

左右で見た時にできるだけ対象であることが重要です。そのため、奥歯で噛んだ際に上下の前歯の真ん中が揃っていること、特に上の前歯は鼻筋と揃っていると美しいといわれています。この基準線をミッドラインといいます。

唇とのバランス

唇とのバランス

微笑んだ時、正面から見た上の前歯の先端(切縁)のラインがスマイルラインと呼ばれますが、これが下唇のアーチと相似的に揃っていると美しいといわれています。 横顔で見たときには上唇のラインと鼻先、顎のオトガイを結んだイーライン(エステティックライン)が一直線になるように歯の傾斜も検討します。

黄金比

黄金比

前歯の美しい配列の基準であるゴールデンプロポーション(黄金比)というものがあります。これは明確に数値で認識されており、中切歯(1.618):側切歯(1):犬歯(0.618)となります。中切歯は歯の縦の長さ:横幅は1:0.8が望ましく、長さは11mm程度が自然です。

歯の形

歯の形

四角い歯、先端が丸く先太りの歯、卵型の歯、その中間など大きくわけて4種類があります。基本的にはテーパリングオボイドと呼ばれる、成人の男性にも女性にも評価の高い、優しく柔らかい、大人な印象の歯を目指します。

歯の色と質感

歯の色と質感

実は私たちが目にする歯の色は単一色ではなく、色相、明度、彩度、透明感といった要素から成り立っています。人工物でも明るく透明感があり、自然で艶感を持った白い歯を作製していきます。

歯茎とのバランス

歯茎とのバランス

笑った時に2mm以上見える歯茎はガミースマイルに見えてしまいます。逆に全く見えないと入れ歯のように見えてしまいます。また歯茎はピンク色に引き締まって、みずみずしいことも大切です。

そして、歯茎のラインは左右の犬歯を結んだガムラインが対称に弧を描くと美しいといわれています。歯と歯茎の間に隙間がないように、歯茎と歯茎の間の隙間であるブラックトライアングルがないことも美しさの条件です。

性別

性別

真四角の歯は男性らしく、丸みのある歯は女性らしくみえます。 性別によっても歯の形を調整する必要があると考えます。

年齢

年齢

小さい歯は幼く、長い歯は年を重ねてみえる傾向があります。また、黄色い歯は年を重ねて見え、白い歯は若々しく見えます。ただし、白すぎる歯は人工物のように感じられます。

審美歯科(美容歯科)治療へのこだわり

最近ではモデルや芸能人、アナウンサー、歌手、キャビンアテンダントなど、見た目が重要視される職業の方が審美歯科や美容歯科での治療を受け、手軽に美しい口元を手にするようになり、審美歯科(美容歯科)の分野が広く知られるようになりました。今では、審美歯科や美容歯科の治療は従来とは違い、芸能人だけが受ける敷居の高い歯科治療ではなく、すべての方にとって、人生の質を高めるためのひとつの手段となりました。

審美歯科(美容歯科)の治療項目

審美歯科や美容歯科と聞くとどんなことを思い描かれるでしょうか。歯を白くするためのホワイニングは、一般的に知られるようになってきました。

しかし、それだけではありません。

具体的には「ホワイトニング」のほかに、歯並びを治す歯列矯正、ガミースマイルといった、笑った時に見えすぎる歯茎を改善する「歯肉整形」や「ボトックス療法」、神経が死んでしまったり、テトラサイクリンで歯がグレーだったり縞模様などホワイトニングでは歯が白くならない方が行う「ラミネートベニア」、銀歯を白い歯にするための「セラミックインレー」や「セラミックアンレー」、虫歯を白く自分の歯に似せながら詰めなおす「ダイレクトボンディング」、加齢によって歯茎がやせ、歯が長くなってしまった方や歯周病で傷んだ歯茎に対しての「歯周病治療」、歯がないところに歯を再建する「インプラント」はすべて審美歯科(美容歯科)治療といえます。

審美歯科(美容歯科)と保険診療の違い

一般的な歯科治療とは、虫歯や歯周病など、お口の病気を治すマイナスからゼロにすることを目的とした治療です。そこからさらに審美歯科は、歯科治療の目的に加え、歯を白くする、歯並びを良くする、笑った時にみえる歯茎の見え過ぎを改善する、歯茎をピンクにするといった、歯の美しさに焦点をあて追及する、ゼロからプラスにする歯科治療を目的としています。

たとえ機能的な回復をしても、審美的満足がなければ心身ともに健康とはいえないかもしれません。当院の審美歯科治療は笑顔に自信を持てるようになることで、生活の質を高めることを一番の目的としています。

歯には食べる、喋る、歌う、楽器を演奏する(呼吸をする)、といった機能的な面、自信をもって笑う、見た目、ビジネスの場でのマナー(米国では歯並びが出世に影響)、清潔感といった審美的な面があり重要な要素です。

しかし、健康保険制度を利用した一般歯科の治療は機能的な病気を治すことが目的で、施術者側も時間的、材料的制限があるため、審美的治療を行うには限界があるといっていいでしょう。

当院の審美歯科(美容歯科)がなぜ選ばれるのか

歯1本だけを診るのではなく、美容の知識をもった女性歯科医師による顔貌全てを見たトータルバランス、そして歯の持つ絶対不可欠な機能、美しくなるための治療回数、無理のない治療費用、治療に伴う痛みのケア、万全のアフターケア、患者様の性格、ブラッシングの癖、食生活や仕事などの生活習慣までをも総合的に診て、人生における生活の質を上げること、患者様に寄り添い生涯の関係性が続けられることが、当院で提供している審美歯科(美容歯科)の強み、自信であり、選ばれる理由です。そして、これが当院の審美歯科治療という自由診療の形であり、単なる保険外診療と違うところです。

当院の審美歯科治療について

当院では、女性歯科医師による女性の感性を活かした質の高い審美歯科治療をお受けいただけます。

審美歯科治療には痛みを伴いますか?

審美歯科治療には、いろいろな種類がございます。歯や歯茎に薬剤を作用させたり、歯茎を切開したりする治療法もあります。

いずれも痛みが生じるような過程では、麻酔を効かせるなどの処置を施します。施術する際も、痛みや不快感が最小限となるよう、細心の注意を払いますので、激しい痛みを伴うことはありません。

神経のない歯でもきれいにできますか?

神経のない歯に対しては、ホワイトニングが適用されません。その代わり、歯のマニキュアと呼ばれている「ホワイトコート」であれば、神経がない歯でも白く美しくすることができます。また、「ラミネートベニア」も、神経がない歯をきれいにすることができます。歯を一層削り、セラミックで作られたつけ爪のようなシェルを貼り付ける治療法です。さらに歯を削り、そこに「セラミッククラウン」を被せるセラミック治療でも歯をきれいにすることができます。

今装着している銀歯を白い歯に交換することはできますか?

銀歯を白い歯に交換するのは、審美歯科の最もポピュラーな治療のひとつです。今現在、装着している銀歯を外し、歯の形を少し整えた上で白い歯を装着します。白い歯はセラミックで作られていますので、色や質感、光沢などが天然の歯にそっくりです。また、耐久性も高く、壊れにくいという特徴があります。当然、金属アレルギーのリスクもゼロとなります。

銀歯の見た目が気になっている方や、歯科用金属によるアレルギーに悩まされている方にはおすすめの治療法です。

銀歯交換(メタルフリー修復)についてはこちら
審美歯科治療で歯並びの乱れを治せますか?

歯列のすき間を埋めたり、ちょっとした歯並びの乱れを改善するうえでは、審美歯科治療は有用です。ダイレクトボンディングやラミネートベニアなどは、即日治療が完了するケースが多く、軽度の歯列不正を短期間で改善します。また重度の歯列不正は、セラミック矯正で改善が可能です。

さらに当院では矯正医も在籍しておりますので、マウスピース矯正やワイヤー矯正など、最適な治療法をご提案させていただきます。

摂食障害でボロボロの歯の治療方法にはどのようなものがありますか?

歯の構造は、痛みを感じる神経を守るように、歯根にはセメント質、歯の頭側には象牙質、その周りをエナメル質が覆うといった層状の構造をしています。

虫歯の原因であるストレプトコッカスミュータンス菌が出す副産物である酸によって、歯の構造物が溶けると、いわゆる虫歯といわれ、層の深いところに進んでいくと痛みを伴っていきます。また、歯を溶かす酸はミュータンス菌だけではありません。食べ物を消化する胃酸の逆流によっても歯は溶けるのです。

女性に多い摂食障害ですが、多くの方が常習的に長い年月悩まれています。やっとの思いで克服されても、負の遺産として、お口の歯がボロボロに溶けてしまっている方は少なくありません。この状態では、歯の変形が起こり、審美性の低下を招きますが、それだけではなく、痛みを伴ったり、虫歯になりやすくなったり、咬み込みが深くなったりと機能的な問題も引き起こします。

溶けてしまった歯を回復するには、歯科専用の人工物で再建するしかありません。もし摂食障害が完全に克服できていない状態でも、歯を守るために酸に強いセラミック治療をおすすめいたします。

セラミック治療では、酸に強く摩耗や破折が起こりにくい丈夫なセラミック製の素材を、溶けてしまった歯の上に被せ保護します。これにより咬み合わせや虫歯予防だけでなく、歯の色、形、並び、大きさなど、審美性も同時に改善でき、歯が溶けるのを予防します。

摂食障害は、簡単に克服できるものではなく、やめようと思っても自分ではどうにもできないこともあります。男性には理解されにくい繊細なお悩みのため、当院では女性歯科医師が歯だけでなく、心にもに寄り添えるようにカウンセリングから行っております。女性ならではのお悩みをぜひご相談下さい。

前歯の白濁を治す治療法にはどのようなものがありますか?

前歯の白濁には様々な理由があります。

虫歯や外傷によって歯のエナメル質が溶けたり、欠けたりすることで起こる白濁、生まれつきの白濁、乳歯に虫歯があったために生え変わった永久歯に形成不全が起こる白濁やこれらが混合したものです。

例えていうなら、透明のガラスに強い力をかけると、割れて曇ったすりガラス状になるようなものです。いずれにせよ、こうした白濁は、異常とまではいいませんが、非常に目立つものです。ホワイトニングでは変わらないか、もしくはもっと目立つようになることが多いです。

治療方法としては大きく分けて3種類あり、基本的には白濁の部分を取り除いて別の人工材料に置き換える治療です。

1つは白濁部分だけを削って、プラスチック製の歯科用樹脂の素材であるコンポジットレジンを埋めるダイレクトボンディングシステムです。ほとんどが1回の通院で終了し、他の治療に比べ歯を削る量が最も少なく、治療費用も抑えられます。デメリットとして、すぐに着色してしまい2年程度で変色します。樹脂は変形しやすいので、二次虫歯ができやすいこと、ホワイトニングで周囲の歯を白くすると樹脂部分は変わらず色の差がでることです。

2つ目はラミネートべニアです。セラミック素材のシェルを、歯の表面を削って接着します。歯の表面の全てを覆うため、ダイレクトボンディングに比べ、歯列に統一感がでます。歯を削りますが、歯の表面のみとなります。デメリットとしては、非常に脆く割れやすいため、欠けてしまうリスクがあります。脱離のリスクもあります。また、ダイレクトボンディングに比べ治療費用も割高です。さらに、元の歯に張り付けるため、つけ爪のように歯の表面の厚みが出やすいです。通院は2~3回必要です。

3つ目はセラミッククラウンです。セラミック素材のクラウンを歯全体に被せます。歯全体を覆うため壊れにくく、審美性が最も高く自然で、治療本数によりますが形や大きさ、歯並びも治せるといった自由度があります。デメリットとしては歯全体を削る必要がある点、通院回数が3~4回必要な点、他の治療に比べ治療費が高い傾向にあります。

歯のお悩みから審美歯科治療を探す

審美歯科治療の治療概要

治療方法 審美歯科治療
治療説明 審美歯科治療とは、歯や口元の美しさを回復または維持するための総合歯科治療です。
治療費 15,000〜593,700円(税別)
治療の副作用(リスク)
  • 神経治療をした歯は気圧の変化や時間経過により炎症がみられる可能性がある。
  • 麻酔をした部分は内出血、痛みを伴う可能性がある。
  • 歯の削合後は数週間から数か月は知覚過敏の症状や違和感が出る可能性がある。
  • 印象採得後、歯茎から微出血や違和感が数週間続く可能性がある。
  • セラミック治療後に痛みが出た場合は神経治療が必要となる可能性がある。
  • 日常生活の範囲を超える力が加わると、クラウン・インレー の欠損や脱離の可能性がある。
  • ホワイトニング治療中と治療後に一過性の知覚過敏のような痛みがでる可能性がある。
治療期間 1日〜4か月
治療回数 1回〜6回
運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室