インビザラインGo (ゴー)

インビザラインGo (ゴー)とは

インビザラインGo (ゴー)とは

インビザラインGoとは、軽度な不正歯列に向けて開発されたインビザラインの治療システムのひとつで、奥歯の咬み合わせは問題ないが、前歯などの歯並びが部分的に悪い方に適しています。

例えば、以前行った歯列矯正後の保定が失敗して、歯並びが乱れてきた方や他院に相談に行ったら抜歯をすすめられた方などはインビザラインGoがおすすめです。

インビザラインGo (ゴー)の特徴

矯正装置のデザインや歯を動かすメカニズムは、従来のインビザラインと同じですが、部分矯正に特化している点に大きな違いがあります。

部分的な矯正

部分的な矯正

インビザラインGoは、主に前歯の部分的な矯正に活用されます。例えばすきっ歯のように、わずかな歯列の乱れではあるけれど、口元の審美性に与える影響が大きいような歯列不正には、全顎矯正ではなくて、部分的な矯正であるインビザラインGoが適しています。

治療も短期間で済み、費用も抑えられ、即効性が期待できる部分的な矯正がお望みなら、インビザラインGoをおすすめします。

専用アプリで即時診断

インビザラインGoでは、歯科医師専用にiPhoneなどで使用できる専用アプリがリリースされています。

歯科医師がiPhoneで口腔内の写真を撮影し、アプリを使って画像を送信するだけでインビザラインGoの施術が可能かどうかを診断することができます。アプリを使用しての診断費用は無料で、結果は数分程度で表示されます。

短期間での矯正で低価格プラン

インビザラインGoでは、矯正期間が20ステージ(1ステージ:1週間程度)までに制限されています。そのため、治療費を抑えることができます。通常のインビザライン矯正と比較すると、半額以下の値段で歯並びを改善することが可能です。

適応症例が限られる

インビザラインGOは、前歯の部分矯正に特化したシステムとして開発され、大臼歯は動かさないため、適応症例が限られます。咬み合わせの基準は変えずに矯正治療を進めていきます。

インビザラインGo (ゴー)と従来のインビザラインフルとの違い

Goシステム インビザライン・フル
適応症例 前歯部(第一小臼歯から第一小臼歯) 歯列全体
治療の方針変更 不可 可能
治療の延長 制限あり 可能
治療期間目安 40週程度 2〜2年半程度
メニュー名 本数・回数・内容 価格(税別)
インビザラインGo (ゴー)システム 片顎 300,000円
上下顎 375,000円
検査代 50,000円
リテーナー 50,000円
毎回の診察料 5,000円

インビザラインGo (ゴー)のページをご覧の皆様へ

このページでは、前歯の部分的な歯並びが悪いことでお悩みの患者様が、審美性の高い目立ちにくく痛みの少ないマウスピース矯正装置を使用した部分矯正の治療方法についてご確認いただけます。

インビザラインGoは、インビザラインの中でも、歯列全体ではなく前歯だけを部分的にインビザラインで治療したい方におすすめしています。

世界で最も使用されているマウスピース矯正であるインビザラインが、自分の気になる前歯の部分矯正として手軽で簡単に受けられる、それがインビザラインGoです。

インビザラインGO (ゴー)の治療を担当する歯科医師

インビザラインGO (ゴー)の治療概要

治療方法 インビザラインGO (ゴー)
治療説明 インビザラインGO (ゴー) は着脱式の透明なトレー矯正「インビザライン」の一つで、比較的軽度の歯列不正に適応となります。
治療費 183,400円〜375,000円(税別)
治療の副作用(リスク)
  • 装着時間が守られない、使用方法が守られない、特殊な形状の歯が存在する場合、虫歯、歯周病、歯肉炎、歯の脱灰などが生じる、治療が長期化する可能性や事前のシミュレーションどおりの結果を発揮できない可能性があります。
  • トレー装着により、擦り傷や痛み、圧痛、発音への影響、下のもつれ、一時的な唾液の増加または口の渇きが起こる可能性があります。
  • 咬み合わせが変化することで違和感や不快感を感じることがあります。
  • 矯正期間中にアタッチメントの装着、歯を研磨や削合をすることがあります。
  • 強い歯ぎしりや食いしばりがある方は、トレーが擦り減ることがあります。
  • 最終的に咬み合わせ調整のために歯の研磨、削合を行うことがあります。
  • 治療完了後に歯の位置が移動することがあります。
治療期間 3か月〜2年
治療回数 2回〜24回
適応症例 空隙歯列、下顎前突、上顎前突、開咬、叢生などの歯列不正
ダウンタイム なし
カウンセリング当日の治療 カウンセリングまで
入院の必要性 なし
術後の制限事項 保定期間あり
不適応の症例
  • 正常な歯並びから大きく逸脱した症例
  • 骨格性の不正咬合の場合
  • 虫歯の場合(虫歯治療を優先する必要があります。)
  • 重度の歯周病の場合
  • 顎関節症の場合
  • 嘔吐反射があり印象採得ができない場合
  • 乳歯が抜けたり歯が萌出時期の幼児
運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室