市販のマウスピース矯正は効果があるの?

南青山矯正歯科 > 歯列矯正(歯科矯正) > マウスピース矯正 > 市販のマウスピース矯正は効果があるの?

矯正治療といえば、歯にブラケットを装着し、ワイヤーで歯を移動させるマルチブラケット法という方法がよく行われています。

マルチブラケット法は、歴史も長く、適応症例も多い優れた治療法ですが、矯正期間中の審美的な問題やブラッシングや食事などの日常生活への影響が大きい点がデメリットとして挙げられます。

それに対し、近年マウスピースを使った新しい矯正治療法が開発されました。

こちらは、ブラケットもワイヤーも使わないので、審美性もよく、食事や歯磨きのときには取り外せる利点もあります。利点の多いマウスピース矯正ですが、市販のマウスピースでも矯正できるのでしょうか。

今回は、市販のマウスピースに矯正の効果があるのかについてご説明します。

市販のマウスピースとは

誰でも購入できる市販のマウスピースには、以下のような目的で販売されているものがあります。

咬合に伴う習癖の是正

咬合に伴う習癖としては、歯ぎしりやくいしばりのほか、歯牙接触癖(TCH)が挙げられます。

市販のマウスピースを装着すると、上下顎の歯列の接触を防止できます。そのため、これらの咬合に伴う習癖の改善効果が見込めます。

いびきの緩和

いびきの緩和目的で発売されているマウスピースもあります。

いびきの原因の一つである舌根沈下を防止するために、舌の位置を前方に固定するような構造のものや、口呼吸を防ぐために睡眠中に閉口位に下顎を誘導する構造のものなどがあります。

市販のマウスピースの購入方法

市販のマウスピースは、ドラッグストアでも販売されていますし、Amazonや楽天市場などのインターネット通販サイトでも購入可能です。

ドラッグストアで購入する場合は、薬剤師と相談しながら選ぶことができるので安心です。

市販のマウスピースの使い方

市販のマウスピースは、形の調節が可能なタイプと、そうでないタイプに分けられます。

形の調節ができないマウスピース

そのままはめるだけのマウスピースの場合、形の調節はできませんので、使い方は箱から出したら歯列に装着するだけなので至って簡単です。

形の調節ができるマウスピース

歯列に合わせて調節できるタイプのマウスピースでは、まずマウスピースをお湯に浸して軟化させます。

十分軟らかくなったら、歯列に装着して歯に押し当てます。

歯列全体に沿って押し当て、ご自身の歯列に合うように成形して使います。

前述のはめるだけのマウスピースと比べると手軽さに劣りますが、フィット感はこちらの方が良いので、使用中のズレが生じにくい利点があります。

歯科医院のマウスピース矯正との違い

歯科医院で受けられるマウスピース矯正には、どのような利点があるのでしょうか。

術前検査が受けられる

歯科医院でマウスピース矯正を受ける場合は、まず検査を行います。

検査には、レントゲン写真撮影、歯列の印象採得と歯列模型の作製、う蝕(虫歯)や歯周病の診断などが含まれます。

矯正治療は、う蝕や歯周病がない前提で行う処置です。う蝕や歯周病がある場合は、矯正治療に先行し、う蝕や歯周病の処置を受けなくてはなりません。

歯科医院でマウスピース矯正を受けると、術前にきちんとう蝕や歯周病の治療が受けられる利点があります。

治療計画が立てられる

歯科医院でマウスピース矯正を行う場合は、術前に歯をどのように移動させて、どのような歯列形態にするのかをシミュレーションして検討します。

歯列と顎骨のバランスが取れていないと歯を収めるスペースが足りなくなりますが、このような時は、術前に便宜抜歯をして排列スペースを確保します。また、埋伏歯は挺出させたり、咬合平面より出ている歯は圧下させたりしますが、これも術前の治療計画に基づいて行われます。

このように適切な治療計画に基づいて矯正治療を受けられるのも、歯科医院でマウスピース矯正を受けるメリットの一つです。

オーダーメイドのマウスピースを作製する

歯科医院でマウスピース矯正を受ける場合は、印象採得して歯列に適合したマウスピースをオーダーメイドで作製します。

歯とぴったりと適合しますので、矯正力の発揮が期待できることはもちろん、隙間が少ないために食べ物が入りこみにくいです。

食べ物が入り込むとう蝕や歯周病のリスクが高まります。

う蝕や歯周病のリスクも軽減できるのも歯科医院でマウスピース矯正を受ける利点のひとつです。

アタッチメントが使える

マウスピース矯正はかなり優れた矯正治療法ですが、歯牙の挺出や圧下に関しては、マウスピース矯正だけで行うのは荷が重いのが実情です。

こうした処置は、歯牙にアタッチメントを装着し、そのアタッチメントを利用して行います。

歯科医院でマウスピース矯正を受けると、必要に応じてアタッチメントを装着してもらえる利点があります。

矯正中のトラブルにもすぐに対応できる

歯科医院でマウスピース矯正を受けると、治療中の痛みにもすぐに対応してもらえますし、う蝕や歯周病が発症したとしても、早期に対応してもらえます。

マウスピースの破損などのトラブルへの対応も早いです。

これらも、歯科医院でのマウスピース矯正の利点と言えるでしょう。

市販のマウスピース矯正は効果があるの?

では、市販のマウスピースを使って、歯並びを整えることはできるのでしょうか。

結論、市販のマウスピースでは、残念ながら矯正の効果は得られません。

市販のマウスピースに矯正効果がない理由

市販のマウスピースで矯正治療の効果が得られない理由はいくつかあります。

マウスピースの適合性が悪い

市販のマウスピースには、成形できるタイプとできないタイプがあります。

成形できないタイプは、隙間だらけで歯に全く適合しません。

成形できるタイプは、温めて歯に合うように成形しますが、それでも歯科医院で製作するマウスピースのように歯にしっかりと適合するわけではありません。やはり、歯とマウスピースの間は隙間だらけです。

マウスピース矯正では、矯正力を発揮するために、マウスピースを歯にしっかりと密着させる必要があります。ところが、市販のマウスピースでは適合性が悪いため矯正力が生まれないのです。

マウスピース自体が軟かすぎる

歯を動かすためには歯に弱い力を継続してかける必要があります。

ところが市販のマウスピースは軟らかいので、マウスピース自体が変形してしまい、歯に適切な力をかけ続けることができません。

なお、歯科医院のマウスピースは、薄いながらも硬く、矯正力を適切に発揮できるように作られています。

歯を適切に誘導できない

マウスピースで歯列を適切な位置に誘導するためには、定期的にマウスピースを最適なものに取り替えなくてはなりません。 市販のマウスピースでは最適な形にはならないので、歯を適切に誘導できません。

アタッチメントが付けられない

マウスピース矯正では歯牙を挺出させたり、圧下させたりするにはアタッチメントが欠かせません。

これらは歯科医院でしか受けられない処置ですから、市販のマウスピースを使う場合にはアタッチメントは装着できませんから、歯列不正は改善できません。

【まとめ】市販のマウスピース矯正は効果があるの?

今回は、市販のマウスピースを使ってマウスピース矯正ができるのかについてお話ししました。

残念ながら、以下の理由から市販のマウスピースで矯正はできません。

  1. マウスピースの適合性が悪い
  2. マウスピースが軟かすぎる
  3. 歯を適切に誘導できない
  4. アタッチメントが付けられない

そして、歯科医院でマウスピース矯正を受けると以下の利点があります。

  1. 術前検査が受けられる
  2. 治療計画が立てられる
  3. オーダーメイドのマウスピースを作製する
  4. アタッチメントが使える
  5. 矯正中のトラブルにもすぐに対応できる

マウスピース矯正を検討中の方は、市販のマウスピースで試みるのではなく、効果の確実な歯科医院で受けることをおすすめします。

一度、歯科医院でご相談ください。

マウスピース矯正の詳細はこちら

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室