インビザラインのアタッチメントとは?その役割も解説

南青山矯正歯科 > 歯列矯正(歯科矯正) > マウスピース矯正 > インビザライン > インビザラインのアタッチメントとは?その役割も解説

マウスピース矯正には、いくつかの種類があり、インビザラインはその一つです。インビザラインでは、補助的なパーツとして「アタッチメント」と呼ばれる突起物を歯の表面に接着します。

ここではインビザラインのアタッチメントについて、その役割などを解説します。

インビザラインのアタッチメントとは

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する矯正方法です。一人ひとりの歯に合わせて作製される装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

マウスピース矯正の詳細はこちら

インビザラインとは、マウスピース矯正の種類の一つです。インビザラインシステムは、3次元治療計画ソフトウェアを使用し、治療計画を作成します。これに基づいてアライナーをカスタムメイドで製造します。患者さんは、毎日アライナーを装着し、1〜2週間ごとに新しいアライナーに交換します。

インビザラインの詳細はこちら

インビザラインでは、アタッチメントと呼ばれる突起物を歯の表面に接着することがあります。

アタッチメントは歯科用のプラスチック製の樹脂(CR)でできており、これは虫歯治療の時にも使われている材料で、歯とほぼ同色です。治療後には歯科用の専用器具で力を加えて外したり、削ったりして除去します。きれいに除去するので、歯の表面が傷ついたりすることはありません。

アタッチメントがあることで歯に加わる力を細かく調整することができ、歯を効率よく動かすことができます。アライナーだけでは目標とする場所へ歯を動かすことが難しい場合に、補助的なパーツとして歯に装着します。

アタッチメントの役割

アタッチメントの役割

マウスピース矯正で使用するマウスピースは、従来の矯正器具と違って取り外しが簡単な反面、力が加わりにくいことが課題でした。

適切に力が加わらないと、計画通りに歯が動かなかったり、治療期間が延びたりします。アライナー自体にも保持力はありますが、アタッチメントがあると、着脱時にアライナーの窪みにはまり込むため、アライナーの保持力がさらに高まり、アタッチメントがない場合と比べると外れづらくなります。アイライナーと歯をしっかりと固定し、力を伝わりやすくします。

また、マウスピースは一度に全体に力を加えることはできますが、1つ1つの歯に個別の力を加えることが難しいです。アタッチメントを付けることで、個別の歯に力を作用させることができます。

アタッチメントは、歯根の部分まで力を加えることができ、歯を出したり、回転させたり、傾けたりするために重要な役割を果たします。アタッチメントを併用することで、マウスピース矯正の適応範囲は広がっています。

マウスピース矯正で歯が動く仕組みと適応症

アタッチメントの種類・用途

歯をどのように動かしていくかによって、アタッチメントの形状・数・設置場所を決めていきます。アタッチメントはさまざまな形状をしており、通常アタッチメントと最適アタッチメントと呼ばれる2タイプがあります。

通常アタッチメントは、ドクターの任意で設置の有無や大きさの変更が可能です。通常アタッチメントには、長方形、傾斜付き長方形、楕円形といった種類があります。

最適アタッチメントは、歯の動きに応じてソフトウェアが自動的に形や部位を判断して設置します。最適アタッチメントには、挺出用、回転用、ルートコントロール用などがあります。

症例ごとに適切に選択することは重要ですが、アタッチメントはあくまでも補助的なものです。適切なアライナーの装着、十分な装着時間などを守ることが前提になります。

回転用最適アタッチメント

歯がねじれている場合に、回転させて正しい位置に戻します。

歯の回転運動は、歯の動きの中でも予測実現性(達成率)の低い動きの一つです。このような動きはアライナーだけでは力がかかりにくいため、アタッチメントも併用することが多いです。歯の表側と裏側にアタッチメントを設置し、それぞれに歯を回転させるための力を加えます。

ルートコントロール用最適アタッチメント

歯軸の傾きを調整することに特化しています。歯と歯の間の隙間がきれいに埋まるため、正中離開などの改善に適しています。

マルチトゥース挺出用最適アタッチメント

前歯が噛み合わないオープンバイト(開口)治療の場合に用いられます。前歯にアタッチメントを設置して、挺出を行います。挺出とは、歯軸に沿って骨の中から歯を引き出すような動きをいいます。

過蓋咬合(ディープバイト)用最適アタッチメント

過蓋咬合とは、噛み合わせが深すぎて、上の歯が重なって下の歯が見えない状態です。このような場合に上下の小臼歯に設置して、臼歯を挺出させることで前歯の噛み合わせが改善します。

また、過蓋咬合の治療の際に、バイトランプという補助的な機能装置を設置する場合もあります。

バイトランプは、アタッチメントと違い歯に付けるものではなく、アライナーの上顎前歯部の裏側に突起物としてついているものです。アライナーを付けたまま咬合すると、下顎前歯がこの突起に当たるようになります。噛んでも上下顎の臼歯部が当たらなくなり、臼歯部の圧下を防いだりする効果があります。

アンカレッジ用最適アタッチメント・リトラクション用最適アタッチメント

第一小臼歯を抜歯した際に、両隣の歯が倒れてきたりせず、きれいにスペースが閉じるように設計された最適アタッチメントです。

マウスピース矯正の基本的な適応症は、非抜歯で治療可能な比較的難度の低いケースに限られるとされていましたが、アタッチメントの併用で適応範囲が広がっています。しかし、抜歯ケースが難しいことには変わりありませんので、適応症例を慎重に選択することも必要です。

アタッチメントで気になること

アタッチメントに関するよくある疑問や注意点を紹介します。

痛みは?

アライナーの着脱の際に、アタッチメントが引っかかって痛みを感じることがあります。

力ずくでアライナーを外すと、アタッチメントが取れてしまうこともあるので、注意が必要です。初めてアライナーを装着したときやアライナーを交換してすぐは、痛みを感じやすいこともありますが、2~3日すると慣れてくるので、痛みは緩和してくることがほとんどです。

また、アタッチメントが付くと、より歯に力が加わるため、アタッチメントがない場合と比べると、痛みが増す可能性は高いです。

アタッチメント自体は歯の表面につくので、舌で触ったときに違和感がありますが、普段は上からマウスピースを使用しているので口内炎ができることはありません。しかし、食事の際にマウスピースを外すので、アタッチメントが頬に引っかかるなどして口内炎ができる可能性はあります。

目立たない?

アタッチメントの色は、その人の歯の色に合わせて作製されるので、ほとんど目立ちません。治療後にはきれいに外しますので、装着した形跡は残りません。

しかし、前歯部分にアタッチメントがくる場合は、凹凸が多少目に付く場合があります。接客業のお仕事の方など、どうしても前歯などの目立つ箇所には付けたくないという場合は、歯科医師にご相談ください。

汚れは?

アタッチメントを設置すると、歯面に凹凸が生じるため、汚れが付きやすくなります。また、アタッチメントの素材はプラスチックなので、濃い色の飲食物(コーヒー、お茶、カレー、赤ワインなど)で着色することもあります。

食後はしっかりとしたブラッシングを行ってください。ブラッシングのコツなどは歯科医院で聞いておくとよいでしょう。また、着色は歯科医院でのクリーニングで除去することもできます。

アタッチメントが取れたときは?

アタッチメントは矯正治療が終了したら外すものなので、絶対に外れないものではありません。アタッチメントに力がかかったり、削れたりして取れることがあります。

アタッチメントが取れてしまっても、すぐに支障が出るというわけではありませんが、痛みの原因になったり、食事の障害になったりすることがあります。治療の状況によっては、アタッチメントが脱落した状態が長く続くと、治療期間の延長につながる場合もあります。

アタッチメントが取れて、口の痛みや装着感の悪さがある場合は、遠慮なくかかりつけの矯正歯科に連絡して、そのことを伝えましょう。

【まとめ】インビザラインのアタッチメントとは?その役割も解説

インビザラインのアタッチメントとは、歯の表面に接着する凸凹の突起物のことです。

アタッチメントを併用することで、歯に加わる力を調整し、歯を効率的に動かすことができます。アタッチメントには様々なものがあり、歯の動かし方によってアタッチメントの形状、数、設置場所を決めていきます。

アタッチメントは、インビザラインでの矯正治療をスムーズに進めていくうえで、非常に有用な装置です。インビザラインにご興味のある方は是非、歯科医師にご相談ください。

運営法人 医療法人社団 真善美会
医院名 南青山矯正歯科クリニック
理事長 白石 文
所在地 107-0062
東京都港区南青山2丁目27−22 青山安田ビル4階
TEL 0120-973-978
アクセス ・東京メトロ銀座線「外苑前駅」1a出口より徒歩2分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道駅」A4出口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」3番出口より徒歩8分
詳しいアクセス方法はこちら
診療科目 歯科・矯正歯科
主な診療内容 セラミック矯正マウスピース矯正歯肉整形セラミック治療ガミースマイル治療など
治療費について 当院の治療は全て保険外診療です。
休診日 年中無休(年末年始除く)
診療時間 平日11:00〜20:00、土日祝10:00〜19:00
歯科治療室
待合室